コラム

 公開日: 2015-08-06 

特許の保護対象はモノや製造方法の発明。実用新案の保護対象は形状や構造

特許と実用新案の基本的な違い

「特許権」と「実用新案権」は、ともに技術を保護の対象とする知的財産権ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

まず、特許は、発明を保護します。発明は、特許法では、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」とありますが、技術に関するアイデアの大部分は、特許の保護対象となるとお考えください。

対して実用新案は、考案を保護します。考案は、実用新案法に「自然法則を利用した技術的思想の創作であって、物品の形状、構造又は組合せに係るもの」とあります。つまり、実用新案は、保護対象が形のあるものに限定されます。

例えば、新たな技術によってつくられた形のあるモノ(機械、日用品など)は、特許でも実用新案でも保護対象となります。しかし、化学物質などの形の定まらないモノ(医薬品、工業材料など)、またシステムプログラムなどの無形物、さらには製造方法・使用方法などは特許でしか保護できません。

また、実用新案は、特許のように高度な技術やアイデアは求められません。
いわば特許法を補完するような形で、小さな発明や考案を保護するために策定されたのが実用新案ですので、特許は難しいかなというものでも、実用新案を検討することをお勧めします。

申請と存続期間における特許と実用新案の違い

特許と実用新案は、保護する対象に違いがあるほか、権利の申請から登録までの流れ、および権利の存続期間に大きな違いがあります。

まず特許は、出願しただけでは権利を取得することはできません。出願後に、出願審査請求という手続きが必要です。この手続きには、審査請求料が必要になります。出願審査請求をすると、特許庁の審査官による審査が行われます。審査で特許してもよいと認められれば、特許査定が通知されますので、最初に3年間分の特許料を納付すること特許権が発生します。
この特許を出願してから登録までには、おおむね3~4年は必要です。

一方、実用新案は、書式を満たしているか否か等の簡単な審査のみで、権利を得ることができます。実用新案の場合には、出願から数カ月~半年で実用新案権が発生します。

特許権は実用新案権ともに、毎年の特許料や登録料をを納付することで権利を維持することができます。
権利を維持できる期間は、特許権は出願から最大20年間で、実用新案権は出願から最大10年間となっています。

権利の行使における 特許と実用新案の違い

もしも、自身の持つ権利を侵害されるケースに遭遇した場合、それぞれどのようにその権利を行使できるのでしょうか。

特許と実用新案では、権利行使の面でも大きな違いがあります。

まず、特許権も実用新案権も、権利に基づいて、他社に発売をやめさせたり、損害賠償を請求したりすることが可能です。
しかし、実用新案権の場合は、権利行使をする前に、技術評価書というものを取得することが必要になります。技術評価書は、特許庁が実用新案権の技術を評価をした書類です。この技術評価書で、権利が有効であると判断されれば、権利行使することも可能です。一方、権利が有効でない、判断がれる場合があり、この場合には、権利行使ができませんので、注意が必要です。

このように、実用新案は、特許に比べて簡単に権利が取得できますが、権利行使などでの制約があります。権利を取得することを考えられる場合には、特許権と実用新案権のどちらにするかを慎重に検討されることをお勧めします。

この記事を書いたプロ

中井国際特許事務所 [ホームページ]

弁理士 中井博

香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL:087-874-3377

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中井博 なかいひろし

知的財産の正しい理解と、保護をサポートする専門家(1/3)

 「知的財産」という言葉を耳にしたことはありますか。これは、人が生み出した価値のある情報のことで、例えば、私たちの生活を豊かにするような新しい技術やアイデア、気持ちを豊かにする音楽や小説など、身の回りのさまざまなものが含まれます。しかしこれ...

中井博プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

機械分野の専門知識を持ち、機動性に優れたサポートに強み

会社名 : 中井国際特許事務所
住所 : 香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL : 087-874-3377

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-874-3377

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中井博(なかいひろし)

中井国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
媒体特許とその定義について

 媒体特許の概要と経緯 一般的に「媒体特許」と呼ばれるものは「ソフトウェア媒体特許」のことを指します。ソ...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許取得のプレスリリース。タイミングを間違えると出願ができない場合も

 プレスリリースを早まるべからず 特許取得は非常に大きなPR効果を生むため、少しでも早く宣伝広報にも手を打...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許の拒絶理由通知。あきらめずに専門家へ相談を

 拒絶理由通知書は審査落ちではありません 特許の出願をしたあと、審査の結果「拒絶理由通知書」が送られてき...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許侵害された時の対応

 特許侵害を受けた場合の具体的対応 前回のコラム欄で、自社特許の侵害が疑われる際の初動対応について紹介し...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許を侵害されたと感じたらまずどうするか?

 他社の特許侵害を疑ってもまずは慎重な行動を 自社が持つ特許を「侵害されているのでは?」という事例が判明...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ