コラム

 公開日: 2015-08-09 

特許を融資獲得に利用することも可能。有効活用を

特許があれば融資獲得が容易に

特許権は、自社が持つ技術やアイデアを守るだけでなく、他にも有効活用できる可能性があります。
そのなかのひとつに、金融機関からの融資獲得におけるメリットがあります。
特許などの知的財産の保有が強みとなり、資金獲得がスムーズになる可能性があります。

一般的に、特許権を始めとする知的財産権は、企業の競争力や事業の優位性につながります。実際に権利の保有が、融資の獲得に有利に働くケースもあります。

しかしながら、特許庁による調査(平成25年度「中小企業の知的財産活動に関する基本調査報告書」)によると、現状ではまだまだ知的財産権の保有が資金獲得を容易にしてくれるケースは多くないようです。

近年ではこうした現状を打破して、知的財産権が融資獲得に有利に働くような仕組みづくりが急速に進められています。

特に、特許などの知的財産権を担保にして融資を受けられる「特許担保融資」の普及が加速しています。

特許担保融資の普及にあたって

特許担保融資の普及促進にあたっては、いくつかの課題があります。
仮に特許を担保として金融機関が融資を行う場合について考えてみましょう。

金融機関は融資にあたって、その特許の正確な価値を評価しなければなりません。また企業側でも、特許の価値や将来性を論理的に説明しないといけません。
こうした知的財産の評価におけるノウハウが、金融機関にも事業者にも不足しているのが現状です。

特許庁では、特許担保融資の普及促進のため、2014年より中小企業への支援の取り組みをスタートさせています。
特許庁から中小企業に対して、知的財産権の資産評価などに関する専門家を派遣。また、融資判断のための「評価書」の作成も代行するなどの支援策を行っています。

特許担保融資を受けるためのポイント

特許を持っているからといって、それがすぐに融資に有利に働くわけではもちろんありません。担保として適格な特許であるかを判断する3つのポイントを紹介します。

まずは権利の安定性が重要です。
担保の対象となる特許が、異議申立てや無効審判請求などを受ける心配がないか、また複数の主体によって共有されている特許権の場合は、権利の行使や処分に際しての制限はないか等、が判断されます。安定性に欠ける権利であれば担保化は困難と言えます。

次に、担保の対象となる特許が実際の事業において収益、競争力の源泉となっている必要があります。いくら革新的な技術でも、収益を生まないものでは担保には不適格とされます。

最後のポイントは、その特許に将来性があるかどうかです。長期にわたって収益を生み続けることはもちろん、もし仮に事業が破綻に陥った際であっても担保処分、第三者への権利移転が可能であるということも求められるのです。

この記事を書いたプロ

中井国際特許事務所 [ホームページ]

弁理士 中井博

香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL:087-874-3377

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中井博 なかいひろし

知的財産の正しい理解と、保護をサポートする専門家(1/3)

 「知的財産」という言葉を耳にしたことはありますか。これは、人が生み出した価値のある情報のことで、例えば、私たちの生活を豊かにするような新しい技術やアイデア、気持ちを豊かにする音楽や小説など、身の回りのさまざまなものが含まれます。しかしこれ...

中井博プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

機械分野の専門知識を持ち、機動性に優れたサポートに強み

会社名 : 中井国際特許事務所
住所 : 香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL : 087-874-3377

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-874-3377

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中井博(なかいひろし)

中井国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
媒体特許とその定義について

 媒体特許の概要と経緯 一般的に「媒体特許」と呼ばれるものは「ソフトウェア媒体特許」のことを指します。ソ...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許取得のプレスリリース。タイミングを間違えると出願ができない場合も

 プレスリリースを早まるべからず 特許取得は非常に大きなPR効果を生むため、少しでも早く宣伝広報にも手を打...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許の拒絶理由通知。あきらめずに専門家へ相談を

 拒絶理由通知書は審査落ちではありません 特許の出願をしたあと、審査の結果「拒絶理由通知書」が送られてき...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許侵害された時の対応

 特許侵害を受けた場合の具体的対応 前回のコラム欄で、自社特許の侵害が疑われる際の初動対応について紹介し...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許を侵害されたと感じたらまずどうするか?

 他社の特許侵害を疑ってもまずは慎重な行動を 自社が持つ特許を「侵害されているのでは?」という事例が判明...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ