コラム

 公開日: 2015-08-17 

特許・実用新案取得の流れと活用まで

入念な準備が必要な特許・実用新案取得

今回のコラムでは、特許権及び実用新案権の取得の流れから活用に至るまでの流れを紹介します。特に、知的財産を戦略的に経営に活かしていくためには初期の段階から、将来を見据えて意識的に取り組んでいく必要があります。

まずは、技術開発・企画考案においては、自社の技術やノウハウをベースに、そこに社会的ニーズや技術動向なども踏まえて取り組む必要があります。他社へのライセンス提供の可能性まで踏まえると、競合他社が求めるような技術であればよりメリットが大きくなります。

この時、同時に重要なプロセスが「先行技術調査」です。すでに同じような技術が権利を取得していないか等、入念に調査を行わなければなりません。インターネットで公開されている開放特許情報データベースなどが活用できます。実用新案権の場合も同様にデータベースが活用できます。

出願から取得まで

新しい技術・アイデアが形になったら、できるだけ早く出願するべきです。なぜなら特許・実用新案では、「先願主義」を採用しているからです。「先願主義」では、最初に出願した人にその権利取得の絶対的な優先権が与えられます。出願のための書類作成には手間と時間がかかるので、専門家への相談も先手を打って進めておくようにしたいところです。

また出願を行えば、(特許の場合)すぐに審査に進むわけではなく「出願審査請求」の手続を行う必要があります。「出願審査請求」を行うことで、初めて審査「実体審査」に進みます。なお、「出願審査請求」は出願から3年以内に行う必要があります。
特許の存続期間20年ですが、出願時点から存続期間20年のタイムリミットは進み始めます。権利期間を長くするには、できるだけ早く審査に進めるようにすることをお勧めします。審査には、最近は早くなりましたが、まだ数年(2〜3年)はかかるとお考えください。なお、実用新案権は、書類の書式をチェックする「方式審査」と「基礎的事項」の審査のみですので、出願から数カ月で権利を得ることができます。

なお、「方式審査」により書類不備や、「基礎的事項」の違反が見つかった場合、また、「実体審査」で特許性を否定する拒絶理由が通知された場合には、書類の再作成や拒絶理由への意見書提出などのプロセスも必要となってきます。

権利取得後の活用について

特許は、出願をすれば製品パンフレットなどに「特許出願中」といった表記を掲載することが可能になります。さらにはライセンス契約を、出願中(未登録)の特許について契約を行うケースもあります。特許の取得前であっても、このように権利を活かしていくことが可能ですので見逃さないようにしましょう。

出願した内容が登録され特許権が取得できると、権利の行使が可能になります。社内広報などによる社員教育、知的財産の活用に精通した人材の確保なども先手を打って進めておくことも、知的財産権をより有効に活用していくためには必要となってくるでしょう。

この記事を書いたプロ

中井国際特許事務所 [ホームページ]

弁理士 中井博

香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL:087-874-3377

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中井博 なかいひろし

知的財産の正しい理解と、保護をサポートする専門家(1/3)

 「知的財産」という言葉を耳にしたことはありますか。これは、人が生み出した価値のある情報のことで、例えば、私たちの生活を豊かにするような新しい技術やアイデア、気持ちを豊かにする音楽や小説など、身の回りのさまざまなものが含まれます。しかしこれ...

中井博プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

機械分野の専門知識を持ち、機動性に優れたサポートに強み

会社名 : 中井国際特許事務所
住所 : 香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL : 087-874-3377

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-874-3377

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中井博(なかいひろし)

中井国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
媒体特許とその定義について

 媒体特許の概要と経緯 一般的に「媒体特許」と呼ばれるものは「ソフトウェア媒体特許」のことを指します。ソ...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許取得のプレスリリース。タイミングを間違えると出願ができない場合も

 プレスリリースを早まるべからず 特許取得は非常に大きなPR効果を生むため、少しでも早く宣伝広報にも手を打...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許の拒絶理由通知。あきらめずに専門家へ相談を

 拒絶理由通知書は審査落ちではありません 特許の出願をしたあと、審査の結果「拒絶理由通知書」が送られてき...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許侵害された時の対応

 特許侵害を受けた場合の具体的対応 前回のコラム欄で、自社特許の侵害が疑われる際の初動対応について紹介し...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許を侵害されたと感じたらまずどうするか?

 他社の特許侵害を疑ってもまずは慎重な行動を 自社が持つ特許を「侵害されているのでは?」という事例が判明...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ