コラム

 公開日: 2015-08-21 

ビジネスモデル自体は特許とならないが情報技術との組み合わせで取得する

ビジネスモデル特許とは

ビジネスモデル特許という言葉を、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。字面だけを見ると「ビジネスモデル」つまり「事業者が収益を上げるためのビジネスの手法・仕組み」で特許が取得できると思ってしまいます。

ですが実際には、ビジネスモデル自体では特許要件を満たさないため特許は取得できません。特許法に定められる「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」という要件の「自然法則を利用した」という部分に、人為的に考案されたものであるビジネスモデルでは該当しないのです。

いわゆるビジネスモデル特許とは、ビジネスモデルのうち「コンピューターシステム及びインターネットを使用して構築されたビジネス手法」に対して取得が許されている特許のことを指します。

IT技術という「自然法則を利用した」テクノロジーによる「技術的思想の創作」を特許として取得することで、そのシステム上に構築されたビジネスモデルも同時に保護されるという考え方で成り立っています。

なお特許庁などでは「ビジネス関連発明」と呼称されています。

ビジネスモデル特許のこれまでの経緯

日本では2000年頃に、IT技術の急速な普及に伴ってビジネスモデル特許ブームと言える時期がありました。2000年には前年比約5倍の20,000件程の出願がありました。近年の出願数は、おおよそ5,000〜6,000件程度で推移しています(参照:特許庁「ビジネス関連発明の最近の動向について 2013.11.29」/下記記載のデータも同資料より)。

そして、出願された特許のうち実際に権利取得となった割合を「特許査定率」と言います。ビジネスモデル特許における特許査定率を見てみると、2000年代前半〜中盤までは約8%と非常に低い数値でした(この時期の特許出願全体の平均特許査定率は約50%)。

つまりほとんどの出願が審査に落ちていました。この頃は言葉だけが独り歩きして、IT技術を伴わない単なるビジネスモデル単体での出願も多かったようですが、一般的に「ビジネスモデル特許は取得しづらい」というイメージも広く浸透してしまいました。

ビジネスモデル特許の取得率は上昇傾向

2000年代には低い特許査定率が続いていたビジネスモデル特許ですが、2012年には50%を突破するようになりました。特許出願全体の平均値(約67%)にも迫るような割合で、特許取得に至っている状況です。

これはIT技術をベースとしたビジネスモデルという要件の啓発が進んだこと、またIT技術に精通した特許事務所・弁理士も増加しており、適切な対応が行いやすくなったことが理由として考えられます。

ビジネスモデル特許はハードルが高いとのイメージを持っている方も、ぜひ一度ビジネスモデル特許の可能性を探ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

中井国際特許事務所 [ホームページ]

弁理士 中井博

香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL:087-874-3377

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中井博 なかいひろし

知的財産の正しい理解と、保護をサポートする専門家(1/3)

 「知的財産」という言葉を耳にしたことはありますか。これは、人が生み出した価値のある情報のことで、例えば、私たちの生活を豊かにするような新しい技術やアイデア、気持ちを豊かにする音楽や小説など、身の回りのさまざまなものが含まれます。しかしこれ...

中井博プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

機械分野の専門知識を持ち、機動性に優れたサポートに強み

会社名 : 中井国際特許事務所
住所 : 香川県高松市国分寺町新名440-21 松岡ビル3F [地図]
TEL : 087-874-3377

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-874-3377

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中井博(なかいひろし)

中井国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
媒体特許とその定義について

 媒体特許の概要と経緯 一般的に「媒体特許」と呼ばれるものは「ソフトウェア媒体特許」のことを指します。ソ...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許取得のプレスリリース。タイミングを間違えると出願ができない場合も

 プレスリリースを早まるべからず 特許取得は非常に大きなPR効果を生むため、少しでも早く宣伝広報にも手を打...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許の拒絶理由通知。あきらめずに専門家へ相談を

 拒絶理由通知書は審査落ちではありません 特許の出願をしたあと、審査の結果「拒絶理由通知書」が送られてき...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許侵害された時の対応

 特許侵害を受けた場合の具体的対応 前回のコラム欄で、自社特許の侵害が疑われる際の初動対応について紹介し...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

特許を侵害されたと感じたらまずどうするか?

 他社の特許侵害を疑ってもまずは慎重な行動を 自社が持つ特許を「侵害されているのでは?」という事例が判明...

[ 弁理士のいつでも特許相談@高松 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ