コラム

 公開日: 2015-06-12 

住み替え場合に住宅ローンを組む方法

住み替える場合、住宅ローンはどうなるのでしょう

子どもの教育や親の介護などのために、住み替えの必要が出た時、住宅ローンはどうすればいいでしょう。考えられるのは、いまの住まいを売った代金でローンの残りを払ってしまうことですね。ローンの残りを払っても手元にお金が残る場合、それを頭金に新しいローンを組むことができます。
しかし、売却代金ではローンを完済できない場合は? この場合は、残ったローンと新しい住まいの購入費を含めて組むことができる住宅ローンを検討することになります。

売却資金での返済方法を考えましょう

現在住んでいる住まい売却して、新たに住まいを購入する、その買い替えの際、また、新しい生活をそこでスタートさせるわけですから「住み替え」という言い方にもなりますが、その際大切になるのが、いまの住まいの価値です。簡単に言えば、いくらで売れるか、ということですが、住み替えを考えたなら早い段階で仲介業者に「査定」を依頼しましょう。

住まいの価値は一定ではありません。売却額よりローン残高が大きい「担保割れ」をおこしていたら、住まいを売っただけではローンを完済できなくなります。

また、住み替えを検討する人の多くは、30代後半、40代前半と思われますが、その場合、住み替え後のローンの返済期間も考えておきたいですね。
ゆとりのある老後のためには、新しい住まいのローンも、遅くとも65歳あたりまでに返済終了となるよう計画したいものです。

売却資金で返済できない場合には

いまの住まいを売却した代金で住宅ローンを完済できない場合に検討したいのが、残ったローンと新しい住まいの購入費を含めて組むことができる「住み替え(買い替え)住宅ローン」です。
たとえば、現在の住まいの売却価格が2000万円、ローン残高が2500万円とすると、売却代金2000万円をローンの返済に充てても、500万円のローンが残ります。

「住み替え(買い替え)住宅ローン」では、たとえば、新しい住まいの購入費2500万円の場合、ローン残高500万円+新規購入費2500万円、合計3000万円のローンを組むことが可能になります。住まいを売却してもローンの残額を返済しきれない場合、その分をカバーしながら、新しい住まいへの住み替え(買い替え)をサポートしてくれるわけです。

しかし、注意したいことは、上の例では、ローンの残高がこれまでより500万円増えることになります。さて、その返済が可能かどうか。一般に「住み替え(買い替え)住宅ローン」を組む場合、これまでのローン残高より少ないのが理想ですが、今後の年収等を考慮して検討する必要があります。

この記事を書いたプロ

三木ファイナンシャルプランナー事務所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 三木孝一

香川県丸亀市綾歌町岡田東592-3 [地図]
TEL:090-5717-5617

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
三木孝一 みきこういち

総合的な資産計画で、夢を実現へと導く生活設計アドバイザー(1/3)

 人にはそれぞれ、人生の目標というものがあります。しかし、それを実現させるための具体的な計画や方法は、ぼんやりとしたままだという人も少なくありません。目標を実現させるためにも避けて通ることのできないのが、金銭的な問題です。そこにスポットを当...

三木孝一プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

税理士事務所で培った経験を生かした、多角的提案に強み

会社名 : 三木ファイナンシャルプランナー事務所
住所 : 香川県丸亀市綾歌町岡田東592-3 [地図]
TEL : 090-5717-5617

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5717-5617

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三木孝一(みきこういち)

三木ファイナンシャルプランナー事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
黒字になればできる保険を利用した節税対策

 黒字の時の節税対策 業績がよく「儲かった!」。経営者にとって嬉しいことですが、税金を考えると喜んでばか...

経営者が知らない法人保険活用の節税対策

 法人保険の活用 中小企業の経営者を悩ますものに税金がありあます。決算が近づくと税金対策に頭をいため...

赤字のときに経営者が行う保険を活用した決算対策

 決算時期に保険の解約金を利用する 「赤字」-この言葉を見たり聞いたりするだけで嫌になる。そんな経営者...

生命保険の節税効果

 生命保険を使った節税のしくみ 生命保険を使った節税の基本的なしくみは次のとおりです。会社が契約者・...

経営者が加入する逓増定期保険を活用しての相続税対策

 相続税対策はできていますか オーナー企業の多い中小企業の場合、「オーナー死去」ということになれば、会社...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ