コラム

 公開日: 2016-02-05  最終更新日: 2016-02-08

マイナンバー法について(その1)

 今回は、マイナンバー法(正式名称 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律。別名「番号法」)について、ご説明したいと思います。
1 厳しい内容
 この法律は個人情報保護法の特別法ですが、個人情報保護法より、その内容は非常に厳しいものとなっております。というのが、例えば、自社の従業員を100%子会社へ転籍させることとなった場合、従業員の同意を得て当該従業員のマイナンバー(個人番号)を当該子会社に教えるような、一見普通の行為も、マイナンバー法に反することとなります。すなわち、同法では本人の同意があっても法律が定める場合以外は第三者提供は認められませんので、違法となるのです。
 そして、故意による漏えいとして違反をした個人には4年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はその併科となり、その個人が所属する法人に対しては200万円以下の罰金が科されるのです。
2 マイナンバー制度とは
 マイナンバー制度とは、マイナンバー法に基づき、日本に住む個人に個人番号を付けて、税や社会保障の手続に活用する制度のことです。例えば、民間企業は従業員への給与の支払や弁護士、司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、測量士、建築士、不動産鑑定士その他の専門家にその業務に関する支払をする際、源泉徴収をしますが、2016年1月からは支払対象者から個人番号を取得することとなります。(つづく)

この記事を書いたプロ

弁護士法人のぞみ総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 兼光弘幸

香川県高松市磨屋町6番地5 のぞみビル2~6階 [地図]
TEL:087-811-0177

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
兼光弘幸 かねみつひろゆき

弁護士探しは医者探しと同じです。(1/3)

 高松市中心部に自社ビルを構える弁護士の兼光弘幸さん。事務所の本棚には民事訴訟や交通事故、労働基準法、相続、離婚、賃貸借、事業再生、不動産取引など、これまで学び、経験してきた事例やそれに関連する判例が全て項目別にファイリングされており、兼光...

兼光弘幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

交通事故、遺産分割、医療過誤などあらゆる分野で的確な対応

会社名 : 弁護士法人のぞみ総合法律事務所
住所 : 香川県高松市磨屋町6番地5 のぞみビル2~6階 [地図]
TEL : 087-811-0177

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-811-0177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

兼光弘幸(かねみつひろゆき)

弁護士法人のぞみ総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイナンバー法について(その3)

1 安全管理措置 前回、ご説明したとおり、事業者は個人番号の漏えい、滅失等を防ぐために安全管理措置を講じ...

[ マイナンバー法 ]

マイナンバー法について(その2)

1 通知カードと個人番号カード 2015年10月5日に送付された個人番号の通知カード(紙製)には、基本4...

[ マイナンバー法 ]

遺言書の書き方(その1)

 今回は、遺言書の書き方についてご説明しようと思います。 まず、どのような方が、遺言書を作成する必要があ...

[ 相続 ]

相続について(その4:遺留分)

 遺留分は、相続争いには頻出のワードです。そこで、今回は遺留分のことについて、ご説明申し上げます。1 遺...

[ 相続 ]

相続について(その3:特別受益及び寄与分)

1 特別受益 遺言書がないと必ず、法定相続分通りに相続する権利があるのかというとそうではありません。例え...

[ 相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ