コラム

 公開日: 2017-11-13 

第34回 読売書法展



丸亀 四宮石材の四ノ宮です。

先日、第34回 読売書法展(四国展)をサンメッセ香川へ見に行ってきました。
毎日書道展、産経国際書展と並ぶ全国規模の公募展ですが、私の所属する青澄の皆様も数多く展示されています。

今回、私は2尺×6尺(縦60㎝×横180㎝位)サイズで、西行の歌を書かせて頂きました。




「面影に 君が姿を みつるより にはかに 月の曇りぬるかな」

中央部のかっぴつ部分。。。
墨量が足らないのではないか。。。
などなど。。。
今回も自分の作品の前で、反省しきりでした。

よく、かなの作品は読めないと言われますが、かなの作品には現代の漢字やひらがなには使用しない文字が使われます。
例えば今回の作品でしたら、文頭の「おもかげに」の部分は「お毛可遣二」と書いています。

これは変体仮名と呼ばれるものでして、かな作品には多く使われます。
確かに、正直慣れないと難しいかもしれませんが、この変体仮名を使うことによって、ひらがなだけで書くより変化が出て、作品っぽくなります。

また、調和体と言う部門もあり、これはいわゆる読める書です。

ただ、漢字作品にしてもかな作品にしても、読める読めないより、立体感や構成などを楽しんでいただければと思います。 
私の作品以外で。。。

この記事を書いたプロ

有限会社 四宮石材工業 [ホームページ]

墓石職人 四ノ宮直樹

香川県丸亀市城西町2-8-16 [地図]
TEL:0120-39-4114

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
四宮石材工業の四ノ宮直樹さん

お客様と誠実に向き合い、真心こめた墓石を建立(1/3)

 “動く石の仁王さん”のCMで知られる「四宮石材工業」は、明治元年創業の老舗石材店。初代は大正7年の明治神宮造営に際して、四国で唯一の職人として尽力するなど、古い歴史と技術を有しています。今年で150年、これまで表札から石の造形まで幅広いニ...

四ノ宮直樹プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

女性のお墓コーディネーターによるきめ細やかな接客

会社名 : 有限会社 四宮石材工業
住所 : 香川県丸亀市城西町2-8-16 [地図]
TEL : 0120-39-4114

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-39-4114

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

四ノ宮直樹(しのみやなおき)

有限会社 四宮石材工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
四宮石材限定「にっかり青江」グッズ
イメージ

この度、造形作家・金正人氏とのコラボレーショングッズとして、にっかり青江の「茎(なかご)」(FRP製実...

[ お知らせ ]

佐賀県産天山石「紺碧」
イメージ

天山石のトップブランド「紺碧」。いよいよ販売がスタート致します。 佐賀県産天山石は、吸水...

[ お知らせ ]

お墓の文字
イメージ

丸亀 四宮石材の四ノ宮です。お習字を習っていると、石屋さんは「お墓の文字もご自身で書かれるんです...

[ ブログ ]

筆の寿命と筆供養
イメージ

こんにちは。丸亀四宮石材の四ノ宮です。 先日、丸亀市の山北八幡神社にて大西きくゑ先生主催の筆供養が行わ...

[ ブログ ]

第12回丸亀ジャズストリート
イメージ

丸亀ジャズストリートのご案内です♪チケットのお問合せはパンフレットにて掲載致しております。

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ