コラム一覧

1件~15件(420件)

過去の15件

夏に多発する脳梗塞対策

イメージ

 《盛夏に向けての養生》 《盛夏は『発汗過多』のシーズン》※最近、亡くなられた歌手の方は若くして脳梗塞発症、その原因には喫煙習慣があります。喫煙は血液がドロドロになる一因です。そしてもう一つの注意すべきことは「水分補給なしでのサウナ」、これも血液がドロド... 続きを読む

専守防衛=未病先防

2018-05-24

チャイナビュー234号

イメージ

 《中国をより深く知る》 ※中国探訪=国際都市・長安の盛衰※玄宗と楊貴妃の時代詳しく載っています。 《舞を舞う楊貴妃》 ※表紙の楊貴妃とは別人のようです。※楊貴妃はライチを好み、時の権力者は、このために早馬で八日八晩かけて産地から運ばせたとか、彼女の末... 続きを読む

健康情報誌

2018-05-23

今から対策、『熱中症』

イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆先日亡くなった男性歌手、残念でしたが彼は「水を飲まずにサウナ」・「1日の喫煙量が3箱」とか。このような事は『脳梗塞』・『心筋梗塞』の要因となります。 《冷房過多も血液... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-22

今は飽食の時代=食積に要注意

イメージ

 《過食は万病の源、特に生活習慣病》 ※『食積』とは☆正常な消化能力がありながら、『食べ過ぎ』や『消化の悪いもの』を食べたために起きる消化不良※今の私達は、国内でも世界中の『ごちそう』が『好きな時に好きなものが好きなだけ食べられる』生活環境です。しかし、これって『幸... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2018-05-18

そろそろ『青梅』が旬

イメージ

 《今年も作りましょう=青梅の液体酵素漬け》 ※もうすぐ『青梅』が旬です、地産地消の青梅を液体酵素『本草』で漬けこみましょう。☆食中りの予防・夏場の胃腸壮健に役立ちます。           《梅は『三毒(食毒・水毒・血毒)』を断ち、その日の難を逃れ、医者いらず》... 続きを読む

身近な健康法

2018-05-17

頑固な『後鼻漏』対策

イメージ

 《後鼻漏にも漢方薬》 ※立っていると気にならないのに横になるとノドの奥に鼻汁が流れ落ちる『後鼻漏』、なかなか改善されない疾患の一つ。『後鼻漏』、時にはノドを刺激して『咳』が出たりしますし、この咳は『咳止め薬』が効かないことが多いようです。 《治療法は『熱』が『冷え... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-10

母の日に『健康の花束』をプレゼント!

イメージ

 平成30年5月13日(日)は『母の日』 ※五月の第二日曜日、今年は13日が『母の日』。☆毎日頑張っている、お母さんに『健康の花束』をプレゼントしましょう。 《当薬局が推奨しています『健康の花束』》 ※女性の『聖薬=当帰』という生薬が主成分の液状漢方薬が『婦宝当... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-28

早くも『熱中症』発症

イメージ

 《連休の『熱中症対策』に漢方薬》 ※発汗過多、そして冷房過多のシーズンになると毎年話題になるのが『熱中症』。☆こんな時に役立つ漢方薬の一つが『生脈散』、「麦門冬」・「五味子」・「人参」の三種類の生薬配合です。 《生脈散=日本では『麦味参顆粒』》 《... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-26

鯨飲馬食は『食積の源』!

イメージ

 《貴方の『胃』は『食積』に負けていませんか?》 ※もともと胃腸の元気な方が失敗するのは『鯨飲馬食』による『食積』!。 《鯨飲馬食=飽食、そして夜型生活、眼の酷使》 ※現代人の多くが、このような『生活習慣の乱れ』から多様な慢性疾患に悩んでいます。 《こ... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2018-04-25

クシャミ・鼻水・花粉症

イメージ

 《本格的な花粉症シーズン対策》 ※ボツボツと花粉症が目立ち始めましたが、主治医より処方された薬を飲んでいるのに昨年より効かなくなったという方が時にあります。以前は朝食後に飲んだら効いていたのに最近は効かなくなり市販薬を追加で飲む事があるそうですが、これは薬が重複します... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-24

こんな不快症状あれば糖尿病?

イメージ

 《糖尿病って痛くも痒くもないですが怖い病気》 ※香川県民は一時、人口当たりの糖尿病患者数日本一の徳島県民に(0.2人)差で二位でした。☆当薬局でも糖尿病治療の『処方せん』を持参される方が増えていますが注意しないと『飲み薬』だけではなく『インスリン注射』が必要になります。... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2018-04-20

産後の肥立ちを快適に

イメージ

 《産後の不快感を漢方薬で改善しましょう》 ※出産後の心身の不調改善にも漢方薬がお薦め。《産後の肥立ちとは》※『産後の肥立ち』とは妊娠して出産するまでの約10カ月の間に大きく変化した女性の体が妊娠する前の体に回復する事です。出産後の心身のケアーをしていないと多種多様... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-19

チャイナビュー№233入荷

イメージ

 《233号、本日入荷、お早めにどうぞ》 ※毎回、この『チャイナビュー』品切れになっています。☆興味のある方は、お早くお出で下さい(無料で差し上げています)。 《かわいいですね》 ※中国の街かどファッション☆私が行っていた頃の北京の人で、こんなファッション見たこ... 続きを読む

健康情報誌

2018-04-18

《冷え》は改善しましょう

イメージ

 《春で薄着になったら寒の戻りで『冷え』に負けそう》 ※満開の桜が散り終わって命の息吹を感じる新緑が眩しい季節なのに『寒の戻り』が寒い日が続きますと自律神経失調症気味になったりイラストのような不快感が多発しています。 《こんな時に体の芯から温めてくれる漢方薬とサプリメ... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2018-04-17

老化の原因=AGEs(終末糖化産物)

イメージ

 《老化の原因物質『AGEs(終末糖化産物)』》 ※漢方には『抗老防衰』と言う言葉が今に伝承されています。老化にあがらい、衰えを防ぐとの意味。この『抗老防衰』に役立つ方法の一つが『活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)』。※近年、富山大学大学院理工学... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-11

1件~15件(420件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

こくなってきたシミ

元々、スポーツ好きでゴルフにテニス山登りなどを楽しんでい...

T.U
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(20

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏に多発する脳梗塞対策
イメージ

 《盛夏に向けての養生》 《盛夏は『発汗過多』のシーズン》※最近、亡くなられた歌手の方...

[ 専守防衛=未病先防 ]

チャイナビュー234号
イメージ

 《中国をより深く知る》 ※中国探訪=国際都市・長安の盛衰※玄宗と楊貴妃の時代詳しく載ってい...

[ 健康情報誌 ]

今から対策、『熱中症』
イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆...

[ 漢方薬アラカルト ]

今は飽食の時代=食積に要注意
イメージ

 《過食は万病の源、特に生活習慣病》 ※『食積』とは☆正常な消化能力がありながら、『食べ過ぎ』や『消...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

そろそろ『青梅』が旬
イメージ

 《今年も作りましょう=青梅の液体酵素漬け》 ※もうすぐ『青梅』が旬です、地産地消の青梅を液体酵素『本...

[ 身近な健康法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ