コラム一覧

1件~15件(327件)

過去の15件

アンチエイジング

イメージ

 《抗老防衰のための漢方薬》 ※『加齢』は自然の摂理ですが漢方らは『抗老防衰』と言う考えがあります。『早老化』は防ぐべきです。 《エイジング(老化)の原因はAGEs(終末糖化産物)だ》  《あなたのAGEs(終末糖化産物)度は?》 ※チエックが『6個以上』ならば早く... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-09-21

今から準備『ノドが痛い』の改善

イメージ

 《曼珠沙華が咲き出すと多発する『ノドの痛み』》 ※秋の深まると多発するのが『ノドが痛い』という不快感、油断すると即『発熱』。典型的なのが『インフルエンザ』。 《インフルエンザは『ウイルス』!》 ※インフルエンザはウイルスという抗生物質が効かない生命体だから... 続きを読む

《漢方の知恵袋》

2017-09-19

シベリア霊芝=チャガ

イメージ

 《ロシアでの『シベリア霊芝=チャガ』の使用状況》 ※ノーベル文学賞作家『ソルジェニーツィン』著の『ガン病棟』の一節「マースレニコフ博士はモスクワ郊外の病院に勤めていて、その病院にくる農民にガンがほとんどないことに気付き、その理由は、お茶代わりに『チャガ』を煎じて、毎... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-16

ガンと自然の恵みエキス

イメージ

 《ガン・・・、自分で飲める自然の恵みエキス》 ※『ガン』、昭和の時代は「5人に1人」が平成になったら「2人に1人」、どんどん『ガン』は増えていき、抗がん剤の価格は天井知らず。肺ガンに効くと言う抗がん剤はナント10㎖で約36万円、年間で3.500万円とか。例の『イレッ... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-15

慢性頭痛

イメージ

 《ダラダラと鎮痛剤飲んでいませんか?》 ※『頭痛、飲んだら楽になるとダラダラと飲み続けていませんか? 鎮痛剤を』確かに西洋薬は飲んだら効くけれど・・・『効くけれど治せない薬かも』。多くの西洋薬には☆耐性・・・慣れて効かなくなる☆習慣性・飲まないと不安になるかも☆... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-09-14

RSウイルス讃岐路でも大流行

イメージ

 《RSウイルスに漢方薬と併用》 ※昨日、当薬局と『かかりつけ薬局』・『かかりつけ薬剤師』の契約をされている婆様から夜に連絡がありました。お孫さんが『RSウイルス』とかで咳と鼻水が酷くなり困っていると。熱は『37.8℃』がある。 《発熱は元気の証、自己免疫力がフル... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-13

《秋は『抜け毛』が増加する季節》

イメージ

 《秋は『乾燥の季節』、そして『抜け毛が増加する季節』》  《元気な髪は『体の中から生まれる』、補血・補腎が改善の要》 ※黒髪は女性の命、この髪は漢方では『血の余り』と考えられています。この意味は『体内に綺麗な血液がタップリ漲っていて瘀血もなく四万十川のように悠々と... 続きを読む

《漢方の知恵袋》

2017-09-12

自然の恵みエキス『隈笹』

イメージ

 《静かに増えているNASH》 ※『酒呑み』が『脂肪肝』になるのは当たり前、予防と治療には『酒呑みの(三種の神器)』がお薦め。でも『NASH』の原因は『飲酒とは無関係』、原因=簡単に言えば『栄養の摂り過ぎ』。 《隈笹エキスの脂肪肝予防作用》 ※脂肪肝の予防はNASHの発... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-11

酒呑みの三種の神器ってナニ?

イメージ

 《古の三種の神器》 ※三種の神器とは★八咫鏡(やたのかがみ)  ★草薙剣(くさなぎのつるぎ)  ★八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の総称 《酒呑みの三種の神器って・・・》 ※適度の『酒』は『百薬の長』、美味しい酒を末永く呑むための『自然の恵みエキス・三つ』、お教えしま... 続きを読む

身近な健康法

2017-09-08

なぜ増える、一日の野菜摂取量

イメージ

 《野菜の一日摂取量、昔は300gだったような・・・》 ◎『稔りの秋』◎※昭和の頃、野菜の一日摂取量は確か(300g)程度だったのに、今は(350g)とか。どうして、野菜の量が増えていくのでしょうか?それは年々、野菜の元気(栄養分)が目減りしていくからです。 《野... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-07

糖尿病と高血圧、薬に頼らずに治せた?

イメージ

 《9月5日のテレビで放映》 ※大食漢の人が多いお国柄とか、この女性はナンとパンなら『一斤』は間食。『和食で痩せる事』を目標にデブチャンを三人選んで日本へ招聘。この方、日本で健康診断したら糖尿病と高血圧とか。そして『和食』でダイエット。日本人なら糖尿病の薬とかイン... 続きを読む

身近な健康法

2017-09-06

鯨飲馬食よりもストレス過多での胃腸不調にも漢方薬

イメージ

 《こんな不快感、ありませんか?》 ※厚労省は『6種類以上の薬の服用は危険』と発表したしドクターズルールという著書では『4種類以上の薬を飲むと神の領域に行く(某薬剤師の約)』と書かれているとか。確かに『処方せん業務』をしていたら『なんでこの薬がいるの?』と思う事があります... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-09-05

夏のムリは秋に出る

イメージ

 《夏のムリってナニ?》 ※発汗過多での『干涸らび=乾燥』。※冷房過多での『冷え』と冷房の除湿作用での『干涸らび=乾燥』。※ナマモノ・冷たいモノの「飲みすぎ」と「食べ過ぎ」での『冷え』。※暑いからと風呂につからず「シャワー」だけでの『冷え』。 『夏のム... 続きを読む

専守防衛=未病先防

2017-09-04

美味しい母乳のために

イメージ

 《人間の赤ちゃんには母乳が一番、牛乳は牛の赤ちゃんのもの》 昔、山陰をドライブしていたら牛乳屋さんの運送車が走っていました、そのトラックにこのようなコピーが書かれていました。早速調べたら、自然酪農で牛さん達は「鼻輪」なしで成育させているとか。そして当然の如く『低温... 続きを読む

薬剤師が推奨しているサプリメント

2017-09-01

チャイナビュー『225号』入荷

イメージ

 《毎回、不足してますので増やしています》 ※今回の『中国探訪』はピンポン!中国は卓球王国?あまりスポーツ見ないのですが、読んでみましょう。※目次です。表紙の裏に現代の北京を闊歩する女子大生のトレンドとか。確かに私が訪中していた30年前とは別世界のようです。... 続きを読む

健康情報誌

2017-08-31

1件~15件(327件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夏の肌の乾燥改善

熟年代になってから冬よりも夏に肌の乾燥が気になるようにな...

A.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
アンチエイジング
イメージ

 《抗老防衰のための漢方薬》 ※『加齢』は自然の摂理ですが漢方らは『抗老防衰』と言う考えがあります。...

[ 漢方薬アラカルト ]

今から準備『ノドが痛い』の改善
イメージ

 《曼珠沙華が咲き出すと多発する『ノドの痛み』》 ※秋の深まると多発するのが『ノドが痛い』という不快感...

[ 《漢方の知恵袋》 ]

シベリア霊芝=チャガ
イメージ

 《ロシアでの『シベリア霊芝=チャガ』の使用状況》 ※ノーベル文学賞作家『ソルジェニーツィン』著の『...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

ガンと自然の恵みエキス
イメージ

 《ガン・・・、自分で飲める自然の恵みエキス》 ※『ガン』、昭和の時代は「5人に1人」が平成になったら...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

慢性頭痛
イメージ

 《ダラダラと鎮痛剤飲んでいませんか?》 ※『頭痛、飲んだら楽になるとダラダラと飲み続けていませんか?...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ