コラム

 公開日: 2016-07-13 

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)

《こんな不快感が気になる時には》




イラストのような不快感、実はこれが『LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)』なのです。
誰しも老いていくのは自然の摂理ですが実年齢よりも早く老化する『早老化』は防ぐべきですし防げます。
それに役立つのが薬剤師の指導で正しく服用する『男性ホルモン』+『補腎薬』です。
※『男性ホルモン剤』
 ☆外用タイプ(液体)
  これは「法王決定会議(Conclave)」ではなく正に『根比べ』ですよ。
  毎日、入浴後に男性性器や周辺に根気よく『塗り込む』作業を続けます。
  今日して明日に答えは出ませんが毎日の努力は必ず報われるはずです。
 ☆ドリンクタイプ
  これは適宜、1本飲みます。
  アルコール配合ですので下戸の方にはお薦めしていません。
  当薬局で最高齢の方は90歳過ぎた方、この方は『認知症予防』のために週に1回、薬局にこのドリンクを飲みに来ら  れています。
  私が『変形性膝関節症』で『松葉杖』を使用していた姿を見られて『先生も還暦過ぎているのだからコレ、飲んだら』とご  指導?を授かりました。
  とにかく『+指向』の大爺様です。
  最近まで高速道路を運転(高松道で私をの車を追い越した大爺様)していました。
  御孫様の提言を受けて今回、免許を返納。
  御本人曰く『先生、免許を返したらボケたと言うのが多いから、このドリンクは週2回飲むぞ』と。
  小生曰く『イヤイヤ、それよりも《動物性生薬》を飲んで下さい』と。
  何事にも『過ぎたるは及ばざるが如し』です。
 ☆錠剤タイプ
  これは男性ホルモン剤の錠剤で15歳以上は1回3錠、1日2~3回服用と定められています。
 
 ☆動物性生薬配合と言えば『至宝三鞭丸』です。


 
 至宝とは『最高の宝』、そして『三鞭』とは三つの雄の動物の性器を示します。
 男性ホルモン剤は女性は服用禁忌ですが、この『至宝三鞭丸』は歴史のある『補腎薬』ですので女性も安心して毎日、 服用できます。
 『精力アップは一日にして成らず』、『男性ホルモン』と『動物性生薬』を薬剤師の指導下で安心安全に役立てて下さい。

 詳しくは当薬局の『ホームページ』をご覧下さい。
 『お薬御予約システム』も活用できます。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

111

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
肝臓は『沈黙の臓腑』
イメージ

 《鯨飲馬食していませんか?》 ※食べ終わった後に「シマッタ、少し食べ過ぎた」と感じたら化学薬品の胃腸...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

赤ちゃんを授かる前に準備
イメージ

《受精卵から『赤ちゃん誕生まで』》※予定月経が来ない・・・!、もしかしたら『おめでたかも』、もしそうだっ...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

起死回生の妙薬
イメージ

 《40歳過ぎたら手元に『1丸』》  《牛黄清心元の『5つの作用』》 ☆心機能調整  ☆神経調...

[ 漢方薬アラカルト ]

頭脳を聡明に
イメージ

 《頭脳のオーバーヒートを改善しませんか?》 ※考えても考えても考えが思い浮かばない時ってありませんか...

[ 動物性生薬 ]

花粉症対策は今から
イメージ

 《今年の『花粉症・・』要注意》 ※年々、『花粉の飛散量』って増えていくようです。化学薬品での対策や...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ