コラム

 公開日: 2016-09-29 

白内障

《白内障》




白内障の目薬が書かれた『処方せん』が当薬局にも持ち込まれます。
薬剤師曰く『ちゃんと指示通りに使用されていますか?』
患者さん曰く『指示通りに使用しているけれど変化なし』と。
薬剤師曰く『悪くならないのであれば続けて下さい』と。
時に、患者さんから『なにか漢方薬で眼を元気にするモノないの?』と訊ねられたら一番にお薦めしてるのが『食べる目薬』として古より今に伝承されている漢方薬『杞菊地黄丸』です。

《これが食べる目薬「杞菊地黄丸」》




これが生薬末を蜂蜜で練り込んで丸剤として蝋で密閉した『蝋皮丸』タイプの『杞菊地黄丸』
一番のお薦めです。
私は界面活性剤を使用した目薬は苦手なので使用した事はありません、『目が疲れた』と感じたら目薬代わりに『杞菊地黄丸』を1丸、『冠元顆粒(活血化瘀のために)の「お湯割り」』で食べています。

《杞菊地黄丸の顆粒》


どうしても丸剤を食べられないという方のために『顆粒タイプ』があります。
でも私は『蝋皮丸』を一番にお薦めします。
そして全ての眼の疾患にも『活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)』は必要です。
瘀血の度合いによって『植物性活血化瘀剤』と『動物性活血化瘀剤』を臨機応変に使い分けます。
動物性活血化瘀剤には
『䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)』があります。
当薬局では水蛭(ヒル)エキスと蚯蚓(ミミズ)エキスを使い分けています。
詳しくは当薬局の薬剤師達にお訊きください。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

59

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これがバイオリンクのすべて
イメージ

 《薬剤師が自分や家族全員で飲んでいるクロレラエキス》 ☆『正食』の礎・・『バイオリンク粒』『人』...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

婦人の宝=聖生薬『当帰』の膠
イメージ

 《子宝を授かるための漢方薬の基本》 懐妊の基本となる漢方薬があります。①『生理期』・②『低温期』・③『...

[ 漢方薬で不妊治療 ]

『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』
イメージ

 《『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』》 粒が飲みにくい方には『紅豆杉=タキサス=白豆杉』...

[ 『紅豆杉=タキサス=白豆杉』 ]

腎虚
イメージ

 《女性の腎虚》  《男性の腎虚》 こんな時には『腎臓を元気にする』=『補腎』が必要。漢...

[ 専守防衛=未病先防 ]

ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ