コラム

 公開日: 2016-10-17 

冠元顆粒の期待できる効果

《脳の栄養剤》



お客様で後期高齢者の方。
免許の更新に行かれたら『認知症検査?』なるものを受けたとか。
この方はどうしても自動車免許は必要なのですが最近、お車に「擦り傷」が目立ちます。
シートベルトを使用する時には後ろに手が伸びにくいのでハンガーの針金を上手に利用されています。
この方曰く『もう少し頭がスッキリ・聡明になる漢方薬が欲しいと』。
当薬局曰く『それならば活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)』をしましょうと。
この方曰く『それはナニ?』と。
当薬局曰く『平素は植物性生薬配合の《冠元顆粒》を1日3回、1回1包を「お湯割り」で空腹時に飲んで』と。
この方曰く『冠元顆粒ってナニ』と。
当薬局曰く『元々は、かの毛沢東さんを心筋梗塞から救命した漢方薬《冠心Ⅱ号方》と《生脈散》のなかの《冠心Ⅱ号方》の日本版です』と。
この方曰く『今、服用している「処方せん薬」といっしょにしてえんな』と。
当薬局曰く『ハイ、当薬局で調剤している主治医さんの薬と併用できますよ』と。
この方曰く『ほんだら暫し、飲んでみようかの』と。
当薬局曰く『ハイ、平素は冠元顆粒で血管の掃除をしながら年に盆と正月には動物性生薬で血管の大掃除をしてください』と。
この方曰く『動物性生薬ってナンナ?』と。
当薬局曰く『それは「䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)」』です。
この方曰く『ナント、ホンマカイナ』と。
当薬局曰く『ハイ、漢方数千年のエビデンス(evidence)=確証がありますよ』と。
活血化瘀の基本製剤はナント言っても『冠元顆粒』です。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

92

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

県外の大学へ通う息子の健康管理

春に息子が待望の大学へ入学。意気揚々と一人で生活開始、と...

K・Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(18

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
健脳生薬ってナニ?
イメージ

 《健脳生薬って御存知ですか》 ※『健脳生薬』とは『脳の働きをよくする効果のあるという生薬』 《...

[ 動物性生薬 ]

チャイナビュー№231入荷
イメージ

 《チャイナビュー№231》 ※『中国探訪』=中国広西チワン族自治区南端の美しい海辺=『北海市と漍洲...

[ 健康情報誌 ]

漢方薬と基礎体温
イメージ

 《基礎体温を測定しましょう》 ※『不妊対策』には『基礎体温の測定』が自己管理の基本中の基本。 《...

[ 漢方薬アラカルト ]

生薬エキスで、お肌に瑞々しさを!
イメージ

 《薬剤師が推奨する生薬エキス配合の美肌エキス》 ※秋から冬は『乾燥の季節』、美肌のために『生薬エキス...

[ 《美肌のために》 ]

もしかしてLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)?
イメージ

 《こんな事ありませんか?》 ※確かに少し前まで置いていたはずなのにイザ、必要になった時に『置き場所』...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ