コラム

 公開日: 2017-07-10 

夏場に多発する疾患の一つ=痛風

《発汗過多になる夏に多発する痛風》



※痛風
日本では明治時代より以前には無かった病気とか、外国ではミイラの関節から尿酸塩が発見されています。
歴史上の著名人で痛風患者は
☆アレキサンダー大王☆ルイ14世☆レオナルドダビンチ☆ゲーテ☆ニュートン・ダーウィン・・・・。
ナント白亜紀の恐竜の化石にも痛風の兆候があったそうです。

※この痛風、98%は男性、そして罹るのは人間・爬虫類・鳥類だけとか。猫は肉・鰹節食べて過ぎても発症しません。

《年々、増加していく痛風》



※男性は4人に1人が『痛風』。
私達の食文化、和食から洋食に推移し味噌汁から牛乳、米からパンに移行して増えたと言われているのが『糖尿病』そして『痛風』。
確かにパンのGI値(グリセミックインデックス)はチョコレートと同じ。
そして尿酸値(UA)を上げる一因が『肉・アルコール度数の高い酒』。
☆酒呑みの詭弁?・・尿酸値(UA)が高くなったからビールから焼酎にしたよ。
ビールのプリン体は確かに尿酸の原料ですが尿酸値(UA)を高くするのは『肉とアルコール』です。
『酒呑みの方』で肝臓機能のAST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP値の中でアルコールに敏感に反応するのが『γ-GTP値』。
この値が高くなると同時に尿酸値(UA)も高くなっているはずです。
『休肝日』を実践できない方で尿酸値(UA)が高い方にお薦めするのは
☆田七人参
☆サメミロンカプセル
☆活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)の水蛭(ヒル)エキス

《都道府県の痛風ランキング》



※一番、痛風が少ない県が『群馬県』、そしてWorst1位は・・・、ハイこの表に出ていない四国の県ですね。
糖尿病Worst一位だったのは『徳島県』、そして飲酒量日本一だったのがもこの県。

※尿酸値(UA)が心配だけれど、どうしても酒が呑みたい方へ
☆せめて『田七人参』と『サメミロンカプセル』は『転ばぬ先の杖』として活用してみて下さい。

※尿酸値(UA)が心配だけれど、どうしても肉が食べたい方へ
☆夏は焼き肉・ビール・・・美味しいですね。
食後には『晶三仙』を「お湯割り」にして飲んでいて下さい。

※晶三仙


《鯨飲馬食のあとに晶三仙》



※『晶三仙』は中国の伝統生薬エキスです。
『脂肪の消化』・『穀物の消化』・『酒毒の解消』、この3つの働きのある三人に仙人という意味で『焦三仙』と言う方が知勇国では有名です。

※尿酸値(UA)の高いまま放置していたら行き着くのは『糖尿病』と同じ、腎臓が働かなくなり『透析』が必要となります。
※尿酸は『尿』でしか排泄できませんので、熱中症予防と同様にシッカリ水分を摂ってドンドン尿を出して下さい。
『降圧利尿剤』は高尿酸値(UA)の方には不向きですが、生薬エキスには肝臓や腎臓に負担を掛けずに排尿促進できるものがありますので当薬局の薬剤陣にお訊き下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

33

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

耳鳴りが快癒

年明けから仕事や子供の受験で忙しくしていたら突然の耳鳴り...

E.O
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(30

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
糖尿病、合併症予防に注目される『丹参』
イメージ

 《糖尿病腎症》 ※糖尿病患者さんの数は平成26年の調査で『316.6万人』。☆糖尿病に伴うた『三大...

[ 専守防衛=未病先防 ]

自律神経失調症改善にも動物性生薬
イメージ

 《自律神経失調症気味になっていませんか?》 ※こんな不快感を感じたら自律神経失調症気味かも。☆慢性...

[ 動物性生薬 ]

喘息でお困りではないですか?
イメージ

 《寒さに負けた『喘息』にも漢方薬は効く!》 ※冷たい空気に当たると☆咳が出る ☆ゼイゼシする ☆息が...

[ 漢方薬アラカルト ]

健脳生薬ってナニ?
イメージ

 《健脳生薬って御存知ですか》 ※『健脳生薬』とは『脳の働きをよくする効果のあるという生薬』 《...

[ 動物性生薬 ]

チャイナビュー№231入荷
イメージ

 《チャイナビュー№231》 ※『中国探訪』=中国広西チワン族自治区南端の美しい海辺=『北海市と漍洲...

[ 健康情報誌 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ