コラム

 公開日: 2017-09-12 

《秋は『抜け毛』が増加する季節》

《秋は『乾燥の季節』、そして『抜け毛が増加する季節』》




《元気な髪は『体の中から生まれる』、補血・補腎が改善の要》

※黒髪は女性の命、この髪は漢方では『血の余り』と考えられています。
この意味は『体内に綺麗な血液がタップリ漲っていて瘀血もなく四万十川のように悠々と流れていれば、黒髪が艶やかに維持出来る』事で、血が虚ろ=『血虚』だと艶やかな髪の気は維持出来ません。

《血虚を改善して元気な血液を漲らせてくれる漢方薬》



※血虚=貧血改善には『婦宝当帰膠』が一番のお薦め。
婦人の聖薬と呼ばれている植物性生薬『当帰』、そして動物性生薬『阿膠』が配合された『液体』の漢方薬。
服用時は『お湯割り』で温かいうちに服用します。
この時に他の漢方薬を同時に溶かして服用します。

※貧血、そして不安感が感じられる時には『東洋 加味帰脾湯』を同時に「お湯割り」で服用します。
『東洋 加味帰脾湯』は保険が適用ですので主治医に御相談下さい、『処方せん』が発行されましたら当薬局にどうぞ。


※別名『飲むカイロ』と呼ばれているのが『参茸補血丸』。
以前は大きな丸薬でしたが今は正露丸ほどの大きさの丸薬で、服用しやすくなりました。
参茸補血丸には動物性生薬『鹿茸』が配合されています。

《これが鹿茸、鹿の幼角》


《鹿茸をタップリ配合したのが『天好』》


※鹿茸には『補腎作用』もあります。
漢方では『腎臓』は命の根源、『活血化瘀』と『補腎』は健康維持・健康長寿の礎です。

《隈笹エキスでアクアポリンを増やそう》



※皮膚のアクアポリンが増加したら、こんなにいいことがある。

《隈笹エキスと発毛促進の資料》



※結論・・『隈笹エキス』は『脱毛から発毛』への移行を促進する効果が期待できる。

※隈笹エキスには『粒タイプ』と『濃縮液タイプ』があり、重篤時には『濃縮液タイプ』の「お湯割り」で『粒タイプ』を服用します。
もちろん、漢方薬との併用も安心安全です。
※詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

40

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「血栓」の再発ありません

昨年、会社の春の検診で高血圧と診断され降圧剤を飲んでいま...

S.S
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
イメージ

 《肛門科へ行く前にエンジュの実を、お試し下さい》 ※『痔』、痔と蓄膿は切っても治らない、痔の文字...

[ 漢方薬アラカルト ]

《隠れ「冷え症」にご用心》
イメージ

 《盛夏、ドンドン冷房は強くなります》 ※近年、多発する室内での『熱中症』の増加、マスコミは熱中症対策...

[ 漢方薬アラカルト ]

土用の丑=『鰻』、いえいえ『牛黄+朝鮮人参』
イメージ

 《夏バテ対策に『土用の丑=鰻?』》 ※今年の『土用の丑』は7月20日の金曜日。香川県の偉人・・奇...

[ 漢方薬アラカルト ]

肝性口臭
イメージ

 《口腔ケアーは、しているのに『口臭』が気になる》 ※ニラとかニンニクなどを食べていないのに、『口臭...

[ 専守防衛=未病先防 ]

腸を元気にすると心身も元気になれる
イメージ

 《お腹(腸管)、慢性炎症になっていませんか?》 ※快食・快眠・快便の実践は健康維持の基本中の基本、特...

[ 身近な健康法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ