コラム

 公開日: 2017-10-17  最終更新日: 2017-10-19

美容漢方で何もかも若返る

《美容にも漢方は役立ちます》




《カサカサ肌・小ジワ対策》



※『補陰(陰を補うと言う意味)をしましょう』


※ロウソク、炎が『陽』でロウが『陰』。
血液が少なくなったり体液が消耗していたら肌は干涸らびてカサカサになったりシワが増えます。
☆こんな時には『動物性生薬』で陰を補ってみませんか?

《補陰作用が期待出来る動物性生薬》



※亀
☆今月、当薬局の若い薬剤師が中国・武漢へ『薬用亀』の研修に行っていますので最新の情報を持ち帰りますので詳しい事をお訊き下さい。


※鼈=スッポン
☆日本では古より『強精剤』として有名ですが『精』、つまり生きるエネルギーを高める動物性生薬でもあります。

《マイルドに『陽』を補う動物性生薬=鹿角》



※漢方の優れたところの一つがコレ、陽をハードに補う『鹿茸(鹿角ではなく幼角)』ではなく『鹿角』を使うのが先達の人達の智恵。

《亀・鼈そして鹿角がメインのゼリータイプ》



漢方古典に掲載されている処方がサプリメントとして薬局で販売しています。
60包・・¥18.900(税込価格)

《大じわ・ほうれい線が気になる方に》



※『補腎』
漢方が最も得意とする分野。
補腎にも確かな効果を体感出来るためには『動物性生薬配合』の漢方薬を役立てて下さい。
お一人お一人に最適な漢方薬を当薬局の薬剤師陣が推奨しています。

※『補気』
字のごとく『気』を補う事です。
一番お薦めの漢方薬と言えば『麦味参顆粒』です。

《くすみ、シミが気になる方に》



※『補血』
血液が全身に栄養を運び、全身からヘドロを回収しています。
『水のナイ川では船は動かせない』、タップリと血液量を維持しましょう。

《補血に役立つ漢方薬の代表格》



※『婦宝当帰膠』
液体の漢方薬で「お湯割り」にして服用します。
貧血傾向が強い方は『心脾顆粒』を同時に「お湯割り」にして服用します。

《活血(活血化瘀)に役立つ漢方薬・自然の恵みエキス》

※やっぱり一番にお薦めするのは『動物性生薬』。


※活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)に使用する動物性生薬には䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)があります。
これは水蛭(ヒル)。
※婦宝当帰膠・心脾顆粒そして水蛭(ヒル)エキスを服用される時には服用前のお顔の写真と90日後のお顔のお写真と比べて戴くと一目瞭然だと思います。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

34

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夏バテの季節

今年は6月18日の日曜日が父の日とか。 子供のアトピー性皮膚...

G.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(25

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
チャイナビュー234号
イメージ

 《中国をより深く知る》 ※中国探訪=国際都市・長安の盛衰※玄宗と楊貴妃の時代詳しく載ってい...

[ 健康情報誌 ]

今から対策、『熱中症』
イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆...

[ 漢方薬アラカルト ]

今は飽食の時代=食積に要注意
イメージ

 《過食は万病の源、特に生活習慣病》 ※『食積』とは☆正常な消化能力がありながら、『食べ過ぎ』や『消...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

そろそろ『青梅』が旬
イメージ

 《今年も作りましょう=青梅の液体酵素漬け》 ※もうすぐ『青梅』が旬です、地産地消の青梅を液体酵素『本...

[ 身近な健康法 ]

頑固な『後鼻漏』対策
イメージ

 《後鼻漏にも漢方薬》 ※立っていると気にならないのに横になるとノドの奥に鼻汁が流れ落ちる『後鼻漏』、...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ