コラム

 公開日: 2017-11-06 

皮膚・粘膜の鎧

《風邪・インフルエンザ対策に》



※イラストの緑の部分(皮膚・粘膜)を護ってくれているのが『衛気』と呼ばれている『鎧』です。
皮膚と粘膜は表裏一体、そして陰陽五行説では『鼻・呼吸器・肺・皮膚・大腸』は同じ経絡であると説いています。
西洋医学では
☆アレルギー性鼻炎・・・呼吸器科
☆喘息・気管支炎・・・・〃
☆アトピー性皮膚炎・・・皮膚科
☆風邪・・・・・・・・・・・・・内科
☆下痢、便秘・・・・・・・・胃腸科
《漢方では、これら全ての疾患は同じ経絡の疾患として治療します》

《衛気を強くする漢方薬=玉屏風散=衛益顆粒》

☆90包1箱・・・¥8.640(税込価格)





《衛益顆粒の成分生薬》



※漢方薬は構成している生薬が少ないほど確実にシャープに効きます。
構成生薬が多いと守備範囲は広がりますが効果は鈍くなります。
『下手な鉄砲、数打ちゃ当たる』・・・、これには要注意です。
特に化学薬品を何種類も何ヶ月も漫然服用するのには要注意です。
☆玉屏風散=衛益顆粒は『黄耆』・『白求』・『防風』と言う三種類の生薬だけです。

《衛益顆粒=玉屏風散の名前の意味》




《衛気が強くなると、このような『邪』から皮膚や粘膜を護って》



※当薬局では風邪やインフルエンザが蔓延し出すと『衛益顆粒』・『板藍茶』をこれらの対策に推奨しています。

《貴方の衛気の自己チエック》



※チエックが三つ以上あれば玉屏風散=衛益顆粒、飲んでみませんか?
☆詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

《インフルエンザの予防には》






この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

声が出ました

別に風邪をひいたわけではないのに急に声が出なくなりました...

M.U
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補腎で元気いっぱい
イメージ

 《もう一つ元気が漲らない時には『補腎』》 ※漢方の世界では『肝心要』ではなく『肝腎要』と書きます。...

[ 漢方薬アラカルト ]

ウイルスから家族を守ろう!
イメージ

 《子供からお年寄りまで家族全員で飲める生薬エキス》  《当薬局で長年推奨している『板藍根エキス』...

[ 専守防衛=未病先防 ]

バイオリンクの旅路~”食べる”から”出る”まで~
イメージ

 《これがバイオリンクの基本の基本=『粒』》 ※『バイオリンク』には『粒』・『顆粒』・『液』タイプが揃...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

チャイナビュー№228
イメージ

 《チャイナビュー最新号=入荷中》 ※毎回、先着順で無料配布しています。漢方薬・中国に興味のある方、...

[ 健康情報誌 ]

頑固な肩コリ・慢性的な肩コリ
イメージ

 《肩コリを侮るべからず》 ※私達の多くは『肩コリ』に悩んでいます。これは身体に『瘀血がある証』の一...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ