コラム

 公開日: 2017-11-13  最終更新日: 2018-01-18

救急箱に常備したいもの

《救急箱の中を点検しましょう》



※ボツボツとインフルエンザや風邪が流行り出す季節です。
ご家庭の『救急箱』の中を点検しておきましょう。
☆使用期限は大丈夫?
☆風邪薬揃っていますか?
*クシャミ・鼻風邪用(白い鼻水用・黄色い鼻水用)
*鼻づまり用(温まると緩和する鼻づまり用・温まると悪化する鼻づまり用)
*発熱用
*ノドが痛い時用
*咳の時用(空咳・痰の多い咳用)
*節々が痛い時用
*熱が下がった後の倦怠感緩和用
※これらは全て『漢方薬』が適用できますので、詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。


《お年寄りから2歳未満まで服用できる風邪薬》


年末年始、家族が増えた時には他県からの細菌やウイルスも移動してきます。
風邪やインフルエンザ感染した時に、こんな漢方薬が救急箱に常備されていたら安心です。

《頂調顆粒》



※この漢方薬の歴史はスゴイ。
中国は宗の時代に編纂された『太平恵民和剤局方』に載っている方剤ですから悠久の歴史が効果を今に伝承しています。
この古典によります
☆男女を問わず風邪の不快感が頭の周囲に発生したのを癒やすと書かれています。

※この医薬品認定の漢方薬のスゴイのはナント2歳未満の赤ちゃんでも服用できる事。
※効能効果
体力にかかわらず使用でき、頭痛のあるものの次の症状
かぜ・血の道症(月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性ホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状の事です)・頭痛

《いまからの季節に常備したい漢方薬や健康サプリ》



※『涼解楽』=『天津感冒片』の顆粒タイプ、当薬局てば錠剤タイプよりも服用量を調節しやすい顆粒タイプを推奨
発熱した時、特にインフルエンザの時には強力な発汗解熱剤よりも『涼解楽』がお薦めです。


※西洋人参エキス(生薬エキス=サプリメント扱いです)
発熱時の元気の気を補いながら濁熱を清める作用があると言われている生薬です。
朝鮮人参は温性ですから発熱時には禁忌ですが西洋人参は涼性ですから、発熱時にお薦めします。


※『ノドが痛い』・『発熱』、こんな時にはコレ。
『板藍茶』+『隈笹精』+『 バイオリンク503ドリンク』
一度でも、このセットを服用した方はありがたみを体感出来たと思います。

牛黄清心元 牛黄 麝香 羚羊角

※高熱時には『牛黄清心元』を体重・症状によって1/8丸~1丸と調整して噛んで食べます。

※まだまだ緊急時に役立つ漢方薬や漢方サプリはたくさんあります。
詳しい事は当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

※インフルエンザの予防に当薬局では長年『手洗い』・『うがい』・『板藍茶()板藍根エキス』を推奨しています。
板藍茶(板藍根エキス)については他のコラムを参照して下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腰部脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

主治医の診断では(腰部脊柱管狭窄症)そして後から膝が痛くな...

I.T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(34

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
糖尿病、合併症予防に注目される『丹参』
イメージ

 《糖尿病腎症》 ※糖尿病患者さんの数は平成26年の調査で『316.6万人』。☆糖尿病に伴うた『三大...

[ 専守防衛=未病先防 ]

自律神経失調症改善にも動物性生薬
イメージ

 《自律神経失調症気味になっていませんか?》 ※こんな不快感を感じたら自律神経失調症気味かも。☆慢性...

[ 動物性生薬 ]

喘息でお困りではないですか?
イメージ

 《寒さに負けた『喘息』にも漢方薬は効く!》 ※冷たい空気に当たると☆咳が出る ☆ゼイゼシする ☆息が...

[ 漢方薬アラカルト ]

健脳生薬ってナニ?
イメージ

 《健脳生薬って御存知ですか》 ※『健脳生薬』とは『脳の働きをよくする効果のあるという生薬』 《...

[ 動物性生薬 ]

チャイナビュー№231入荷
イメージ

 《チャイナビュー№231》 ※『中国探訪』=中国広西チワン族自治区南端の美しい海辺=『北海市と漍洲...

[ 健康情報誌 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ