コラム

 公開日: 2018-05-10 

頑固な『後鼻漏』対策

《後鼻漏にも漢方薬》


後鼻漏 鼻淵丸 鼻炎
※立っていると気にならないのに横になるとノドの奥に鼻汁が流れ落ちる『後鼻漏』、なかなか改善されない疾患の一つ。
『後鼻漏』、時にはノドを刺激して『咳』が出たりしますし、この咳は『咳止め薬』が効かないことが多いようです。

《治療法は『熱』が『冷え』かによって決定します》


冷え 後鼻漏
※冷房の風に当たり冷えると悪化する『後鼻漏』には『体を温める方剤=婦宝当帰膠』の「お湯割り」で最適な漢方薬を服用します。

婦宝当帰膠
※これが液体の漢方薬=婦宝当帰膠です。
☆服用時は、必ず「お湯割り」で飲みます。

《冷えが強い時には動物性生薬=鹿茸》


飲むカイロ 参茸補血丸

参茸補血丸 鹿茸 薬用人参
※鹿茸配合=『参茸補血丸』

鹿茸 天好
※鹿茸配合=『天好』

鹿 鹿茸
※『鹿茸』とは鹿の『幼角』です。

《冷えに起因する『後鼻漏』対策の方剤》

☆苓甘姜味辛夏仁湯  ☆小青龍湯  ☆麻黄附子細辛湯
これらの選定は当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。



熱 後鼻漏
※風呂で温まったりマスクをすると悪化する『後鼻漏』には、鼻孔粘膜や呼吸器経の『湿熱』を改善する方剤がお薦め。
漢方薬は『臨機応変』、その時の状態によって最適な方剤を活用すれば長年悩んだ不感症状を緩和する事が可能。

※熱に偏った『後鼻漏』にお薦めの方剤
☆鼻淵丸  ☆辛夷清肺湯
詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

《粘膜を強くすると言う漢方薬》



衛益顆粒 黄耆
※緑の部分が生体を護る『鎧=衛気』、この『鎧=衛気』を強くする生薬を配合したのが『玉屏風散』=『衛益顆粒』

 
衛益顆粒 黄耆
※体の中を元気にする生薬が『人参』、体の外を元気にする生薬が『黄耆』、これが『黄耆』です。

衛益顆粒
※『衛気』を強くする『玉屏風散』、日本では『衛益顆粒』という名前で漢方専門薬局で薬剤師が推奨販売しています。

《ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の漫然使用はアブナイ》

※確かにステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は劇的に効くことがありますが、根治は出来ない事が多々ありますし、漫然とダラダラ使用していたら『主作用』の影に潜んでいる『副作用』に負けて、取り返しがつかない事があります。

☆ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の副作用の一例
*ステロイド(副腎皮質ホルモン)糖尿病
*ステロイド(副腎皮質ホルモン)酒叡(皮膚の発赤)
*うつ発生
*骨粗鬆症
*胃潰瘍
*過度の食欲亢進
*白内障発症
*緑内障発症

※後鼻漏治癒には漢方薬服用と共に『生活習慣』、特に『食生活』を改善する事が不可欠、そして快食・快眠・快便の実践をして下さい。
☆生活習慣改善の方法も当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腰部脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

主治医の診断では(腰部脊柱管狭窄症)そして後から膝が痛くな...

I.T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(35

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
イメージ

 《肛門科へ行く前にエンジュの実を、お試し下さい》 ※『痔』、痔と蓄膿は切っても治らない、痔の文字...

[ 漢方薬アラカルト ]

《隠れ「冷え症」にご用心》
イメージ

 《盛夏、ドンドン冷房は強くなります》 ※近年、多発する室内での『熱中症』の増加、マスコミは熱中症対策...

[ 漢方薬アラカルト ]

土用の丑=『鰻』、いえいえ『牛黄+朝鮮人参』
イメージ

 《夏バテ対策に『土用の丑=鰻?』》 ※今年の『土用の丑』は7月20日の金曜日。香川県の偉人・・奇...

[ 漢方薬アラカルト ]

肝性口臭
イメージ

 《口腔ケアーは、しているのに『口臭』が気になる》 ※ニラとかニンニクなどを食べていないのに、『口臭...

[ 専守防衛=未病先防 ]

腸を元気にすると心身も元気になれる
イメージ

 《お腹(腸管)、慢性炎症になっていませんか?》 ※快食・快眠・快便の実践は健康維持の基本中の基本、特...

[ 身近な健康法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ