コラム

 公開日: 2018-06-21 

『夏至』と『冬至』

《陽の気が極まる夏至》


二至丹 夏至 冬至 女貞子 旱蓮草
《陽の気が極まる『夏至』に収穫する生薬=『旱蓮草(カンレンソウ)』》。

《陰の気が極まる冬至》


二至丹 冬至 夏至 旱蓮草 女貞子
《陰の気が極まる『冬至』に収穫する生薬=『女貞子(ジョテイシ)』》。

※中国では300年以上昔から今に『肝腎要』の肝臓と腎臓を元気にする良薬として
『中国薬典』に記載されている方剤が日本ではサプリメントとして漢方専門薬局で販売されています。

《成分は『旱蓮草(カンレンソウ)』と『女貞子(ジョテイシ)』》

二至丹 旱蓮草 カンレンソウ
※旱蓮草(カンレンソウ)
☆効能効果・・・滋陰補腎  涼血止血
          血熱を冷やし止血する・髪の毛、髭を黒くする
          肝腎陰虚を改善する
          収斂作用、消炎作用がある


二至丹 女貞子 ジョテイシ
※女貞子(ジョテイシ)
☆効能効果・・・補益滋陰  養肝明目  
          腎を養い、腰や膝を強くする めまい、耳鳴り、髪の毛や髭が早老化で
          白くなるのを抑える
          強心利尿強壮作用 中心性網膜炎、老人性白内症の初期改善
          腎陰虚による不妊症 生理不順 ガンの放射線療法、抗がん剤療法での
          体力低下時
          
          

《旱蓮草(カンレンソウ)と女貞子(ジョテイシ)の逸話》

明代の末期、安徽の有名な医者である汪汝桂は、子供の頃からひ弱な体質で大人になっても痩せて元気がなく、病気がちでした。

しかし、とても頭が良い人で、詩や歴史などに造詣が深く、勉学に優れ、父親に大変愛されました。
その父が重病になってしまい、亡くなる直前に「良相になることより、むしろ、良医になるべき」と遺言しました。

その為、汪汝桂は、医学の研究に取り組む事になりました。
時間の経過と共に彼の医療技術は上達し、知名度も高くなりました。

ところが、勉学に打ち込み過ぎて過労になり、40歳にもならないうちに、白髪、めまい、頭のふらつき、目がかすむ、倦怠感、早老傾向などの症状がたくさん出てきました。

ある年の夏、汪汝桂は、生徒たちを連れて山に生薬を採集しに行きました。
寺に宿泊したとき、百歳を超えているのにもかかわらず「耳鳴や目のかすみもなく、髪も黒々として、早く歩ける」という老住職に出会いました。

長寿の秘訣を聞いたら、この住職は寺の庭にある女貞という樹を指しながら、「女貞の実を蜂蜜とお酒に混ぜてから、蒸して食べると良い」と答えました。

汪汝桂は様々な調査をし女貞子の効能をよく理解しました。
そして、相乗効果を狙って、もう一種類の肝腎の陰を強く補う旱蓮草を加える事にしました。

旱蓮草の汁を煮詰めて膏にして、女貞子の末を混ぜると二至丸が出来上がりました。
先ず、その二至丸を2ヶ月飲んでみたところ、大変効果があると感じました。

その後、更に半年以上飲み続けたところ、弱かった体質が丈夫になって、白髪、めまい、頭のふらつき、目がかすむ、倦怠感、早老傾向などの症状も改善し、心身共に強くなり、意欲的になったそうです。

数年後、汪汝桂は往診のため、浙江麗水に寄って、同郷の親しい仲間である汪昂の家に立ち寄りました。
汪昂は汪汝桂のつるつるの肌や、丈夫な体を見て大変驚きました。

そして、その健康の秘訣が『二至丸』だと知りました。
汪昂は金持ちで、酒色に耽る事が多く運動不足もあり、肝腎陰虚が進行し、早老傾向がありました。

汪昂は汪汝桂の体が強くなった経験に学び、早速二至丸を飲み始めました。
そして半年後、汪昂は驚くほど健康で、頑丈になりました。

一方、汪昂は漢方医学に傾注し、日頃、是非歴史に残る大仕事をしたいという野心を抱いていました。
そこで、汪昂は汪汝桂を高賃金で招聘し、医書の編纂を始めました。

汪汝桂が4年間一生懸命頑張った結果、ついに4部の医書が完成しました。
女貞子、旱蓮草各等量の処方で肝腎不足に治療効果が高いという実例は《医方集解》という本に汪昂の名で収録され、処方は二至丸と命名されたのです。

《二至丸、日本では『二至丹』》


二至丹
※これが『二至丹』です。
生薬配合のサプリメントとして漢方専門薬局で販売されています。
360粒=¥4.320(税込)

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

中性脂肪が下がった

血圧は、すみれ漢方施薬院薬局からの漢方薬で「脈圧」・「平...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(26

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
土用の丑=『鰻』、いえいえ『牛黄+朝鮮人参』
イメージ

 《夏バテ対策に『土用の丑=鰻?』》 ※今年の『土用の丑』は7月20日の金曜日。香川県の偉人・・奇...

[ 漢方薬アラカルト ]

肝性口臭
イメージ

 《口腔ケアーは、しているのに『口臭』が気になる》 ※ニラとかニンニクなどを食べていないのに、『口臭...

[ 専守防衛=未病先防 ]

腸を元気にすると心身も元気になれる
イメージ

 《お腹(腸管)、慢性炎症になっていませんか?》 ※快食・快眠・快便の実践は健康維持の基本中の基本、特...

[ 身近な健康法 ]

漢方で盛夏を乗り切りましょう
イメージ

 《漢方で『本当の元気』を手に入れましょう》  《漢方で暑さに打ち克とう!!》  《あな...

[ 専守防衛=未病先防 ]

産後の肥立ちと漢方薬
イメージ

 《産後の肥立ち》 ※昔、若い頃に漢方研修で訪れていた四川省成都、ここではお産したらその日のうちに退院...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ