コラム

 公開日: 2015-09-09  最終更新日: 2016-12-08

漢方薬を用いた男性不妊症の治療

《子宝を授かるには、お二人の協力が不可欠》




男性不妊とは何か?


女性不妊症とは異なり、男性不妊は大きく2種類に分類されます。

1つ目は、先天性の要因がある場合(遺伝的要因・発育段階で受けた影響等によるもの)、
2つ目は、後天性の要因がある場合(ストレス・喫煙・病気などの日常的な影響等によるもの)。

その中で、最も多い不妊原因とされているのが造精機能障害です。ホルモン分泌の異常により、正常に精子を作ることができない状態をいいます。

それらにかかわる男性不妊のリスク因子として考えられるのが、幼児期の病気です。睾丸炎を起こしてしまった経験があったり、がん治療を長期で受けた経験があったり。生殖に関わる病を経験したことがあって不妊で悩んでいるのであれば、泌尿器科もしくは産婦人科で検査を受けてみるといいでしょう。

男性不妊の種類について


不妊の種類を大きく分けると、「乏精子症」「精子無力症」「精子不動症」の3つに分けられます。

乏精子症は、精子は生存しているが数が少なく自然妊娠に至らない状態。精子無力症は、精子の元気がない状態。精子不動症は、精子が動いていない状態(死滅している状態)が主な不妊原因のようです。
男性の場合、精子そのものに原因があるという場合も多く、原因がはっきりとわかればすぐに治療を開始することも可能とされています。
しかし、心意的要因が不妊に繋がっている場合は、検査を受けることは必要ですが男性側の心の健康を回復させていくことが大切です。

不妊が原因でストレスを感じている場合もあるでしょうし、不妊以前の何らかが原因となっている場合も考えられます。これらの不安や悩みを取り除いていくことが、治療へ向けての準備となります。心と体のバランスを整えることは、男女に共通しているので、不妊治療を考えるカップルであれば、互いの体の健康を呼び戻すことから始めていくのも大切です。

男性の不妊治療に漢方がどのように作用するのか


漢方には、抗ストレス作用の薬草が含まれるものが多く存在し、「心の健康回復に効果的である」とされています。

ストレスが原因で起こるEDの症状で悩む方も少なくない現在、心のバランスを正常に戻すことから始め、体の健康を促進していく効果も期待できます。心身が健やかなになってくると、生活そのものも改善されていきます。そうすると、食欲もわいてきて栄養が充実し、運動機能の回復も期待できるでしょう。

生活習慣が健康的になると、血の巡りなどの循環機能が正常になり、不妊の原因が軽減していくという自然の流れを生み出すことができます。漢方を取り入れることにより、男性本来の機能回復を促す作用があると考えられています。
妊娠させる体づくりのために、漢方にできることもたくさんあります。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

103

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
かすみ目・もの忘れ
イメージ

 《エ・・『かすみ目』や『もの忘れ』と『男性ホルモン』》 ※最近、新聞の文字がハッキリ見えない、ぼやけ...

[ 専守防衛=未病先防 ]

元気読本入荷
イメージ

 《1月15号》 いろいろな健康情報が載っています。※認知症・アルツハイマー病を副作用なく予防・改...

[ 健康情報誌 ]

《2000年の歴史のある漢方薬》
イメージ

 《歴史がエビデンス(evidence)=確証を確定》 貴方は『血圧を下げすぎていませんか?』化学薬...

[ 漢方薬アラカルト ]

冷えに負けての痛みの緩和
イメージ

 《満1.360歳の漢方薬=独歩顆粒》 化学薬品では100歳超えた薬って・・・・・・・。さすがに悠...

[ 漢方薬アラカルト ]

足腰の『弱り』・『痛み』を漢方で解消
イメージ

 《独りで歩けるようになると言う漢方薬》 ※これが『独歩顆粒』・・第2類医薬品 60包税込価格=¥8...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ