コラム

 公開日: 2015-09-11  最終更新日: 2016-03-01

漢方薬と薬(化学薬品)との違いと特徴、使い分け方

漢方薬と化学薬品のいいところ


みなさんは熱が出てしまった時、病院へ行き風邪薬や解熱剤を処方してもらい、用法用量にもとづいて服用することで、数日で体調が回復したという経験はありませんか?
でも、熱は下がったけれど胃の不快感が出たり関節痛が出たりとか倦怠感が強くなったという事がありませんでしたか?
確かに化学薬品は効果が早いですが副作用に注意が必要です。
一般的に漢方薬は効果が穏やかでじんわり効いてくると思われていますが、例えは悪寒(ゾクゾクする)があって熱があるという時、発汗していなければ一服の葛根湯が効くという事例があります。但し、葛根湯は煎じるかエキス末を「お湯割り」で飲むことが必要です。
漢方薬でも急迫時でも対処できる処方がありますし、慢性疾患にも対処できる処方があります。
確かに、化学薬品はシャープに効きますが同時に副作用もシャープなことがあります。その時の病理病態に合わせて使い分けることが必要ではないでしょうか。

西洋薬と東洋薬の融合


即効性を求める症状「血圧を下げる」「細菌やウイルスを殺す」「高熱を下げる」など、緊急を要する症状がある場合など、検査結果の数値をもとに的確な薬を処方することができる西洋薬。
今すぐ痛みを取りたい時や、命の危機が生じる場合など緊急を要するときの対処法には西洋医学を取り入れます。
それ以外の、人間本来の力を生かして病気になりにくい体を作ったり、体質改善を行い健康な体を手に入れるという場合には東洋医学と東洋薬を用います。

これら両方のメリットを取り入れる方法で、今まで以上の治療効果を期待することができると考えられています。

現在、さまざまな医療現場で両方の得意分野を融合させるという治療法が取り入れられています。
必ずしも「西洋薬だ」「東洋薬だ」と決めつけることなく、今自分にとって何が必要なのかということを見つめ直すことで、自分に合う治療法を見つけることができるでしょう。
そのためには西洋薬に詳しい上に漢方薬にも詳しい薬剤師を活用して下さい。


西洋も東洋も目指していることは一緒です


一見、両者は正反対の医療のように感じる方もいると思いますが、西洋医学も東洋医学も「患者さんの症状を治療する・治す・緩和する」という根本的な考えは共通しています。

大昔には正反対の考え方として、ぶつかり合うこともあった両者ですが、患者の病状を治したいという考えは共通しています。

現在では、お互いの長所を共有しあって使い分けができる環境を作り上げています。それにより、患者さん自身の治療へ対する選択肢も広がり治療法方法などが幅広くなったため、、患者さんを一番に考える医療が日々展開されていることは間違いないと言えるでしょう。
私は若いときには「未病先治」と言っていましたが、今は「未病先防」と言っています。
西洋治療を受けながらも漢方薬は併用できます。
病に罹る先に治すのではなく、病に罹る先に病にならないように防ぐ平素の生活習慣、特に食生活の改善を漢方の知恵を利用しいて下さい。当薬局では食生活の改善もご指導しています。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

109

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腰部脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

主治医の診断では(腰部脊柱管狭窄症)そして後から膝が痛くな...

I.T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春の連休御案内
イメージ

 《春の連休の御案内》 ※申し訳ございませんが『4月29日(土曜=昭和の日)』~『5月7日(日曜)』まで当薬...

[ 薬局の『休み日』のお知らせ ]

心のビタミン?
イメージ

 《疲れた心を癒やす生薬エキス》 肝臓や腎臓の元気度は血液検査で判明しますが『心』の元気度は検査する方法...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

フレイル対策にも漢方薬と自然の恵みエキス
イメージ

 《フレイルとは?》 ※フレイルとは『老年性症候群』のことです。 《自己チェック》 ☆3点以上で...

[ 専守防衛=未病先防 ]

耳鳴り・聴力低下・めまい
イメージ

 《西洋医学が苦手な耳の不快感》 ※春から初夏にかけて悪化しやすいのが『耳鳴り』。この不快感は御本人...

[ 漢方薬アラカルト ]

大丈夫ですか?、いびき・無呼吸
イメージ

 《自覚症状が少ないですが・・・》 ※この『いびき』・『無呼吸』って、御本人様は気付いていないこと...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ