コラム

 公開日: 2015-09-12  最終更新日: 2016-03-01

選ぶならどっち?保険適用と保険適用外の漢方薬の違い

何が違う?保険適用薬と保険適用外薬


保険適用薬には使用にあたってはルールがあり、そのルールを守った上で保険適応が通ります。例えば予防としてや病名がハッキリとしない時には保険適応が通らないことがあるので全額自己負担となる場合もあります。あくまでも保険なので使用にはある一定のルールが必要になり保険適応で認められた薬のみが使用できます。その分価格が高くても一定の割合の負担額で安く服用ができます。

一方、保険適用外薬は保険適応というルールがないので患者さんの症状に応じてさまざまな種類を選択でき、病気にならないための予防としても服用でき、きめ細かい対応を行うことができます。しかしながら保険が使えないので高額な場合でも全額自己負担となります。


保険適用ではなし得ない種類の豊富な漢方とは


自分の症状を改善したくて服用する薬ですから、自分の都合の良いタイプのものを選ぶのが当然ですよね。

保険適応薬も保険適用外薬も、どちらも薬であることに違いはありません。ただ、両者の大きな違いとして、扱っている生薬の種類に2倍近く差があることや調合できる種類がまったく異なることが挙げられます。

保険で扱える漢方エキス剤は約148種類であり、国の決まりによって3種類以上の調合は不可とされています。その点、保険は使えませんが適用外として扱う生薬の種類は約294種類あり、調合する種類に制限はありません。

症状を体全体としてとらえる東洋医学ならではの考え方により、患者さん一人一人の既往歴・体質・生活習慣などに応じて、オリジナルの漢方を提供することができます。

もちろん、保険適応薬に効果がないということではありません。生薬を使用して製造していますので、効果には問題はありません。
しかし、製造工程上高熱処理を行うので、生薬によっては熱に弱いものや熱によって効能が薄れてしまうものもあり、天然物の煎じ薬等に比べると、どうしても生薬の成分の質が落ちてしまうことがあります。どちらにしても、患者さん本人の体にあったものを選ぶことが大切です。


病院と漢方薬局の併用がおすすめ


西洋医学は、患者さんの症状にもとづき必要な検査を行い、痛みの原因となっているものに対しピンポイントで治療する、いわゆる「対処療法」を得意としています。
患者さんの主訴に対し治療を行ってくれるのです。

そういった治療の後、また同じ病気を患わないように漢方療法で体質の改善と体調管理を行い、健康の維持、向上を目指しましょう。

このように、西洋医学と東洋医学は持ちつ持たれつの関係があります。どちらにも患者さんにとってのメリットがあり、症状や状態によってはどちらを優先するかを選択することもできます。
自分自身が健康でいるために、どのような治療と薬が合っているのか、専門医師や薬剤師と話し合ってみることが大切です。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

112

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

中性脂肪が下がった

血圧は、すみれ漢方施薬院薬局からの漢方薬で「脈圧」・「平...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『医薬品認定』の『もの忘れ改善生薬』
イメージ

 《こんな効能が医薬品として認可されました》 ※中年期以降の『もの忘れ』を改善する 《きれいな日本...

[ 漢方薬アラカルト ]

動物性生薬=鹿茸
イメージ

 《精力・性機能アップにも鹿茸は期待大かも》 ※LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)改善にはナント言...

[ 動物性生薬 ]

男性にもある『更年期障害』
イメージ

 《こんなテレビ番組で放映されました》 ※『社会的ホルモン』って呼ばれている男性ホルモンが『テストステ...

[ 精力剤 ]

動物性生薬の現品
イメージ

 《漢方薬の生薬には・・》 ※漢方薬を構成する生薬には『植物性生薬』 『鉱物性生薬』 『動物性生薬』があり...

[ 動物性生薬 ]

精子と卵子を元気にする
イメージ

 《体外受精をする前にも是非、お試しを!》 ※体外受精にはインプラントと同様に保険が効かず実費です。...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ