コラム

 公開日: 2015-09-15  最終更新日: 2016-03-01

混同しやすい漢方と生薬の違いとは?生薬は漢方薬を構成する原料

間違えやすい、漢方と生薬の違い


漢方と生薬の違いをご存じでしょうか?
最近では生薬や飲み物などに「漢方」という名前がついていることが多く、混同するのは無理もありません。

生薬とは、一般的には薬草の根や葉など漢方薬を構成する原料のことです。中には動物や鉱物なども生薬に含まれます。
生薬をそのまま薬として使用できる物もありますが、そのほとんどは乾燥させて粉末化したり、患部に当てたり、煎じて飲んだりします。
生薬の多くは複数の薬効を持っており、漢方として組み合わせることによって、効果が強くなるものや、違った薬効をもたらすものがあります。

漢方は生薬の分量や比率をいかに効果的に、安全に作ることができるかを緻密に考えられた組み合わせのことです。
生薬の成分が含まれているから「漢方」という安易な名前の付け方は、間違ったものなのです。


植物性生薬と動物性生薬の特徴とは


生薬は、植物が原料となっている「植物性生薬」と、動物が原料となっている「動物性生薬」に分けることができます。

生薬の大部分は植物性で、生薬の原料となる植物は薬用植物と呼ばれています。
薬用植物はそのまま薬として使える物もありますが、ほとんどの場合、その根・葉・茎・種・果実などの薬効成分が含まれている部分を乾燥させて粉末化したり、煎じて飲んだりします。
植物性生薬の効能は、炎症を抑えたり、症状を緩和させる物が多いのが特徴です。

一方、動物性生薬はホルモンの活性化や不足している栄養分を補う効能があります。
「生薬だから副作用はない」と言う方もいらっしゃいますが、これは間違った認識です。
どんな薬でも取りすぎると体に毒です。
漢方に薬剤師に相談して、自分の症状・体質に合った生薬を探しましょう。


意外な物も生薬として使われている


植物性生薬・動物性生薬には具体的にどんな物があるのでしょうか。
どちらもたくさんの種類がありますが、その中から一部を紹介します。

まず、植物性生薬です。植物性生薬の中には、私たちの身近にある植物も多く存在します。
例えば、杏仁(漢方ではキョウニンと読みます)や忍冬(ニンドウ)=金銀花、生姜(ショウキョ)に葛根(カッコン)など、花や果実を楽しむだけではなく、その種や根にさまざまな薬効があります。
有名なもので言うと「人参(ニンジン)」が頭に浮かびますが、実は生薬の人参(ウコギ科)は野菜の人参(セリ科)とは別物なのです。

朝鮮人参や高麗人参と呼ばれる人参は、胃腸や呼吸系の活性化や免疫機能を高めたりと幅広い薬効があり、ギリシャでは万能薬と呼ばれるほどです。

動物性生薬と聞いて思い浮かぶのは、よく聞く「鼈(スッポン)」や「海馬(カイバ)」と呼ばれるタツノオトシゴ、比較的高価な「鹿茸(ロクジョウ)」などでしょうか。
最近プラセンタとして話題になった女性の胎盤も、婦人病や不妊症の生薬として使われていました。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

110

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
健康茶飲めます
イメージ

 《薬局内で振り出して飲めます》 ※現在、15種類の生薬が専用器具で振り出して飲めます。 《今...

[ 身近な健康法 ]

《『生活習慣病』での『処方せん薬』を減らそう》
イメージ

 《生活習慣病改善に動物性生薬》 ※『高脂血症』・『高血圧』・『糖尿病』・『高尿酸値血症』・『慢性腎炎...

[ 動物性生薬 ]

『緑内障にも生薬エキス』
イメージ

 《日本人の多くは『正常眼圧緑内障』》 ※『眼圧』は基準値内なのに眼圧は下げた方がいいとしてダラダラと...

[ 眼の病気 ]

『酸素タップリありますか?』
イメージ

 《1カプセルには純度99.9%の『活性スクアレン』》  《スクアレンの源=深海サメ》 ※『深...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

《急な発熱に『牛黄』》
イメージ

 《こんな時に役立つ動物性生薬=『牛黄』》 ※実例 薬局を閉める準備をしていたら来客。 旅行中に奥...

[ 動物性生薬 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ