コラム

 公開日: 2015-09-17  最終更新日: 2016-10-29

高脂血症(脂質異常症)の予防には血のめぐりを良くする漢方薬がおすすめ

高脂血症とは?そしてその原因は?


血液中の脂質が正常値を越えて高くなった状態を、高脂血症といいます。
脂質とはコレステロールと中性脂肪を指し、成人においては、コレステロールが220mg/dl以上の時を「高コレステロール血症」、中性脂肪が150mg/dl以上の時を「高中性脂肪血症」と呼びます。上記のどちらか、もしくは両方に当てはまる場合をいいます。
高脂血症の原因は2つ挙げられます。

1つは遺伝です。家族を始めとする血縁者に脂質の高い人が多いことから、家族性高脂血症といいます。
もう1つは高脂血症を誘発させる別の病気を患っており、それが原因で脂質が増加していく場合で、これを二次性高脂血症といいます。

肥満がその代表的な例です。肥満の中でも、皮下脂肪型よりも内臓脂肪型の方が動脈硬化との関連性が高いので注意が必要です。


高脂血症の症状、傾向


高脂血症は痛みやかゆみなどの自覚症状がほとんどなく、苦痛を伴わない分、改善が難しいと言われています。自覚症状がないことで、重大な病気という意識を持つ人が少なく、病気自体の認知度が低いのも現状です。

高脂血症の人は、比較的動脈硬化症が起こりやすい傾向にあります。動脈硬化を起こしやすい危険因子には、高脂血症の他にも高血圧・肥満・糖尿病なども含まれています。

これらを多く持っているほど、動脈硬化症を起こしやすく、特に心筋梗塞にかかりやすいと言われています。

また、女性は閉経後に女性ホルモンであるエストロゲンが激減するため、コレステロールが増加し、動脈硬化へつながることもあるので注意しましょう。

脂質の改善のために適切な食事療法を行ったり、脂肪低下とコレステロール増加を目的に適度な運動を行ったりと、改善方法はありますが漢方薬でも高脂血症の改善を目指すことができます。


漢方で軽減できる高脂血症


山楂子って生薬を御存知ですか?。バラ科の植物「山楂」の実です。中国とか台湾へ旅しますと露店で山楂ジュースとして売っています。北京ダックを食べたら帰るときにレジでくれるのが「山楂せんべい」、確かに北京ダックを堪能した後に「山楂せんべい」を食べて歩いたいたら胃腸がスッキリした経験があります。山楂の実をエキスにしたのが『晶三仙』という食品で当薬局で販売しています。脂質の代謝に有効でもあると言われています。

《これが晶三仙》



☆毎食後に1包を「お湯割り」で飲みます。
特に「食べ過ぎた」と感じた時には『晶三仙』のありがたみが体感できるはずです。

次に冠元顆粒(かんげんかりゅう)です。

《これが冠元顆粒》



これは末梢循環が悪い状態を改善する漢方薬として知られています。冠元顆粒の主成分である丹参(タンジン)には血栓予防・溶解、血流改善の効果に加え、コレステロールの沈着が起こる、血管内皮細胞を保護する働きがあります。

さらに、丹参の他にもモッコウ、コウブシといった血流を良くする成分も入っており、一環して高脂血症の改善と動脈硬化の予防に効果的と言えます。
冠元顆粒、基本となる処方は、かの毛沢東を心筋梗塞から救命した妙薬「冠心Ⅱ号方」を日本人の体質に合わせて改良した医薬品です。
ちなみに、「冠心Ⅱ号方」と併用した「生脈散」、この生脈散の日本版が「麦味参顆粒」です。

《これが麦味参顆粒》




元気の『気』を補い心臓のポンプ作用を強化すると言われています。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

104

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
婦人の宝=聖生薬『当帰』の膠
イメージ

 《子宝を授かるための漢方薬の基本》 懐妊の基本となる漢方薬があります。①『生理期』・②『低温期』・③『...

[ 漢方薬で不妊治療 ]

『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』
イメージ

 《『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』》 粒が飲みにくい方には『紅豆杉=タキサス=白豆杉』...

[ 『紅豆杉=タキサス=白豆杉』 ]

腎虚
イメージ

 《女性の腎虚》  《男性の腎虚》 こんな時には『腎臓を元気にする』=『補腎』が必要。漢...

[ 専守防衛=未病先防 ]

ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

緑内症
イメージ

 《失明する危険性アリ→緑内障》 当薬局に『緑内障治療点眼薬が記入された「処方せん」』を定期的に持参さ...

[ 眼の病気 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ