コラム

 公開日: 2015-09-19 

アトピー性皮膚炎治療でステロイドと漢方薬を併用するときの注意点

アトピー性皮膚炎とはどのような症状か?


主な特徴として、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみの伴う湿疹が出るのがアトピー性皮膚炎です。

現在のところはっきりとした原因はわかっていませんが、遺伝による体質に環境などが強く関係して発症すると考えられています。

アトピー性皮膚炎もアレルギー反応の一つであり、アレルギー反応とは免疫の過剰反応によって起こる症状をいいます。

また、東洋医学ではアトピー性皮膚炎を大きく二種類のタイプに分けて判断します。
熱が原因の炎症であるのか、冷えが原因の炎症であるのかです。
熱が原因の場合には清熱法によって熱を冷ます治療をし、冷えが原因の場合には体質改善によって体内を温めていく治療を行います。

漢方療法とステロイドの併用


アトピーの症状によっては、ステロイド薬を服用したり、あるいは外用薬として使用している方も多いと思います。

ステロイドには、炎症を抑える働きや免疫の過剰反応を抑制する働きあります。人間の体内でも作られるホルモンの一種で、副腎皮質ホルモンと呼ばれています。このホルモンの働きにより、私達人間の体は免疫力や炎症による影響のバランスを保っているのです。

ところが、アレルギー反応が起こった体は、免疫力のバランスが取れない状態になっているため、内服薬や外用薬を使用してホルモンバランスを抑制しています。
即効性が強いため、一時的な症状を緩和するのには適しています。

東洋医学に基づくアトピー性皮膚炎の治療では、アトピーの種類と体質に応じた漢方を服用していきます。症状の改善を目的としていますので、じっくり確実に効果を発揮するでしょう。

ただし、漢方治療を始めて間もない方は、自己判断でステロイドの使用を中止するのはよくありません。突然中止してしまうと、皮膚症状の悪化や治療期間が延びてしまいますので、中止する、しないの判断は、専門医師に任せてください。


自己判断のステロイド中止はとても危険!


西洋薬と漢方の併用はほとんどの種類に問題はありません。しかし、薬であることに違いはないため、自己判断での服用や使用の中止は症状を重くしてしまうこともあります。


また、ステロイドの自己判断による中止は以前よりも皮膚症状が悪化し、再度治療をするにしてもとても時間がかかる場合があります。

症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返す皮膚炎ですので、少し良くなったからという理由だけで薬を中止しては、せっかく今まで治療してきたことがムダになってしまいます。

漢方療法と西洋薬の併用をお考えの方は、正しい使用方法を理解したうえで治療していかなければいけません。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

108

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
肝臓は『沈黙の臓腑』
イメージ

 《鯨飲馬食していませんか?》 ※食べ終わった後に「シマッタ、少し食べ過ぎた」と感じたら化学薬品の胃腸...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

赤ちゃんを授かる前に準備
イメージ

《受精卵から『赤ちゃん誕生まで』》※予定月経が来ない・・・!、もしかしたら『おめでたかも』、もしそうだっ...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

起死回生の妙薬
イメージ

 《40歳過ぎたら手元に『1丸』》  《牛黄清心元の『5つの作用』》 ☆心機能調整  ☆神経調...

[ 漢方薬アラカルト ]

頭脳を聡明に
イメージ

 《頭脳のオーバーヒートを改善しませんか?》 ※考えても考えても考えが思い浮かばない時ってありませんか...

[ 動物性生薬 ]

花粉症対策は今から
イメージ

 《今年の『花粉症・・』要注意》 ※年々、『花粉の飛散量』って増えていくようです。化学薬品での対策や...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ