コラム

 公開日: 2015-09-21 

ストレス・イライラ・ヒステリーに効果が期待できる漢方薬

精神の高ぶりに、抑肝散を取り入れてみよう


「抑肝散(よくかんさん)」は、精神の高ぶりや神経の高ぶりによって起こる、気分変調障害や不安障害、緊張型頭痛などの神経症状を抑える効果があります。

神経症状を抑えることで、緊張や興奮時に働く交感神経と、リラックス時に働く副交感神経のバランスがとれて、心や体を穏やかにすることができます。特に神経が高ぶっている症状に有効的な成分が7種類含まれています。

生薬の内容としては、柴胡(さいこ)・釣藤鈎(ちゅうとうこう)・蒼朮(そうじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・当帰(とうき)・川芎(せんきゅう)・甘草(かんぞう)を合わせた精神症状に対応する薬が抑肝散です。

西洋薬との併用で、認知症やうつ病の改善補助、てんかんや熱性けいれんの発作回数の減少を促す効果も期待できます。
抑肝散は、虚弱体質の方や神経質で神経が高ぶっている方にとても良く合う漢方薬です。

反対に、嘔吐などの胃腸トラブルがある方は抑肝散に「陣皮(ちんぴ)=胃腸機能を高める」「半夏(はんげ)=去痰(きょたん)・鎮吐(ちんと)・鎮静(ちんせい)を改善」を加えた「抑肝散加陣皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」の服用が好ましいと言われています。

老若男女が服用可能な抑肝散


昔は、子供のかんしゃくや夜泣きに使用されていた抑肝散ですが、現在では成人の神経症状にも効果があることがわかり、分量を調整することで、年齢に関係なく体質に応じて服用することができる漢方薬となりました。

副作用もほとんどないのですが、服用に注意が必要な方もいますので、一部を紹介しておきます。胃や腸などの消化器系が弱い方は、甘草(かんぞう)を含む生薬のため「偽性アルドステロン症(主に高血圧やむくみなど)」が起こる場合があります。

また、漢方薬は体内のカリウムを容易に排泄させる成分を含むものが多いため、電解質の異常を起こす場合があります。まれですが、筋肉のマヒを起こす副作用の症状が報告されています。

ご自身の体質をしっかり知ることで、漢方による副作用は起こりにくくなりますので、専門医や専門薬剤師に相談をした上で、必要な分量の漢方を服用しましょう。

漢方道、四つの必殺技


漢方は、ストレスをなくす治療ではなくストレスとの共存を目的とした治療を行います。漢方を取り入れることで、ストレス抵抗性を高めることが可能です。ストレス抵抗性を高めるのに重要なのが、「肝」と「腎」の働きです。肝は、情緒や神経状態の安定を保つ役目があり、腎は環境の変化やストレスに対し、体が過剰反応しないようにする役目があります。この両者を安定させるための、漢方にしかできない必殺技を紹介します。

・「補うこと」足りない元気を回復させる。
・「捨てること」体にたまった余分なものを排出する。
・「サラサラ流すこと」血液や気を正常に流すことで、体内をきれいにする。
・「バランスを整えること」内臓機能のバランス・体のバランス・ホルモンバランスの調整。

ストレスは、生きていく限りなくなるものではありませんので、向かってくるストレスに負けない体を作ることが重要であると考えます。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

105

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これがバイオリンクのすべて
イメージ

 《薬剤師が自分や家族全員で飲んでいるクロレラエキス》 ☆『正食』の礎・・『バイオリンク粒』『人』...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

婦人の宝=聖生薬『当帰』の膠
イメージ

 《子宝を授かるための漢方薬の基本》 懐妊の基本となる漢方薬があります。①『生理期』・②『低温期』・③『...

[ 漢方薬で不妊治療 ]

『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』
イメージ

 《『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』》 粒が飲みにくい方には『紅豆杉=タキサス=白豆杉』...

[ 『紅豆杉=タキサス=白豆杉』 ]

腎虚
イメージ

 《女性の腎虚》  《男性の腎虚》 こんな時には『腎臓を元気にする』=『補腎』が必要。漢...

[ 専守防衛=未病先防 ]

ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ