コラム

 公開日: 2015-11-16 

ストレス、睡眠不足、月経前の不調によるニキビ・吹き出物に効果的な漢方薬

ニキビはできる場所によって原因が異なる?


大人になってできるニキビを「吹き出物」と呼ぶことがありますが、ニキビと吹き出物は同じものです。

成人しているか、していないかで呼び名を変えていたようですが、最近では成人してからできるニキビを「大人ニキビ」と呼んでいます。
未成年の頃にできていたニキビとは異なり、原因もさまざまであると考えられています。

漢方療法では、ニキビのできた場所により原因の特定を行うことで、その人に合う治療を行うことができます。また、漢方医学の観点からいうと「大人ニキビ」は体の毒を皮膚から排除している状況「解毒体質」といった捉え方もされています。

基本的な治療法として、熱を取ることや血行の改善を行います。また、生活習慣の改善も必要だと考えられていて、血液の流れが滞る状態「瘀血(おけつ)」の原因を避ける習慣を身につけることも大切です。
活血化瘀には効果がハッキリする動物性生薬がお薦めです。
活血化瘀に使用する動物性使用薬には「虫(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)」があります。
詳しくは当薬局にお訊き下さい。


ニキビのできる場所と主な原因について


ニキビといっても、できる場所によって原因や処方される漢方薬も異なってきます。ここでは、おもにどのようなニキビがあるのかを紹介していきます。

・「おでこニキビ」 おでこへの付着物や汚れによる炎症や胃腸の不調によるもの。
・「鼻ニキビ」 鼻を頻繁に触ることによる汚れ、肌のターンオバーの乱れや肝臓・大腸・肺の不調によるもの。
・「ほおニキビ」 便秘や肝機能障害の疑い、糖・脂質の取りすぎによるもの。
・「口まわり」 ビタミン不足や胃腸トラブルによるもの。
・「あご」 生理前の男性ホルモン分泌の増加、寝不足や過剰なストレス、冷えによるもの。
・「首」 肌の新陳代謝とホルモンバランスの乱れによるもの。

その中でも、女性に多く見られる生理前のニキビトラブルに対して、よく使用される漢方薬が「荊茶連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、また「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などです。ホルモンのバランスを整えたり、冷えを改善する際に用いられることが多い漢方薬です。


漢方の考えるニキビ治療とは?


漢方医学では、「肌は内臓を映す鏡」という考え方から、ニキビをはじめとする皮膚症状への治療法は、その人に合う方法で、その人の免疫力を高め症状のあらわれにくい体質へ改善していくことが目的です。
そして同時に快食・快眠・快便の快便を実践する事が不可欠です。
陰陽五行説には皮膚の裏が大腸と説いています。軟便下痢、そして便秘体質は肌荒れの大きな原因となりニキビは発赤や膿・痒み等が悪化します。
皮膚のケアーには快便が必要です。

体質を改善することで、体それぞれの機能を最大限に発揮できるようになることから、病に抵抗する力が生まれます。

また、漢方薬は抗生物質などの薬と違い、体への負担が少なくて済むというメリットがあります。漢方にしかできない、数千年の伝統医療を試してみるのもよいでしょう。ただし、漢方を検討する場合は、合わない漢方薬でニキビを悪化させる場合がありますので、必ず漢方に詳しい薬剤師に相談してください。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

105

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

緑内症
イメージ

 《失明する危険性アリ→緑内障》 当薬局に『緑内障治療点眼薬が記入された「処方せん」』を定期的に持参さ...

[ 眼の病気 ]

インフルエンザになったかなと思ったら
イメージ

 《インフルエンザに御用心》 例年より早くインフルエンザが流行りそうです。※インフルエンザ情報☆イ...

[ 漢方薬アラカルト ]

チャイナビュー(216号)
イメージ

 《チャインビュー216号入荷》 最近、『チャイナビュー』が好評で、時々『品切れ』になりますので、読...

[ 健康情報誌 ]

透析は治療?
イメージ

 《透析は治療・・・、延命装置かも》  《透析をするときには、こんな手術が必要》 血管を結...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ