コラム

 公開日: 2015-11-17  最終更新日: 2016-06-20

眼精疲労の緩和、目の疲れをすっきりさせる漢方は杞菊地黄丸

目は内臓から!


東洋医学では古代より、「肝は目に竅(あな)を開く」といわれ、肝臓の具合は目に表れるとされます。また「肝は腎に養われる」とも言われていることから、漢方の目の治療では、「肝臓」と「腎臓」両方の強化(肝腎要)が大切であると考えられています。

肝臓は体の血液をためる臓器であり、その肝臓に栄養を送る役目が腎臓だとされています。漢方医療で、眼精疲労やかすみ目などの目の治療に用いられる漢方薬の中で「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」が注目されています。

古代より目に良いとされている「枸杞子(くこし)」と「菊花(きくか)」を含む8種類の生薬を合わせた漢方薬です。
この漢方薬に合う症状として「舌が赤い」「目のかすみや充血ある」「目が痛い」「足や腰がだるい」「顔や手足のほてり」「喉の渇き」などがあります。


目の症状に効果が期待できる「杞菊地黄丸」の効能





肝臓の調子と腎臓の調子を健康に保つことで、目の健康を保つことができると考える漢方医療。
目の治療に効果を発揮する、さまざまな成分を含む「杞菊地黄丸」の主な効能や成分を紹介します。

「杞菊地黄丸」は、「滋腎養肝(じじんようかん)」の考えをもとに、体の衰えを回復し、体にたまった余分な水分や熱を排出し、腎臓と肝臓の機能を活性化させるために必要な生薬を配合した漢方薬です。

「地黄(じおう)」は滋養強壮と血糖降下を促し、「山茱萸(さんしゅゆ)」は止汗効果、「山薬(さんやく)」は消化吸収を助ける働き、「茯苓(ぶくりょう)」は胃腸の改善に効果を発揮します。「沢瀉(たくしゃ)」には利尿作用を促す成分が含まれています。

最後に「牡丹皮(ぼたんび)」は、血行改善と炎症抑制に効果が期待されています。

これら、6種類の生薬に枸杞子と菊花を合わせることによって眼精疲労全般に効果を発揮すると考えられています。
当薬局では杞菊地黄丸と併用すべき健康食品を推奨しています。それは「鯉の胆」・「八目鰻」などの動物エキス配合の薬剤師が推奨しています健康食品です。詳しくは当薬局にお訊き下さい。

眼精疲労、初期症状を放置しない事が大切


普段から、パソコン作業や目を使う仕事をしている方は眼精疲労の症状があらわれていても、治療する機会を設けるのが困難な方も多いのではないでしょうか?

しかし眼精疲労を放っておくと、重篤な目の病気を誘発する場合があります。初期症状の段階で防ぐことがとても大切です。

まず、眼精疲労の初期症状として「目の痛み」があらわれます。目薬を使用して疲労を緩和したりするほか、なるべく時間を決めてパソコンなどの作業を行うようにする、空いた時間を利用してタオルなどで目を温めたり冷やしたりを交互に繰り返すことで、目の疲労の緩和に効果を発揮します。

また「眼精疲労かも?」という症状があらわれたら、まずは自分の生活環境を見直し、改善する努力をすることで症状緩和につながりますので、試してみるのもいいでしょう。

それでも痛みが治まらないのであれば、症状を放っておかず専門医を受診して、一日でも早く治療することが大切です。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

123

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腰部脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

主治医の診断では(腰部脊柱管狭窄症)そして後から膝が痛くな...

I.T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春の連休御案内
イメージ

 《春の連休の御案内》 ※申し訳ございませんが『4月29日(土曜=昭和の日)』~『5月7日(日曜)』まで当薬...

[ 薬局の『休み日』のお知らせ ]

心のビタミン?
イメージ

 《疲れた心を癒やす生薬エキス》 肝臓や腎臓の元気度は血液検査で判明しますが『心』の元気度は検査する方法...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

フレイル対策にも漢方薬と自然の恵みエキス
イメージ

 《フレイルとは?》 ※フレイルとは『老年性症候群』のことです。 《自己チェック》 ☆3点以上で...

[ 専守防衛=未病先防 ]

耳鳴り・聴力低下・めまい
イメージ

 《西洋医学が苦手な耳の不快感》 ※春から初夏にかけて悪化しやすいのが『耳鳴り』。この不快感は御本人...

[ 漢方薬アラカルト ]

大丈夫ですか?、いびき・無呼吸
イメージ

 《自覚症状が少ないですが・・・》 ※この『いびき』・『無呼吸』って、御本人様は気付いていないこと...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ