コラム

 公開日: 2015-11-19 

引き始めの風邪には麻黄湯?葛根湯?十神湯? その違いと使い分け方

風邪の初期症状に効果を発揮する漢方薬


「風邪かな?」と感じて服用する漢方薬には、本当にたくさんの種類が存在します。その中から、「麻黄湯(まおうとう)」「葛根湯(かっこんとう)」「十神湯(じゅっしんとう)」の違いについてお話します。

風邪といっても、実は風邪にもいくつか種類があり、症状に合わせて漢方を服用するとそれぞれの生薬がそれぞれの患部に効果を発揮すると言われています。

また、漢方薬は風邪の初期症状があらわれた時に服用するのが好ましく、初期段階において風邪の悪化を防ぐ効果があることもわかっています。そして、漢方薬は、季節によって変化した体質に合わせて薬を使い分け、処方をするという特徴もあります。


麻黄湯・葛根湯・十神湯の特徴について


元々体力がある人で、強い寒気や関節の痛み、ノドの痛みはないけれど軽い発熱を伴う症状がある場合には、麻黄湯の服用が好ましいでしょう。

服用するときは、症状の変化が早い場合が多いため、悪寒を感じた時点ですぐに服用したほうが効果的とされています。麻黄湯の服用に向かない体質として、汗をかいている状態や高熱、小児や高齢者などの体力のない方には適さないでしょう。

比較的体力がある人で、肩こりや頭痛、悪寒を伴う症状がある場合には、葛根湯の服用が好ましいでしょう。服用の際は、背筋から首筋にかけて軽度の寒気を感じた時点ですぐに服用したほうが効果的とされています。
葛根湯の服用に向かない体質として、虚弱体質の方、胃腸の弱い方にはおすすめできません。

元々虚弱体質で胃腸の弱い人がくしゃみ、鼻水、咳、発熱など風邪に伴う筋肉痛、関節痛やだるさを生じた場合には、十神湯の服用が好ましいでしょう。服用方法は、症状の初期段階に飲むのが好ましいとされています。また、早めに軽く発汗させることで、筋肉の緊張を取る役目もあります。

風邪の特徴を把握し、早めの対策が効果的


「ただの風邪、されど風邪」ですので風邪から始まるさまざまな病気にかからないためにも、「今の症状はどんなものか?」「一番何がつらい症状なのか?」を把握し、自分の体質を含めた上で漢方を取り入れることは、とても効果的な治療の一環と言えます。

悪化する前の症状に効果を期待できるのが漢方薬ですので、しばらく放っておいた症状に漢方を服用しても効果はないとされています。

また、漢方薬は病名で薬を選んではいけません。病名で選んで服用すると、体質によってはとても強い副作用を起こす場合があります。

反対に言うと、自分の症状と体質に合わない漢方薬を服用しても、ほとんど意味がないということです。早く風邪を治すためにも、的確な判断ができる漢方に詳しい薬剤師に相談することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

125

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

耳鳴りが快癒

年明けから仕事や子供の受験で忙しくしていたら突然の耳鳴り...

E.O
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
《さあ、青梅の旬です》
イメージ

 《梅は三毒を断つ》 ※古より『梅』は健康長寿に役立つ自然の恵みです。この『三毒』とは『食毒』・『水毒』...

[ 身近な健康法 ]

動物性生薬=鹿茸
イメージ

 《精力・性機能アップにも鹿茸は期待大かも》 ※LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)改善にはナント言...

[ 動物性生薬 ]

男性にもある『更年期障害』
イメージ

 《こんなテレビ番組で放映されました》 ※『社会的ホルモン』って呼ばれている男性ホルモンが『テストステ...

[ 精力剤 ]

動物性生薬の現品
イメージ

 《漢方薬の生薬には・・》 ※漢方薬を構成する生薬には『植物性生薬』 『鉱物性生薬』 『動物性生薬』があり...

[ 動物性生薬 ]

精子と卵子を元気にする
イメージ

 《体外受精をする前にも是非、お試しを!》 ※体外受精にはインプラントと同様に保険が効かず実費です。...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ