コラム

 公開日: 2015-11-20  最終更新日: 2016-11-30

更年期障害、自律神経失調、月経前症候群(PMS)には逍遙散と加味逍遙散

逍遙散と加味逍遙散とは







更年期障害や自律神経失調症、月経前症候群(PMS)によく使用される「加味逍遙散(かみしょうようさん)」。逍遙散と同じ成分を含み、さらに2種類の生薬を配合してできた漢方薬です。
逍遙散に含まれる生薬は、当帰(とうき)・茯苓(ぶくりょう)・芍薬(しゃくやく)・白朮(びゃくじゅつ)・柴胡(さいこ)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうが)・薄荷(はっか)があります。
この8種類の生薬に山梔子(さんしし)と牡丹皮(ぼたんぴ)を合わせたのが、加味逍遙散です。

山梔子と牡丹皮には、熱の症状をおさえる働きがあり、熱、汗、のぼせ、ほてり、頭痛、イライラ感や怒りっぽい、出血などが伴う場合に使用される生薬です。また、2つの漢方薬に合う体質と症状として、虚弱体質で胃腸が弱く寒がりの人が不安やのぼせ、肩こりを伴う精神症状がある場合に用いることが多い漢方薬とされています。

女性に多い神経症状とはどのようなものがあるのか?


女性の体は、男性と異なりホルモンバランスが乱れやすい環境にあります。思春期に始まる月経をはじめ、妊娠や出産、または婦人科に関わる病気などを経験することで、体のバランスを崩してしまう人も多いようです。主に女性がかかりやすい症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

「月経前症候群(PMS)」は、月経が始まる1~2週間前から起こる、イライラや腹痛・頭痛などの症状で、月経が始まると症状は治まるのが特徴です。

「自律神経失調症」は、不規則な生活習慣などにより、体を働かせる役割である自律神経のバランスが乱れるために生じる体の不調のことです。

「更年期障害」は、一般的には閉経を挟む45歳~55歳の10年間を「更年期」といい、閉経により卵巣の働きが衰え、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することで起きる症状です。また、その症状が日常生活にまで影響を及ぼす場合を更年期障害といいます。


日頃の健康管理と漢方薬でバランスの良い生活を


本来、ホルモンは体内で生成され、体の機能やそれらの関係を上手くコントロールする役割をもっています。

一生で分泌されるホルモンの量はたったのスプーン一杯程度と言われています。この少量のホルモンが、体には大きな影響を与えているのです。
月経前症候群、自律神経失調症、更年期障害に共通するのは、このホルモンバランスの乱れによるもので、体にさまざまな不快症状を与えていることも事実です。

不規則な生活やちょっとしたストレスなどから、ホルモンバランスは乱れやすくなってしまいます。

やはり、日頃から体調管理を心掛け、生活習慣を見直し、上手くストレスと付き合うと共に、疲れを感じたら休むという習慣を身につけることが大切です。

また、このような生活や体調の見直しの手助けとなる漢方薬を取り入れて、体本来のバランスを整えてみるのもいいでしょう。ご自分に合う漢方薬と出会うことで、心身ともに健康を目指しましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

133

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夏の肌の乾燥改善

熟年代になってから冬よりも夏に肌の乾燥が気になるようにな...

A.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『水太り』対策
イメージ

 《冷房に負けての水太り対策》 ※盛夏です、どうしても冷房に当たりすぎる季節。そして『生のもの』・『...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

室内熱中症に要注意
イメージ

 《梅雨明け、いよいよ盛夏》 ※エアコン使用しているのに『室内熱中症』が多発しています。※気分が...

[ 専守防衛=未病先防 ]

夏冷え対策
イメージ

 《暑いほど多発=夏冷え》 ※『冷え症』・・・、実は『寒い季節』よりも『暑い季節』に不快感が多発して...

[ 漢方薬アラカルト ]

チャイナビュー224入荷
イメージ

 《224号入荷しました》 ※玄奘三蔵の求法の旅②私の好きな記事の一つ。三蔵法師、堺正章さんの孫悟...

[ 健康情報誌 ]

AGEs(終末糖化産物)
イメージ

 《アンチエイジング対策》 ※AGEs(終末糖化産物)、これこそが『エイジング、つまり老化の原因だった』ので...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ