コラム

 公開日: 2015-11-21  最終更新日: 2016-02-29

気分の落ち込みを解消し精神を安定させる漢方薬は加味帰脾湯。

日本人に多い精神の半健康状態


現代社会は、たくさんのストレスにさらされることが多く、精神の「半健康状態」の人が多く存在していると言われます。

漢方医学では、精神に関わる症状に対し「肝気鬱(かんきうつ)」という表現をします。この症状は、いろいろな原因で肝臓の血流が悪くなり、それに伴い不快な症状を引き起こしていると考えられています。

起こりやすい主な症状として、貧血、不眠、うつ症状、めまい、耳鳴り、不安などがあげられます。
同時に微熱や胸苦しさ、イライラ感があらわれることもあるようです。このような精神症状などにも効果が期待できる漢方薬があり、症状や体質に合わせて処方することができます。

加味帰脾湯(かみきひとう)に適した体質と症状


精神症状には、細かくたくさんの種類の生薬を用いて1人1人に合う漢方を処方していきますが、その中の一つである「加味帰脾湯(かんみきひとう)」についてご紹介します。

・ストレスなど精神的な疲れがたまって気分が晴れない
・不安感がある
・やる気がわいてこない
・良く眠れず、朝早く目が覚める。

上記のような症状のほかに、胃や腸に張りはありゲップやおならが多くなるというった身体的な症状もあらわれることがあります。

生薬成分は、人参(にんじん)・蒼朮(そうじゅつ)・茯苓(ぶくりょう)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)・酸棗仁(さんそうにん)・竜眼(りゅうがん)・遠志(おんじ)・当帰(とおき)・黄耆(おうぎ)・木香(もっこう)・柴胡(さいこ)・山梔子(さんしし)の全部で14種類の生薬から作られています。


現代医療と漢方医療の上手な使い方について


精神症状では、現代医学の治療において漢方医学はとても重要な役割を持っていると言われています。

漢方医学の得意分野の一つである「軽度のうつ病」についてご説明します。

現代医療に多く用いられる、向精神薬や抗不安薬などは精神症状を抑制するのに優れていますが、その反面副作用が出ることもあります。それによって、治療を断念したり、薬の服用を中止してしまう患者さんも多いようです。

そこで、再度治療を行う際に取り入れられるのが漢方薬です。

漢方薬は、西洋薬に比べ比較的副作用が少ないとされ、服用を断念した方でも続けることができるが場合が多いようです。

また、漢方薬は体への負担も少ないことから精神的ストレスも軽減し、安心感が得られる効果があるようです。

漢方薬は、服用に多少手間がかかる場合も多いため、患者さん本人の治療意識の向上につながるケースも多く報告されています。
目には見えない精神症状ですが、長期にわたる治療が必要になることも多いのが現状です。漢方医療と漢方薬を取り入れることで、少しずつでも患者さんの精神的負担の軽減につながることを願うばかりです。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

133

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夏バテの季節

今年は6月18日の日曜日が父の日とか。 子供のアトピー性皮膚...

G.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『水太り』対策
イメージ

 《冷房に負けての水太り対策》 ※盛夏です、どうしても冷房に当たりすぎる季節。そして『生のもの』・『...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

室内熱中症に要注意
イメージ

 《梅雨明け、いよいよ盛夏》 ※エアコン使用しているのに『室内熱中症』が多発しています。※気分が...

[ 専守防衛=未病先防 ]

夏冷え対策
イメージ

 《暑いほど多発=夏冷え》 ※『冷え症』・・・、実は『寒い季節』よりも『暑い季節』に不快感が多発して...

[ 漢方薬アラカルト ]

チャイナビュー224入荷
イメージ

 《224号入荷しました》 ※玄奘三蔵の求法の旅②私の好きな記事の一つ。三蔵法師、堺正章さんの孫悟...

[ 健康情報誌 ]

AGEs(終末糖化産物)
イメージ

 《アンチエイジング対策》 ※AGEs(終末糖化産物)、これこそが『エイジング、つまり老化の原因だった』ので...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ