コラム

 公開日: 2016-02-18  最終更新日: 2016-02-29

目の悩み解消法


先代の頃は当薬局で『目薬』を数種類置いていましたが、今は置いていません。
目の悩みには目薬のような外用薬を使用するよりも根本治療として漢方薬や自然の恵みエキスを内服した方が確実に効果があがります。
漢方理論には「目が疲れる・肩がコル・足がツル」という不快感は全て『肝臓』の悲鳴なのです。
①肝臓の弱りを改善させる
  これに最適な自然の恵みエキスが『スクアレン』です。
  当薬局では先代の頃より『スクアレン』を1カプセルに99%も含んでいる『サメミロンカプセル』を推奨しています。
  同物同治、肝臓を治すには深海サメの肝臓からとった肝油。
  この肝油から生成したのが『スクアレン』です。
  私は40年ほど前、学生時代に酒を覚えてから未だに毎日『肝臓』を護るために飲酒時に『サメミロンカプセル』を飲んで  います。
②血液の流れを良くする
 ポイントは平素は植物性生薬で血管の掃除をしながら年に1~2回ほどは動物性生薬で血管の大掃除をしましょう。
 血管の大掃除に役立つ動物性生薬には「䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)」があります。
 当薬局では水蛭(ヒル)エキス配合タイプと蚯蚓(ミミズ)配合タイプを症状にあわせて使い分けています。
 活血化瘀は健康長寿の基本でもあります。
③腎臓の弱りを改善させる
 これは漢方で言います『補腎』の事です。
 補腎剤でも動物性生薬配合が効果が素早く体感できると思います。
 又、植物性生薬では『烏霊参』と言う蟻の巣に自生する茸エキスがあります。
 当薬局てばeGFR(推算糸球体濾過量)が60以下になった方が「活血化瘀」の方剤と、この「烏霊参」配合の自然の  恵みエキスとサメミロンカプセルを半年ほど服用されてeGFR値が60以上になった実例があります。
 肝心要ではなく肝腎要なのです。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

109

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

緑内症
イメージ

 《失明する危険性アリ→緑内障》 当薬局に『緑内障治療点眼薬が記入された「処方せん」』を定期的に持参さ...

[ 眼の病気 ]

インフルエンザになったかなと思ったら
イメージ

 《インフルエンザに御用心》 例年より早くインフルエンザが流行りそうです。※インフルエンザ情報☆イ...

[ 漢方薬アラカルト ]

チャイナビュー(216号)
イメージ

 《チャインビュー216号入荷》 最近、『チャイナビュー』が好評で、時々『品切れ』になりますので、読...

[ 健康情報誌 ]

透析は治療?
イメージ

 《透析は治療・・・、延命装置かも》  《透析をするときには、こんな手術が必要》 血管を結...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ