コラム

 公開日: 2016-03-02 

冠元顆粒

《健康維持・健康長寿には「活血化瘀」》



この漢方薬は『冠元顆粒』。
発売されて25年になるとか。
元々は、かの中国の英雄「毛沢東」を心筋梗塞から救命した現代中国が世界に誇る妙薬『冠心Ⅱ号方』です。
その冠心Ⅱ号方を日本人に体質や生活習慣に合わせて改善した漢方薬が『冠元顆粒』でした。
その効果は多々の医療施設で臨床され多くの学会発表がなされ、今でも臨床が実施されています。
讃岐には老舗の「讃岐うどん」、最近では「讃岐骨付き鶏」なるものが流行っています。
この「骨付き鶏」、私は「親鳥」は固くて苦手ですので軟らかい「ひな鳥」を注文します。
私達人間も加齢とともに「干涸らび」「固く」なるのです。
特に血管が硬くなったら動脈硬化ですね。
これを改善することの一つが「活血化瘀」です。
冠元顆粒に配合されています生薬は活血化瘀に有効と古より認められています。
当薬局では平素は「冠元顆粒」のような植物性生薬で『血管の掃除』をしながら年に1回~2回程度は効果が早く確実な動物性生薬で『血管の大掃除』をする事をお薦めしています。
『血管の大掃除』に使用する動物性生薬には「䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)」があります。
当薬局では「水蛭(ヒル)エキス=カプセル」と「蚯蚓(ミミズ)エキス=粒」を個々の症状・体質・併用薬を考慮して使い分けています。
高脂血症・動脈硬化指数が高い・高血圧・低血圧・NT-proBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)が高い方・シミ対策等にも活血化瘀は有効と考えています。
昔、テレビで「紫根エキス」を飲んだら肌が美しくなったとかで薬局に問い合わせが続きパニック状態でしたが流行はすぐに下火となりました。
所詮、流行はハヤリモノ。
歴史のエビデンス(evidence)=確証は皆無です。
美肌にも活血化瘀は有効ですよ。
『活血化瘀』しましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

108

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
腎虚
イメージ

 《女性の腎虚》  《男性の腎虚》 こんな時には『腎臓を元気にする』=『補腎』が必要。漢...

[ 専守防衛=未病先防 ]

ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

緑内症
イメージ

 《失明する危険性アリ→緑内障》 当薬局に『緑内障治療点眼薬が記入された「処方せん」』を定期的に持参さ...

[ 眼の病気 ]

インフルエンザになったかなと思ったら
イメージ

 《インフルエンザに御用心》 例年より早くインフルエンザが流行りそうです。※インフルエンザ情報☆イ...

[ 漢方薬アラカルト ]

チャイナビュー(216号)
イメージ

 《チャインビュー216号入荷》 最近、『チャイナビュー』が好評で、時々『品切れ』になりますので、読...

[ 健康情報誌 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ