コラム

 公開日: 2016-03-30 

NHK文化センター 新年度講座開講

《平成28年度 NHK文化センター健康講座開講》




4月2日(土曜日)、10時30分から12時までNHK文化センター高松会場(JR高松駅3階)で平成28年度の講座がスタートします。
『漢方の知恵で正しい食生活を』=『聞いて納得、知って健康』

長いものでNHK文化センター様より依頼を受けて開講したのが『平成10年』。
無遅刻無欠勤で今日まで開講しています。
今、私達が一番恐れている疾患は『ガン』。
その『ガン』の発症原因の90%は『生活習慣』、遺伝は5%と言われています。
生活習慣で一番注意するのは『三度の食事』。
正しい食事『正食』の基本は世界遺産となって『和食』です。
そして元気の『気』は『氣』、私達は『米』が主食だったのに、最近は『米』よりも『小麦』が多く消費されています。
『米』=『粳米』は漢方的に言いますと『平性(温めず・冷やさない)』ですから毎日食べられるのですが『小麦』は漢方的には『寒性(体を冷やす)』です。
ですから朝食は『パン・コーヒー・牛乳』よりも『御飯・味噌汁・糠漬け』が世界遺産なのです。
私達には動物由来よりも植物由来の乳酸菌が適しています。
植物由来の乳酸菌とは『味噌・醤油・糠漬け』なのです。
但し、味噌には「酒精」・醤油には「アルコール」添加されたものは、私は買いません。
こんな話を講座でしています。
四月からの講座、皆様の聴講をお待ちしています。
詳しくは「NHK文化センターさんの事務局」をお訊きください。



毎回、A4で五枚のカラー印刷資料を用意しています。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

136

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

眼底出血治療

最近の不摂生と仕事でのストレス過多で持病の糖尿病が悪化し...

K.H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
秋の疲れに動物性生薬=『牛黄』
イメージ

 《動物性生薬は効く!》 ※動物性生薬『牛黄』は高貴薬です。かつては王侯皇族のような権力者が不老不死...

[ 漢方薬アラカルト ]

美容漢方で何もかも若返る
イメージ

 《美容にも漢方は役立ちます》  《カサカサ肌・小ジワ対策》 ※『補陰(陰を補うと言う意味)をし...

[ 《美肌のために》 ]

チャイナビュー227号入荷
イメージ

 《お早く御出下さい》 ※本日、入荷しました。毎回、品切れとなりますのでお早く御出下さい。 《青...

[ 健康情報誌 ]

受験生応援!
イメージ

 《受験生の『三種の神器』に追加!》 ※『受験生の《三種の神器》って何でしょうか?』・・・『忘憂歓』+...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

薬局で漢方薬がセルフで煎じられます
イメージ

 《漢方煎薬セルフで一杯『378円(税込)』》  《これらが漢方煎薬1杯分です》 ※貴方の体調体...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ