コラム

 公開日: 2016-04-08  最終更新日: 2016-04-09

漢方で春の養生

《補血(血液を増やす)には婦宝当帰膠》





『春の特徴』
☆心身のバランスが乱れやすい
☆春は「肝臓」の季節
☆春の心身の不調には「補血=血液を増やす」

※血虚(血液不足)の特徴は
☆顔色が悪い
 クスミやシミが気になるときには活血化瘀も同時に必要
 活血化瘀をシャープにするには『䗪蟲(シナゴキブリ)・水蛭(ヒル)・虻(アブ)・蚯蚓(ミミズ)』のような動物性生薬が必要
 当薬局では「水蛭(ヒル)エキス」と「蚯蚓(ミミズ)エキス」を推奨しています。
 「水蛭(ヒル)エキス」30日分=18.400円  「蚯蚓(ミミズ)エキス」30日分=20.520円
☆冷え性、手足やお腹が冷える
☆乾燥肌で小ジワが気になる
 肌の乾燥・小ジワには「ヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン」などが配合された液体タイプを当薬局では推奨しています。
 10日分、500㎖=8.640円 これらの成分は粒や粉末よりも『液体』の方が吸収率が高いのです
☆髪にツヤがなく、枝毛、抜け毛になりやすい
 「婦宝当帰膠」と「心脾顆粒」の併用をお勧めします
 婦宝当帰膠の「お湯割り」に心脾顆粒を溶かして服用します
☆疲れやすい、立ちくらみをしやすい
☆病院では貧血と診断されないが、なんだか調子がすぐれない

このような不快感が感じられたら『婦宝当帰膠』の「お湯割り」を飲んでみて下さい。
当薬局てば常時『婦宝当帰膠の試飲』ができます。
「マイベストプロを読んだ」と言ってください。

この記事を書いたプロ

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局 [ホームページ]

薬剤師 佐藤宣幸

香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL:087-851-2366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

110

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

眼底出血治療

最近の不摂生と仕事でのストレス過多で持病の糖尿病が悪化し...

K.H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
香川県民は『糖尿病』に要注意
イメージ

 《2017年・平成29年・8月18日(金曜日)四国新聞掲載》 ※少し前まで糖尿病患者数日本一だった『徳...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

夏バテは今から増えます
イメージ

 《『お盆』過ぎても西日本は酷暑》 『お盆』が過ぎ東日本は『もどり梅雨』のような天候なのに、讃岐路は...

[ 漢方薬アラカルト ]

《夏にこそ『活血化瘀』を》
イメージ

 《血液がドロドロになりやすい夏にこそ活血化瘀》 ※夏は発汗過多で血液ドロドロ、冷房の除湿作用で血液ド...

[ 漢方薬アラカルト ]

夏バテ対策
イメージ

 《猛暑ではなく酷暑》 ※人間の体温より気温が高いとか、これはアブナイ。こんな時に食欲旺盛な方は問題...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

ノボセ・ホテリを改善
イメージ

 《夏の無理は秋に出る》 ※夏に心身に『濁熱』が籠もったまま秋を迎えると『濁熱』から『濁火』となり心身不調...

[ 専守防衛=未病先防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ