>   >   >   >   >   >  漢方薬アラカルト

コラム一覧 :漢方薬アラカルト

1件~15件(91件)

過去の15件

今から対策、『熱中症』

イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆先日亡くなった男性歌手、残念でしたが彼は「水を飲まずにサウナ」・「1日の喫煙量が3箱」とか。このような事は『脳梗塞』・『心筋梗塞』の要因となります。 《冷房過多も血液... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-22

頑固な『後鼻漏』対策

イメージ

 《後鼻漏にも漢方薬》 ※立っていると気にならないのに横になるとノドの奥に鼻汁が流れ落ちる『後鼻漏』、なかなか改善されない疾患の一つ。『後鼻漏』、時にはノドを刺激して『咳』が出たりしますし、この咳は『咳止め薬』が効かないことが多いようです。 《治療法は『熱』が『冷え... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-10

母の日に『健康の花束』をプレゼント!

イメージ

 平成30年5月13日(日)は『母の日』 ※五月の第二日曜日、今年は13日が『母の日』。☆毎日頑張っている、お母さんに『健康の花束』をプレゼントしましょう。 《当薬局が推奨しています『健康の花束』》 ※女性の『聖薬=当帰』という生薬が主成分の液状漢方薬が『婦宝当... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-28

早くも『熱中症』発症

イメージ

 《連休の『熱中症対策』に漢方薬》 ※発汗過多、そして冷房過多のシーズンになると毎年話題になるのが『熱中症』。☆こんな時に役立つ漢方薬の一つが『生脈散』、「麦門冬」・「五味子」・「人参」の三種類の生薬配合です。 《生脈散=日本では『麦味参顆粒』》 《... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-26

クシャミ・鼻水・花粉症

イメージ

 《本格的な花粉症シーズン対策》 ※ボツボツと花粉症が目立ち始めましたが、主治医より処方された薬を飲んでいるのに昨年より効かなくなったという方が時にあります。以前は朝食後に飲んだら効いていたのに最近は効かなくなり市販薬を追加で飲む事があるそうですが、これは薬が重複します... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-24

産後の肥立ちを快適に

イメージ

 《産後の不快感を漢方薬で改善しましょう》 ※出産後の心身の不調改善にも漢方薬がお薦め。《産後の肥立ちとは》※『産後の肥立ち』とは妊娠して出産するまでの約10カ月の間に大きく変化した女性の体が妊娠する前の体に回復する事です。出産後の心身のケアーをしていないと多種多様... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-19

老化の原因=AGEs(終末糖化産物)

イメージ

 《老化の原因物質『AGEs(終末糖化産物)』》 ※漢方には『抗老防衰』と言う言葉が今に伝承されています。老化にあがらい、衰えを防ぐとの意味。この『抗老防衰』に役立つ方法の一つが『活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)』。※近年、富山大学大学院理工学... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-11

三種類の生薬で『元気』と『潤い』を漲らせましょう

イメージ

 《早くも『熱中症』が発生》 ※『熱中症』対策に好評な漢方薬と言えば『麦味参顆粒』が有名です。☆『寒暖差疲労』にも『麦味参顆粒』を当薬局では推奨しています。 《麦味参顆粒は、こんな時・こんな方に薬剤師が推奨中の漢方薬》 ※普段は運動していないのにゴルフだと早... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-06

寒暖差疲労

イメージ

 花冷えの季節は『寒暖差疲労』に要注意 ※最近の『寒暖の差』は大きいですね、このような時に『自律神経失調症気味』な方が増えます。 《基礎体温、36.0度以上を維持していますか?》 ※寒暖差疲労にならないためには先ず、基礎体温を36℃以上に維持しましょう。 ... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-05

早くも花粉症、多々発症

イメージ

 《花粉症、多いです》 ※今年は桜の開花が早いようですが、同時に『花粉症発生』も早いようです。 《花粉症対策には粘膜に『鎧』を!》 ※このイラストの緑の部分が皮膚や粘膜を『邪(花粉・多々のアレルゲン、刺激物、温度差等)』から護ってくれる『衛気』。☆この衛気が『鎧... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-02

春は自律神経失調症気味になりやすい季節

イメージ

 《春のプチ不調》  《こんな不快感、感じていませんか?》 《こんな不快感、感じたら先ずは『基礎体温測定』しましょう》※生理期・低温期に体温が『36.0℃以下』ならば、先ずは『冷え症』を改善してみませんか? 《冷え症改善のための基本漢方薬がコ... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-03-30

血管力

イメージ

 《健康長寿のために『血管力アップ』》 ※阪神の小林繁投手が心筋梗塞で亡くなったのは57歳、そして最近では俳優の大杉漣さんが急性心不全で亡くなりました。漢方的には瘀血が一因。《活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善して血液循環を改善する事)で『血管力』をつけましょう》... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-03-28

『羚羊角』と『遠志』のパワー

イメージ

 《こんな時に『頓服薬』としても役立ちます》 ※こんな時に『カフェイン配合』の栄養ドリンクやエナジードリンクに依存していませんか?☆世の中の『三大中毒』・・・「ニコチン中毒=タバコ」、「アルコール中毒=飲酒」、そして「カフェイン中毒」。『毒に中る』と書いて『中毒』。... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-03-20

慣れない環境変化

イメージ

 《転勤・修学での転居のシーズン》 ※春は転勤・修学での転居の季節、そして陽気の加減での自律神経失調症多発の季節でもあります。☆このような季節にはイラストのような不快症状が多発します。 《こんな時に当薬局で長年推奨している漢方丸薬》 ※救心感應丸 氣   30包... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-03-19

KANPOU煎専堂=髙松市第一号認定薬局

イメージ

 《これ、見たことありますか?》 ※漢方って『飲みにくい』・『手間がかかる』・『難しい』・・・・、こんなイメージがありますが、セルフで簡単に煎じられます。☆専門知識のある漢方専門の『漢ムリエ認定薬剤師』が当薬局には常勤しています。 《漢ムリエ認定書》 ※高松市で... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-03-13

1件~15件(91件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自動車免許の更新が無事に出来ました

75歳過ぎての自動車免許更新、いろいろと検査があるらしいと...

H.Y
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(30

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏に多発する脳梗塞対策
イメージ

 《盛夏に向けての養生》 《盛夏は『発汗過多』のシーズン》※最近、亡くなられた歌手の方...

[ 専守防衛=未病先防 ]

チャイナビュー234号
イメージ

 《中国をより深く知る》 ※中国探訪=国際都市・長安の盛衰※玄宗と楊貴妃の時代詳しく載ってい...

[ 健康情報誌 ]

今から対策、『熱中症』
イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆...

[ 漢方薬アラカルト ]

今は飽食の時代=食積に要注意
イメージ

 《過食は万病の源、特に生活習慣病》 ※『食積』とは☆正常な消化能力がありながら、『食べ過ぎ』や『消...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

そろそろ『青梅』が旬
イメージ

 《今年も作りましょう=青梅の液体酵素漬け》 ※もうすぐ『青梅』が旬です、地産地消の青梅を液体酵素『本...

[ 身近な健康法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ