>   >   >   >   >   >  漢方薬アラカルト

コラム一覧 :漢方薬アラカルト

1件~15件(35件)

過去の15件

耳鳴り・聴力低下・めまい

イメージ

 《西洋医学が苦手な耳の不快感》 ※春から初夏にかけて悪化しやすいのが『耳鳴り』。この不快感は御本人にしか体感できない不快感の一つです。いくら他人に訴えても理解してもらえません。原因は、お一人お一人様々ですし『キーン』と言う高い音、『ブーン』と言う低い音、これらが混... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-04-25

大丈夫ですか?、いびき・無呼吸

イメージ

 《自覚症状が少ないですが・・・》 ※この『いびき』・『無呼吸』って、御本人様は気付いていないことが多々あります。これらの原因には『痰湿』・『肥満』が考えられます。※治療の方法☆身長(m)×身長(m)×22、例えば『身長=1.7m』の方1.7×1.7×22≒64㎏この理... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-04-24

自分で煎じる漢方薬(第二類医薬品)

イメージ

《御自身に最適な漢方薬を薬局内で御自身で簡単に煎じて服用できます》※この幟が目印。1回分=税込で『378円』、喫茶店でのコーヒー「一杯」より『お手軽』です。※このシールが『KANPO煎専堂』専門薬局の証です。※美肌の漢方薬として古から伝承されている『桂枝茯苓丸科... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-04-14

《当薬局で試飲出来ます》

イメージ

 《『花冷え』の季節です》 ※春の言葉に『花冷え』があります。これから本格的な春、そして夏。『冷え』に敏感な方にとっては要注意の季節です。『冷え』を改善するにはナント言っても『液体の漢方薬=婦宝当帰膠』の『お湯割り』を当薬局では長年、推奨中!※婦宝当帰膠は盛夏でも... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-04-12

高血圧治療にも漢方薬は効きます

イメージ

 《ダラダラと降圧剤を漫然服用していたら・・・》 ※当薬局に高血圧で『降圧剤』の処方せんを持ち込まれている方の多くは何年も続けて服用されています。  当薬局では『処方せん薬』に頼るのではなく、生活習慣、特に食生活の改善と主治医が処方されている『処方せん    薬』と併用... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-03-14

ストレス緩和にも漢方薬を!

イメージ

 《ストレスを化学薬品で暈かすより漢方薬で克つ》 ※『ストレス』を『検査する方法』も『単位』も存在しません。  西洋薬はストレスを治すのではなく感じさせなくさせるだけかも。※漢方の悠久の歴史は『抗ストレス作用』のある方剤をストレスのタイプ別に対処します。 《ス... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-03-10

漢方ダイエット

イメージ

 《『心と体』に『やさしい』ダイエット》 ※『春一番』が吹いたら・・・、春は近くに来ています。  春になると『薄着』となり『体型』が気になります。  巷には多種多様な『ダイエット』が流行っていますが効果は・・・・・・・・・効果は? 《こんな漢方薬と生薬エキス... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-03-02

起死回生の妙薬

イメージ

 《40歳過ぎたら手元に『1丸』》  《牛黄清心元の『5つの作用』》 ☆心機能調整  ☆神経調整  ☆内蔵機能賦活  ☆血圧調整  ☆体内毒素の解毒・排泄作用☆動物性生薬  ☆植物性生薬  ☆金箔(鉱物性生薬)  ☆蜂蜜など『27種類』の生薬配合の伝統漢方薬※以... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-02-22

花粉症対策は今から

イメージ

 《今年の『花粉症・・』要注意》 ※年々、『花粉の飛散量』って増えていくようです。化学薬品での対策や治療には『主作用』の陰に潜んでいる『副作用』が心配ですね。『漢方薬』や『自然の恵みエキス』には、このような『副作用』はありません。※私達は一人一人『お顔』が異なる... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-02-20

『赤い顔』気になりませんか?』

イメージ

もうすぐ『春爛漫』、万物が天に向かって息吹く季節ですね。しかし、この季節は『木の芽立ち』の季節でもあります。☆慢性疾患ね勢いづきます☆皮膚の炎症は悪化します 《赤い顔、今から改善しておきましょう》 ※一般的な西洋医学ではステロイド(副腎皮質ホルモン)剤を繁用しますが... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-02-14

鼻づまり治しましょう

イメージ

 《鼻の炎症にも漢方は効く!》 最近、『口呼吸(口をポカンと開けている)』・『鼻をしょっちゅうススッている』・『鼻をビーと、かんでいる』若者を多々見かけます。慢性的な『鼻炎』のようです。今年は驚異的な花粉飛来(毎年、ニュースになります)とか。高価な高価な花粉防止のマス... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-02-13

骨粗鬆症

イメージ

 《骨粗鬆症は閉経後の女性に多い病気》 ※薬局で『調剤業務』を運用していましたら、時に『骨粗鬆症治療剤』が書かれた『処方せん』が持ち込まれます。  昔は、この手の『処方せん薬』は『1日1回服用』だったのが『週に1回服用』、今は『月に一回服用』で事足りるとか。  作用機... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-02-08

《2000年の歴史のある漢方薬》

イメージ

 《歴史がエビデンス(evidence)=確証を確定》 貴方は『血圧を下げすぎていませんか?』化学薬品の『降圧剤』は『情け容赦なく』、一方的に血圧を下げますが『生薬エキス』は『適正に血圧を維持』してくれます。2000年もの間、『廃れることなく』伝承されている漢方薬が『... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-01-13

冷えに負けての痛みの緩和

イメージ

 《満1.360歳の漢方薬=独歩顆粒》 化学薬品では100歳超えた薬って・・・・・・・。さすがに悠久の歴史を誇る漢方薬ですね。西暦652年に生まれた漢方薬が『独歩顆粒』です。腰や膝が痛い時、温泉でシッカリ温まると痛みが緩和するのは『冷えに負けている証』のひと... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-01-12

足腰の『弱り』・『痛み』を漢方で解消

イメージ

 《独りで歩けるようになると言う漢方薬》 ※これが『独歩顆粒』・・第2類医薬品 60包税込価格=¥8.640※私の体験平成28年3月、持病の『腰部脊柱管狭窄症』が悪化し、ナント『変形性膝関節症』まで併発。独りで歩けなくなり主治医より『松葉杖』を使用せよとの... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-01-11

1件~15件(35件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腰部脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

主治医の診断では(腰部脊柱管狭窄症)そして後から膝が痛くな...

I.T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
春の連休御案内
イメージ

 《春の連休の御案内》 ※申し訳ございませんが『4月29日(土曜=昭和の日)』~『5月7日(日曜)』まで当薬...

[ 薬局の『休み日』のお知らせ ]

心のビタミン?
イメージ

 《疲れた心を癒やす生薬エキス》 肝臓や腎臓の元気度は血液検査で判明しますが『心』の元気度は検査する方法...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

フレイル対策にも漢方薬と自然の恵みエキス
イメージ

 《フレイルとは?》 ※フレイルとは『老年性症候群』のことです。 《自己チェック》 ☆3点以上で...

[ 専守防衛=未病先防 ]

耳鳴り・聴力低下・めまい
イメージ

 《西洋医学が苦手な耳の不快感》 ※春から初夏にかけて悪化しやすいのが『耳鳴り』。この不快感は御本人...

[ 漢方薬アラカルト ]

大丈夫ですか?、いびき・無呼吸
イメージ

 《自覚症状が少ないですが・・・》 ※この『いびき』・『無呼吸』って、御本人様は気付いていないこと...

[ 漢方薬アラカルト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ