>   >   >   >   >   >  漢方薬アラカルト

コラム一覧 :漢方薬アラカルト

1件~15件(75件)

過去の15件

喘息でお困りではないですか?

イメージ

 《寒さに負けた『喘息』にも漢方薬は効く!》 ※冷たい空気に当たると☆咳が出る ☆ゼイゼシする ☆息が吸えない  ☆横になると咳が出る・・・ 《こんな時にお薦めの漢方薬》 ※『平喘顆粒』・・90包=9.504円(税込)☆効能・効果(2歳から服用出来ます)足... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-02-19

漢方薬と基礎体温

イメージ

 《基礎体温を測定しましょう》 ※『不妊対策』には『基礎体温の測定』が自己管理の基本中の基本。 《漢方薬服用前と服用開始後の変化を確認》 ①生理期・低温期の体温が36.0℃以下☆お薦めの漢方薬=『参茸補血丸』                           ... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-02-15

酒呑みの水毒(痰)解消

イメージ

 《酒を呑んだ翌朝の痰》 ※楽しい酒・美味しい酒・・・、最近呑んだ翌朝に『痰』が、からみませんか、時に咳き込んだりしませんか。※なんとか痰がでるとスッキリするのですが・・・。これは明らかな『水毒に負けている証』です。☆酒毒から身体を護ってくれる自然の恵みエキス... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-02-14

KANPOU煎専堂 セルフ煎じ

イメージ

 《ネットサーフィンしていたら、こんなキティーちゃん見た?》 現在、四国で二つの薬局、髙松市内では当薬局だけ、そして当薬局には『漢ムリエ薬剤師』が常勤です。 《漢ムリエ資格の薬剤師が貴方に最適な漢方煎じ薬をチョイス》 ※冷え冷えを改善する『漢方煎じ薬=当帰芍薬... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-02-08

飲むカイロ?

イメージ

 《漢方薬で『飲むカイロ?』と呼ばれている丸薬》 ※今年の寒波は強いようで讃岐路の郊外は雪景色。寒くて乾燥すると流行るのが『インフルエンザ』。『寒い!』と感じた時は『自己免疫力』が大きく低下している証の一つ。※女性で『生理期』・『低温期』で体温が36℃以下、男性で体温... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-02-05

早老化予防にAGEs(終末糖化産物)対策

イメージ

 《年相応の『老人力』を維持しましょう》 ※最近は実年齢よりも早く老ける『早老化』が増えています。※漢方理論には『抗老防衰』と言う言葉が今に伝承されています。《太古より漢方では早老化予防=抗老防衰のために『補腎』と『活血化瘀』が考えられていました》《近代では『AGEs(... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-01-30

漢方《煎》専科

イメージ

 《煎じ薬をカンタンにセルフで!》 《当薬局には煎じ薬の専門『漢ムリエ認定薬剤師』が常勤》 《漢方薬は安心安全、カンタンに煎じられます》  《漢方薬の煎じ方》 ※パッケージの中から『煎じ漢方薬』の入った和紙袋を取り出し、一カ所に切り込みを入れ専用ポッ... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-01-30

冷えると悪化する『痛み』

イメージ

 《冷えると痛みが増悪する》 ※『関節痛』や『筋肉痛』などの『痛み』が寒さが厳しくなると悪化する事があります。安易に『消炎鎮痛剤』の服用回数や服用量を増やしますと主作用の影に潜んでいる副作用に負ける事があります。※このような時、漢方では『寒=冷え』に原因があるとして... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-01-24

印籠薬、持っていますか?

イメージ

 《昔の武士は印籠薬を携帯していた》 ※昔は119番もなく薬局・病院も無い時にイザと言う時に役立っていたのが『印籠薬』。このような薬の一つが『牛黄清心元』です。 《これが『牛黄清心元』》 ※この牛黄清心元のプラスチックケースはパッキン付ですから開封後でも『密... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-01-10

女性の魅力を漲らせてくれる漢方薬

イメージ

 《女性の魅力を漲らせてくれる漢方薬》 ※古より『女性の聖薬』として崇められてきた生薬=『当帰』! 《これが当帰》  《当帰の二つの作用》  《女性の魅力を漲らせるには『冷え』を改善!》 ※当薬局では、いつでも『婦宝当帰膠の試飲』が出来ま... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-01-09

陳皮=ノビレチンがテレビで放映

イメージ

 《ミカンの皮は『陳皮』という立派な生薬》 ※陳皮・・・中国では『陳皮』、古いものほど優れ物として尊ばれ「類い希=陳」との意味で『陳皮』とか。☆味=辛・苦  性=温☆薬理作用=理気建脾・燥湿化痰※これから旬となるのが『温州ミカン』、実はこのミカンの皮が『陳皮』... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-12-09

産後の肥立ち

イメージ

 《『産後の肥立ち』って御存知ですか?》 ※『産後の肥立ち』、これは産後の養生を間違えると母体に多様な悪影響が出る事への戒めです。『産後の肥立ち』を間違えると、『母乳の出』が悪くなったり『血の道』そして『自律神経への負担大』等になります。 《こんな不快感が出やすくな... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-12-04

補腎で元気いっぱい

イメージ

 《もう一つ元気が漲らない時には『補腎』》 ※漢方の世界では『肝心要』ではなく『肝腎要』と書きます。肝臓と心臓ではなく腎臓が健康長寿の『要』なのです。 《肝臓を元気にするのにはスクアレン=『サメミロンカプセル』》 ※当薬局で長年、皆様に推奨していますスクアレン... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-11-24

頑固な肩コリ・慢性的な肩コリ

イメージ

 《肩コリを侮るべからず》 ※私達の多くは『肩コリ』に悩んでいます。これは身体に『瘀血がある証』の一つ。☆肩コリを放置していたら・・・☆肩コリに湿布薬や筋肉弛緩剤をダラダラ使用したり服用していたら・・・ 《未病先防》、大事に... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-11-14

頑固な痛み・しびれにも漢方薬

イメージ

 《毎年、寒くなると腰痛・膝痛・神経痛が悪化する方に朗報》 ※『痛み』は大きなストレスとなり心身に悪影響を与えます。痛いからと消炎鎮痛剤をダラダラ服用していたら肝臓や腎臓に大きな負担となりAST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP値が上昇したりeGFR(推算糸球体濾過量)値が下がってき... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2017-11-09

1件~15件(75件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

中性脂肪が下がった

血圧は、すみれ漢方施薬院薬局からの漢方薬で「脈圧」・「平...

M.M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(25

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
糖尿病、合併症予防に注目される『丹参』
イメージ

 《糖尿病腎症》 ※糖尿病患者さんの数は平成26年の調査で『316.6万人』。☆糖尿病に伴うた『三大...

[ 専守防衛=未病先防 ]

自律神経失調症改善にも動物性生薬
イメージ

 《自律神経失調症気味になっていませんか?》 ※こんな不快感を感じたら自律神経失調症気味かも。☆慢性...

[ 動物性生薬 ]

喘息でお困りではないですか?
イメージ

 《寒さに負けた『喘息』にも漢方薬は効く!》 ※冷たい空気に当たると☆咳が出る ☆ゼイゼシする ☆息が...

[ 漢方薬アラカルト ]

健脳生薬ってナニ?
イメージ

 《健脳生薬って御存知ですか》 ※『健脳生薬』とは『脳の働きをよくする効果のあるという生薬』 《...

[ 動物性生薬 ]

チャイナビュー№231入荷
イメージ

 《チャイナビュー№231》 ※『中国探訪』=中国広西チワン族自治区南端の美しい海辺=『北海市と漍洲...

[ 健康情報誌 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ