>   >   >   >   >   >  漢方薬アラカルト

コラム一覧 :漢方薬アラカルト

1件~15件(101件)

過去の15件

イメージ

 《肛門科へ行く前にエンジュの実を、お試し下さい》 ※『痔』、痔と蓄膿は切っても治らない、痔の文字はヤマイダレに寺と書く=死んで寺に行くまで治らない病とも言われています。☆痔を甘く見ていて拗れて『痔瘻』になったら大事、『イボ痔』・『切れ痔』のうちに先ずは伝統漢方薬を... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-07-19

《隠れ「冷え症」にご用心》

イメージ

 《盛夏、ドンドン冷房は強くなります》 ※近年、多発する室内での『熱中症』の増加、マスコミは熱中症対策としてエアコンは朝までスイッチオンを啓蒙していますが『冷え過ぎ』には要注意です。☆エアコンの冷え、徐々に体を冷え過ぎにしていきます、夜の風呂で脇の下に手を当てると冷たく... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-07-18

土用の丑=『鰻』、いえいえ『牛黄+朝鮮人参』

イメージ

 《夏バテ対策に『土用の丑=鰻?』》 ※今年の『土用の丑』は7月20日の金曜日。香川県の偉人・・奇人?『平賀源内』さんが夏に売れない鰻を世間に『土用の鰻』として知らしめたとか。でも鰻が本当に美味しいのは夏バテで弱った夏よりはナンといっても『晩秋』。なんで夏バテして... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-07-17

産後の肥立ちと漢方薬

イメージ

 《産後の肥立ち》 ※昔、若い頃に漢方研修で訪れていた四川省成都、ここではお産したらその日のうちに退院とか。日本では信じられない事でした。『産後の肥立ち』・・・、西洋医学では、この期間を『産褥期』と呼ぶようで絶対安静を必要とします。しかし、上のお子様がいたり自営業等... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-07-10

《もうすぐ盛夏、熱中症対策!》

イメージ

 《熱中症は年々、増加傾向》  《熱中症対策にはナント言ってもコレ↓》 ※麦味参顆粒☆効能効果・・次の場合の滋養強壮 虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期 《麦味参顆粒は3種の生薬エキス配合》 ※この漢方薬、元々は... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-27

すごい名前の漢方薬

イメージ

 《こんな時に最適な漢方薬が古より伝承されています》  《『天王補心丹』という漢方薬があります》 ※こんな時に役立ちます☆体質虚弱な人の次の諸症不眠、不安感、肩コリ、息切れ、動悸、口渇、便秘※古典に載せられている『天王補心丹』の記述を現代風に解釈すると... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-26

『肺MAC症(非結核性抗酸菌症)』対策

イメージ

 《なぜか年々、増え続けている『肺MAC症(非結核性抗酸菌』》 ※肺MAC症(非結核性抗酸菌症)とは☆結核菌以外の抗酸菌が肺に感染して起こる病気です。非結核性抗酸菌は土や水などの環境中にいる菌で、結核菌とは異なり人から人には感染しません。菌の種類は150種類以上ありますが、非結... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-19

夏場に多発する『脳血管障害』

イメージ

 《梅雨が明けたら盛夏》 ※盛夏には☆発汗過多・・・・・・・・・・・・・・・血液ドロドロ☆冷房の除湿作用・・・・・・・・・血液ドロドロ☆夏バテで元気の気の消耗・・・血液循環悪化※『脳血管障害』が多発する原因となります。※対策として『活血化瘀(体内の瘀血(ヘドロ)を改善し... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-05

満量処方の麦門冬湯

イメージ

 《満量処方の『麦門冬湯煎液パック』》 ※効能効果☆痰が切れにくく時に強く咳き込み、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症空咳・気管支炎・気管支ぜんそく・咽頭炎・しわがれ声※用法用量☆15歳以上 1日2回、1回1包「お湯割り」で飲みます。 《いちいち煎じるの... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-04

中医学で梅雨・夏を元気に乗り切ろう

イメージ

 《讃岐路は梅雨入り》  《梅雨時の『湿気』と『蒸し暑さ』に負けた時にはコレ》 ※夏の感冒・暑さによる食欲不振・急性胃腸炎・下痢・全身倦怠。当薬局では『嘔吐』にもお試し戴いています。 《真夏の暑さに負けた時には》 ※虚弱体質・肉体疲労・病中病... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-06-01

今から対策、『熱中症』

イメージ

 《本格的に『熱中症シーズン』です》 ※年々増加している『熱中症』、時には命に関わる事があります。☆先日亡くなった男性歌手、残念でしたが彼は「水を飲まずにサウナ」・「1日の喫煙量が3箱」とか。このような事は『脳梗塞』・『心筋梗塞』の要因となります。 《冷房過多も血液... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-22

頑固な『後鼻漏』対策

イメージ

 《後鼻漏にも漢方薬》 ※立っていると気にならないのに横になるとノドの奥に鼻汁が流れ落ちる『後鼻漏』、なかなか改善されない疾患の一つ。『後鼻漏』、時にはノドを刺激して『咳』が出たりしますし、この咳は『咳止め薬』が効かないことが多いようです。 《治療法は『熱』が『冷え... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-05-10

母の日に『健康の花束』をプレゼント!

イメージ

 平成30年5月13日(日)は『母の日』 ※五月の第二日曜日、今年は13日が『母の日』。☆毎日頑張っている、お母さんに『健康の花束』をプレゼントしましょう。 《当薬局が推奨しています『健康の花束』》 ※女性の『聖薬=当帰』という生薬が主成分の液状漢方薬が『婦宝当... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-28

早くも『熱中症』発症

イメージ

 《連休の『熱中症対策』に漢方薬》 ※発汗過多、そして冷房過多のシーズンになると毎年話題になるのが『熱中症』。☆こんな時に役立つ漢方薬の一つが『生脈散』、「麦門冬」・「五味子」・「人参」の三種類の生薬配合です。 《生脈散=日本では『麦味参顆粒』》 《... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-26

クシャミ・鼻水・花粉症

イメージ

 《本格的な花粉症シーズン対策》 ※ボツボツと花粉症が目立ち始めましたが、主治医より処方された薬を飲んでいるのに昨年より効かなくなったという方が時にあります。以前は朝食後に飲んだら効いていたのに最近は効かなくなり市販薬を追加で飲む事があるそうですが、これは薬が重複します... 続きを読む

漢方薬アラカルト

2018-04-24

1件~15件(101件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

声が出ました

別に風邪をひいたわけではないのに急に声が出なくなりました...

M.U
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
イメージ

 《肛門科へ行く前にエンジュの実を、お試し下さい》 ※『痔』、痔と蓄膿は切っても治らない、痔の文字...

[ 漢方薬アラカルト ]

《隠れ「冷え症」にご用心》
イメージ

 《盛夏、ドンドン冷房は強くなります》 ※近年、多発する室内での『熱中症』の増加、マスコミは熱中症対策...

[ 漢方薬アラカルト ]

土用の丑=『鰻』、いえいえ『牛黄+朝鮮人参』
イメージ

 《夏バテ対策に『土用の丑=鰻?』》 ※今年の『土用の丑』は7月20日の金曜日。香川県の偉人・・奇...

[ 漢方薬アラカルト ]

肝性口臭
イメージ

 《口腔ケアーは、しているのに『口臭』が気になる》 ※ニラとかニンニクなどを食べていないのに、『口臭...

[ 専守防衛=未病先防 ]

腸を元気にすると心身も元気になれる
イメージ

 《お腹(腸管)、慢性炎症になっていませんか?》 ※快食・快眠・快便の実践は健康維持の基本中の基本、特...

[ 身近な健康法 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ