>   >   >   >   >  プロフィール

プロフィール

佐藤宣幸プロの一番の強み

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

薬剤師の知識の上に、臨床検査技師の知識を重ねた指導ができるのが強み。健康相談にも力を入れていて、訪れる人の多くは食生活の改善をしながら漢方薬を服用すると健康になる場合が多くあります。

1975年 第一薬科大学生薬学教室卒業(木村孟淳教授)
定期的に北京、上海、成都、ハルピン等の中医薬大学で学術研修後、現在は中国の漢方専門医師を招き、学術研修会に参加
学校薬剤師
保険薬剤師
国民健康保険薬剤師
臨床検査技師

  • 35年以上、学校薬剤師として高松市立幼稚園や小中学校で環境衛生や学校保健委員会を指導。
  • 平成10年よりNHK文化センター(NHKカルチャー)講座「漢方の知恵で正しい食養生を」の講師継続中。
  • 又、同時にリビングカルチャー高松「漢方の知恵で健康と若さを保つ」の講師も継続中。
  • 県内コミニティセンターでの漢方健康講座講師。
  • 三木町は全てのコミニティセンターで健康講座を終了。
  • 国民健康保健組合の健康教室講師。
氏名 佐藤宣幸(さとうのぶゆき)
会社名 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
事業内容 漢方健康相談・健康食品相談、保険調剤(処方せん運用)
取扱分野 漢方薬・要指導医薬品(精力剤)・指定第二類医薬品・第②③類医薬品・健康食品・ハリウッド化粧品・排卵日検査薬
特徴 薬剤師に臨床検査技師の知識をプラスしたアドバイスが魅力。
当薬局の管理薬剤師は34年前、(1986年)日本中医薬研究会の創立記念「北京大会(会場=北京人民大会堂)」に参加経験のある残り少ない薬剤師会員の一人です。
香川中医薬研究会では創立記念大会(北京人民会堂で開催)参加の薬剤師は私一人だけになりました。
現在でも中医師(中国の漢方医)を定期的に招聘して最新の中医学について研鑽しています。
職種 薬剤師・臨床検査技師
住所 〒760-0017
香川県高松市番町1−9−4
電話 087-851-2366
営業時間 9:00~19:00
定休日 土日祝(土曜は予約の場合は応相談)
ホームページ http://www.sumirekanpou.com
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
婦人の宝=聖生薬『当帰』の膠
イメージ

 《子宝を授かるための漢方薬の基本》 懐妊の基本となる漢方薬があります。①『生理期』・②『低温期』・③『...

[ 漢方薬で不妊治療 ]

『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』
イメージ

 《『紅豆杉=タキサス=白豆杉』の『煎じタイプ』》 粒が飲みにくい方には『紅豆杉=タキサス=白豆杉』...

[ 『紅豆杉=タキサス=白豆杉』 ]

腎虚
イメージ

 《女性の腎虚》  《男性の腎虚》 こんな時には『腎臓を元気にする』=『補腎』が必要。漢...

[ 専守防衛=未病先防 ]

ノロウイルスが流行っています
イメージ

 《職場や家庭でノロウイルス感染症が発生したら》 ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムに...

[ 《こんな記事が載っていました》 ]

緑内症
イメージ

 《失明する危険性アリ→緑内障》 当薬局に『緑内障治療点眼薬が記入された「処方せん」』を定期的に持参さ...

[ 眼の病気 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ