セミナー・イベント情報

NHK文化センター『漢方健康講座』

  • [ 医療・健康 ]
開催日
概要

NHK文化センター高松教室

『夏の無理は秋に出る』。
夏の無理とは、どのようなことでしょうか?
西洋薬の多くは効くかも知れませんが治せないものが多いと思います。
ダラダラトと漫然服用していたら西洋薬の特徴は『両刃の剣』、武器としては効率良いですが、薬では片方の刃で病気を切れば(主作用で治療する)、片方の刃で元気な体を傷付ける事(副作用)が懸念されます。
武器に例えるならば日本刀(漢方薬)は片方の刃だけで病気を切るだけですから副作用の心配は少ないと思います。
漢方には『未病先防』と言う言葉が伝わっています。
『未病』、即ち『病に罹る前』に『先防』、つまり先に『防ごう』と言う意味です。
香川県、私達の将来を担う小学四年生の血液検査でナンと1割程度に
☆糖尿病予備軍
☆高脂血症予備軍
☆酒を呑まないのにナゼかAST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTPのγ-GTPが高いと言う肝機能障害
このような結果が発表されました。
原因は不明とか。
でもこれらの大きな原因として考えられるのは日々の生活習慣、特に『食生活』です。
『朝食抜き』を異常と思わない若いパパ・ママさんが増えているとか。
そして食事内容は私から見たらビックリするものばかり。
時に孫達と外食したら緑や黄色の甘い甘いジュースが飲み放題なんて爺様は絶対にダメと言っています。
食事はシッカリ噛んで唾液をイッパイ出して食べていたら食後のお茶だけで充分です。
『地産地消』・『身土不二』そして『四里四方に病なし』・・・・・・・、この言葉は私の講座で正しく説明しています。
『医食同源』、この食には漢方の生薬も含まれているのです。
そもそも『生活習慣病』って化学薬品では治らないと思います、治らないから『死ぬまで飲み続け』て飲めなくなったら引力の力での強制的摂取=『点滴』ですね。
当薬局は広域病院に近いですから幼少の頃、親類の叔父や叔母が病院で「点滴しはじめた」となったら親は喪服の用意をしだしたのを覚えていますが、今は簡単に『栄養点滴』なるものがあります。
口から食べられてこそ栄養は身につくと思います。
『食べる』、食欲は生きるための本能。
食欲が落ちると時にステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の副作用(胃粘膜への刺激)を利用して無理矢理食欲を出させる方法がありますが、漢方薬には古より正しい食欲を出させると言う『六君子湯』・『補中益気湯』などが今に伝わっています。
そして『医食同源』の食養生の知識も生薬同様に今に伝わっています。

※このNHK文化センターでの私の講座『漢方の知恵で正しい食生活を、聞いて納得、知って健康』を聴講されて健康管理に役立てて下さい。
『平成10年』より無遅刻・無欠勤でNHK文化センターで講義しています。

※聴講申込はNHK文化センター事務局へお願いします。

佐藤宣幸(生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

  • 電話:087-851-2366 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:土日祝(土曜は予約の場合は応相談)

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐藤宣幸 さとうのぶゆき

漢方の理論に基づいた食養生で健康な生活を目指す(1/3)

 高松市役所のすぐ近くにある「すみれ漢方施薬院薬局」の薬局長・佐藤宣幸さんは、「無料漢方健康相談(要予約)」で生活習慣や食事の時間帯のリズム、暮らしの中で抱えている悩みなど、1人ひとりの話をじっくりと聞くことを大事にしています。まず“漢方理...

佐藤宣幸プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

漢方理論に基づいた“食養生”で心身を健康に

会社名 : 有限会社 すみれ漢方施薬院薬局
住所 : 香川県高松市番町1−9−4 [地図]
TEL : 087-851-2366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-851-2366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

夏バテの季節

今年は6月18日の日曜日が父の日とか。 子供のアトピー性皮膚...

G.S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏バテは今から増えます
イメージ

 《『お盆』過ぎても西日本は酷暑》 『お盆』が過ぎ東日本は『もどり梅雨』のような天候なのに、讃岐路は...

[ 漢方薬アラカルト ]

《夏にこそ『活血化瘀』を》
イメージ

 《血液がドロドロになりやすい夏にこそ活血化瘀》 ※夏は発汗過多で血液ドロドロ、冷房の除湿作用で血液ド...

[ 漢方薬アラカルト ]

夏バテ対策
イメージ

 《猛暑ではなく酷暑》 ※人間の体温より気温が高いとか、これはアブナイ。こんな時に食欲旺盛な方は問題...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

ノボセ・ホテリを改善
イメージ

 《夏の無理は秋に出る》 ※夏に心身に『濁熱』が籠もったまま秋を迎えると『濁熱』から『濁火』となり心身不調...

[ 専守防衛=未病先防 ]

《スクアレンの作用とは》
イメージ

 《鮫の肝油ではなく肝油から精製物が『スクアレン』》  《これらが確定しているスクアレンの作用》 ...

[ 薬剤師が推奨しているサプリメント ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ