コラム

 公開日: 2017-11-01 

もうすぐ本の発売です

私の書いた本がもうすぐ出版されます。
11月10日に発刊予定です。タイトルは、「指導のすべてがわかる本」です。
医療機関や薬局の個別指導に関する解説書です。

個別指導と言っても、いろんな指導がありますね。
おそらく一般の方は、塾の個別指導が思い浮かぶ方が多いと思います。
全くこれとは違うものです。

医療機関や薬局が新規に開業した場合、必ず行政、具体的には地方厚生局の個別指導を受けなければなりません。また、新規でなくても、普通より高い点数が多い医療機関もその対象となります。
これは医療機関や薬局が作成・提出したレセプトを行政が収集して、医療機関等にカルテやいろいろな資料を持参させて、その内容を突き合わされて、不正や不当なものがないか細かく確認されるものです。

皆さんが医療機関に診察に行くと保険で治療を受けられますよね。
この保険というのは、医療費を払ってくれる保険者と医療機関や薬局との公的な契約で、
定められた種々の法令を遵守して請求したら医療費を支払いますという契約になっています。
ですから、この契約がしっかりルールどおりに請求されているかを確認するのが個別指導なんです。
これがちゃんと守られないと、医療費を返金させられることもあり、不正や不当が発覚すると、最悪な場合は保険の取消しとなります。
最長5年間保険で治療が出来なくなります。これは医療機関や薬局にとっては致命傷で、だいたいは潰れます。

こういうことがないように、いろんな対策や適切な保険請求をしなければなりませんが、これが大変でいろんな法律や規則を知らないとだめですし、請求方法も熟知しないといろんなペナルティがあります。しかも、この指導の方法は行政ではほとんど公表していませんので厄介です。
この行政のやり方や対策などをわかりやすく解説したのが本書です。
結構難しい本ですが、医科・歯科・薬局とこれらの事業に関与する会計事務所やコンサルタントの方には是非1冊持っていただきたいと思います。
自分の本の宣伝になってしまいましたが、次回は病院と診療所の違いについて簡単に説明しますね。

「指導のすべてがわかる本」

この記事を書いたプロ

デンタルアシスト

経営コンサルタント 多田慎二

香川県高松市木太町2469-1 ディアコート木太901 [地図]
TEL:087-887-5652

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修会の内容一覧

平成29年2月に香川県保険医協会主催で行った研修会です。歯周治療の流れの中での保険請求のポイント、増点につながるSPT及び歯周治療用装置の算定方法並びにその留意...

 
このプロの紹介記事
デンタルアシスト 顧問 多田慎二さま

約40年の経験と数多くの実績を活かし、的確かつ丁寧に歯科医院経営をバックアップ(1/3)

 「デンタルアシスト」はその名の通り、歯科医院に関する診療報酬請求をはじめ、経営面で全面的に医院をアシストする、県内でも希少なジャンルの会社です。歯科医院の事務長として活躍していた経験を基に、顧問である多田さんは県内外150以上の医院をコン...

多田慎二プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

約40年の経験と実績に基づき歯科医院経営をサポートします

屋号 : デンタルアシスト
住所 : 香川県高松市木太町2469-1 ディアコート木太901 [地図]
TEL : 087-887-5652

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-887-5652

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

多田慎二(ただしんじ)

デンタルアシスト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
医療機関の個別指導の解説書 「指導のすべてがわかる本」を出版しました
イメージ

いろいろと大変でしたが、先日ようやく僕の著書「指導のすべてがわかる本」を出版しました。本書は、医科や歯科...

研修会の内容一覧について

これまでに行った研修会の主な内容一覧をアップしましたので、ご覧ください。研修会又は講習会の内容は、各医院...

はじめまして
イメージ

本日よりマイベストプロ香川に登録されました多田慎二と申します。これからいろいろな医療の情報、とくに歯科関...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ