コラム

 公開日: 2017-05-19 

「絶対」が口癖の上司

先日、多様な人材活用(ダイバーシティ)に取り組みたいという企業様から、コンサルティングの依頼をいただきました。

打合せの中で、同じ部署内で2名、育休復帰をした社員が数カ月で退職していることを知り、該当部署の女性管理職の方に話を聞かせていただきました。

お話をききながら、原因の一つに、その方の言動も要因では?と感じました。
なぜなら、「絶対」という言葉を何度も使われる方だったのです。

「絶対」とは、反対が無い、反対を断つということです。
つまり正解は一つで、残りは不正解。

● 保育所からお熱で急に迎えに来て欲しいと言われたら、もちろん帰って良いけど、絶対に引き継ぎをしてからでなければならないと思う。
● たとえ子供が小さくても、自分が任された仕事は、絶対に責任をもってすべきである
● 私が育休復帰した時には、絶対に仕事の愚痴は言わなかった 等・・・。

どれもその方にとって、信念(=べき)といわれるようなものです。
そして、その信念(=べき)が相手に裏切られると、怒りが生まれます。

その方は、育休復帰明けの部下に対し「こうあるべき」という「べき」を沢山お持ちでした。
そして、絶対、自分は正しい、と主張をされていました。

自分に厳しいことは良い面でもあります。
でもその厳しさは、他人に目を移した場合、かなり厳しい基準となります。

当然ながら、多様な人材活用を行うには、多様性を認めなければなりません。
絶対的という観念を、減らす必要があります。

「自分には自分の価値観があるように、他人には他人の価値観がある」という考え方。

多様な人材活用に取り組む上で、制度構築や運用ルールの見直しは大切ですが、それ以前にまず、それぞれが多様性を受け入れるという社員の意識改革の大切さを改めて感じました。

この記事を書いたプロ

高松太田社労士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 谷川由紀

香川県高松市伏石町2176-29 [地図]
TEL:087-813-9891

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ 谷川由紀さん

働き方改革やアンガーマネジメントで職場環境をサポート(1/3)

 「社会保険労務士」とは、労務顧問や人事制度の構築をはじめ、就業規則作成、助成金申請等、企業における労務問題全般の代行業務を行うスペシャリスト。「高松太田社労士事務所」代表の谷川由紀さんもその一人です。 「社労士の業務は多岐にわたってい...

谷川由紀プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

育児介護と仕事の両立や女性活躍推進など、多様な働き方を支援

事務所名 : 高松太田社労士事務所
住所 : 香川県高松市伏石町2176-29 [地図]
TEL : 087-813-9891

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

087-813-9891

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷川由紀(たにがわゆき)

高松太田社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
精神論や自己啓発ではないアンガーマネジメント

アンガーマネージメント研修を開催すると、初めて学ぶ方が大半のため、「精神論的なもの?」「自己啓発の勉強?...

[ アンガーマネジメント ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ