コラム

 公開日: 2016-06-25 

二世帯住宅のポイント

二世帯住宅のプラン

二世帯住宅のプランで気を付けること。

誰でも思い付くことは、プライバシーの確保です。
二世帯の生活環境が違うため、お互いの干渉を少なくする必要があります。
お互いが必要な時に寄り添い、普段はそれぞれの生活空間で過ごせるようなプランニング
が理想ではないでしょうか?

適度な距離感が居心地の良い生活空間をもたらします。

敷地が広く、余裕があるならば別棟が良いかも知れません。

同一棟で、二世帯住宅を建てる場合は上記のプライベート空間を確保して
それぞれの家族が静かに過ごせるプランが必要です。

それには、音と振動音に注意しなければなりません。
また、過ごす時間帯が違うため(仕事からの帰宅時間や子供たち)、玄関からの動線に
注意して、遅い帰宅の場合でも気遣いせずに二階に行けるようにとか

階下の寝室の上に、騒音のする部屋を設けないとか

木造の建物で二世帯住宅を造る場合、意外とドアを閉めた時の振動音が柱などの
構造材を通して、振動音として建物内に響いたりします。

他にも、キッチンとか便所また洗面、浴室など充分考慮検討してプランニングが必要となります。

そのためには、それぞれの世帯の生活習慣のヒアリングがとても大切で重要になります。

お互いの家族がストレスなく、永く幸せに過ごせる空間作りはそのような経験をした
設計士との出会いも大切な要素かも知れません。


「築40年以上の古民家再生、木造住宅専門店」
有限会社 谷野設計
担当者:谷野 行範(タニノ ユキノリ)
TEL 0879-43-6807
FAX 0879ー43ー6816
メールアドレス : info@tanino-sekkei.co.jp

この記事を書いたプロ

有限会社 谷野設計 [ホームページ]

一級建築士 谷野行範

香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL:0879-43-6807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷野行範 たにのゆきのり

設計から施工、アフターまで“工事も頼める設計屋さん”(1/3)

 地元密着型の建築家、有限会社谷野設計の代表・谷野行範さん。ホテルの設計や公共建設も多く手掛ける谷野さんは、豊富な経験で培ったアイデアを生かした家づくりのプロです。最初の相談から設計・施工、アフターサービスまで、すべての窓口として一貫して携...

谷野行範プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

古民家専門店-古民家専用耐震診断・改修の一貫対応

会社名 : 有限会社 谷野設計
住所 : 香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL : 0879-43-6807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0879-43-6807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷野行範(たにのゆきのり)

有限会社 谷野設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

本当に縛りのない自由設計が出来たことに感謝!

マイホームを考えているとき、夫の職場の先輩が家を建て、と...

K・I
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古民家の耐震診断

 古民家の耐震診断 年末に実施しました古民家の耐震診断の様子をお話しします。先ず、古民家とは50年以上...

[ 古民家再生 ]

古民家の建替えを勧められる理由-古い木造に詳しい専門家に相談を。

こんにちは、谷野設計 谷野です。先日、高松市のサンメッセでナイスタウン出版社のイエプロ主催のイベント「...

[ 古民家再生 ]

耐震リフォームの間違い

 住宅のリフォーム 古い住宅では、建てる工法によりリフォーム(改修工事)の方法が変わります。コンクリー...

[ 住宅のリフォーム ]

木材の適材適所

こんにちは谷野です。今回は、住宅建築に使う木材についてお話ししたいと思います。建築に使う木材は、何種...

[ 古民家再生 ]

木材を通しての住宅耐用年数は?

 柱の乾燥方法で、強度と耐用年数が変わる こんにちは、谷野設計 谷野です。今回は、木材の乾燥方法を...

[ 古民家再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ