コラム

 公開日: 2015-06-11 

耐久性が高い家づくり~構造・間取り・気候がポイント

耐久性の高い家とは

2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により耐久性について具体的な認定基準が定められました。

耐久性の高い家とは、災害や腐食、腐朽などに強く,住宅の利用状況により、構造や設備の変更がしやすく、長期にわたり維持するための点検や調査を行う体制が整った家です。

日本の住宅の平均寿命は約30年。アメリカの約55年、イギリスの約77年。
お手本にしたいですね。

耐久性の高い構造・部材選び

耐久性の高い構造や部材による「構造の長寿命化」と、世代を超えて長期間暮らすことを考慮して間取りプランする「間取りの長寿命化」を組み合わせる必要があります。

その土地の風向き、風量、雨量なども調査・計算して、街(地域)や敷地・環境にふさわしい家を建てることも「高耐久性=長寿命化」には必須条件となります。

具体的な工法や建材はメーカーや工務店によってさまざまです。そして建てる土地の条件によって大きく異なります。予算とも相談しながら最適なパートナー選びが肝心です。

耐久性と気候・環境要素との関係

家の耐久性を高めるには「壁の中に湿気を溜めない(発生させない)こと」です。

壁の中や床下の湿気は、多くの場合雨水の浸入や結露、地面からの水蒸気などが原因です。壁の中の部材や配管・配線を腐食させ、錆を発生につながり、又木材の腐食や白蟻の発生につながります。

対策としては、外壁に通気工法を採用し、外壁内に湿気がこもらないようにすることで湿気の発生防止をします。

次に「雨水を浸入させないこと」つまり原因を絶つ事が大切です。

経年劣化、また濡れた状態が続くと外壁の損傷が早まります。防止するには建築段階で外壁側に透湿防水シートを施工、内側に二重防水を施す、暴風雨を想定して屋根と外壁の間や開口部周りの防水性を高めるなど、防水対策の必要があります。

そしてメンテナンス

定期的な点検やメンテナンスを怠らない事で、不具合を早期に発見・修繕ができ、長期間建物を維持することができます。
建てて「終わり」ではなく、建ててからこそ、その会社の実力・信頼が発揮されます。

この記事を書いたプロ

有限会社 谷野設計 [ホームページ]

一級建築士 谷野行範

香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL:0879-43-6807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷野行範 たにのゆきのり

設計から施工、アフターまで“工事も頼める設計屋さん”(1/3)

 地元密着型の建築家、有限会社谷野設計の代表・谷野行範さん。ホテルの設計や公共建設も多く手掛ける谷野さんは、豊富な経験で培ったアイデアを生かした家づくりのプロです。最初の相談から設計・施工、アフターサービスまで、すべての窓口として一貫して携...

谷野行範プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

古民家専門店-古民家専用耐震診断・改修の一貫対応

会社名 : 有限会社 谷野設計
住所 : 香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL : 0879-43-6807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0879-43-6807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷野行範(たにのゆきのり)

有限会社 谷野設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

信頼出来る設計士

普通の住宅メーカーや、工務店でなく、知識とデザイン力のあ...

T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古民家の耐震診断

 古民家の耐震診断 年末に実施しました古民家の耐震診断の様子をお話しします。先ず、古民家とは50年以上...

[ 古民家再生 ]

古民家の建替えを勧められる理由-古い木造に詳しい専門家に相談を。

こんにちは、谷野設計 谷野です。先日、高松市のサンメッセでナイスタウン出版社のイエプロ主催のイベント「...

[ 古民家再生 ]

耐震リフォームの間違い

 住宅のリフォーム 古い住宅では、建てる工法によりリフォーム(改修工事)の方法が変わります。コンクリー...

[ 住宅のリフォーム ]

木材の適材適所

こんにちは谷野です。今回は、住宅建築に使う木材についてお話ししたいと思います。建築に使う木材は、何種...

[ 古民家再生 ]

木材を通しての住宅耐用年数は?

 柱の乾燥方法で、強度と耐用年数が変わる こんにちは、谷野設計 谷野です。今回は、木材の乾燥方法を...

[ 古民家再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ