コラム

 公開日: 2015-04-17 

坪単価とは?

坪単価の考え方




よくお客様から「坪単価はいくらですか?」と聞かれます。
坪単価とは、建物全体の坪数(面積数)を価格で割った、1坪当たりの価格です。


坪単価を確認するうえで、気をつけなければいけないことがあります。
それは、
1.建物全体の坪数をどう計算しているか?
2.建物の価格はどこまで含まれているか?

の2点です。

実は、坪単価を計算する上で、面積数と価格の算出法については厳密に決まっていません。
その為、各住宅会社や工務店により、坪単価の算出方法が異なっているのが現状です。



坪数の算出法



坪数の計算の方法ですが、今は昔のような尺寸での計算ではなく、メートル法で面積を計算して、それに
係数の0.3025を掛けて坪数に換算します。
これは、メートル法だと、全国共通の単位ですが、尺寸は全国共通では無いためです。
例えば、関東間、京間、四国間と言われるように、一間(けん)四方や畳2枚を一坪と計算すると広さが地方により異なります。
図面上は、同じ8畳でも実際の広さは変わってきます。

同様に、坪換算の基となる面積についても違いがあります。
1つは、「延床面積」という階数ごとの総面積を足したもの。これは建築基準法に定められた全国共通の計算方法です。

もう1つは、「施工面積」という工事業者が計算する工事に必要となる面積です。

延床面積に含まれない「ポーチ」や「バルコニー」でも、施工面積には含まれます。
つまり、施工面積の方が、同じ建物でも「坪数」は大きくなります。
工事費を大きな「坪数」で割ると「坪単価」は下がります。

こういった理由で、施工面積を坪単価の算出に使用している会社が多いのですが、施工面積の算出法は各会社の基準によります。


建物の価格はどこまで?



次に、建物の価格についてですが、よく耳にする「本体価格」というもの。
実はこれも、本体をどこまで含めるのかは、各住宅会社によって異なります。
例えば、「本体工事」と一般にいわれるものには、基礎工事から始まり、骨組みや造作工事、屋根工事、内装工事、等多岐に渡ります。
建具や設備の工事、電気の工事等、どこまでが建物の「本体価格」として含めているのかを確認する必要が有ります。



家は長く住み家族の命を預ける場所。ただ安いということで選ぶ危険性は容易に想像できると思います。
安全性をきちんと踏まえたものは、少なからず「安く」は出来ません。
問題は、「適正な価格かどうか?」です。
必要以上に価格を安く見える提示の仕方、誤解を招く表示の仕方は、
ご家族の将来を預かる大切な家を建てるものとして、ふさわしいとは思いません。

全国共通の延床面積とすぐ住める状態の建物全体の価格で坪単価を表示する、私はそれがお客様に対する誠意だと考えます。

この記事を書いたプロ

有限会社 谷野設計 [ホームページ]

一級建築士 谷野行範

香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL:0879-43-6807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷野行範 たにのゆきのり

設計から施工、アフターまで“工事も頼める設計屋さん”(1/3)

 地元密着型の建築家、有限会社谷野設計の代表・谷野行範さん。ホテルの設計や公共建設も多く手掛ける谷野さんは、豊富な経験で培ったアイデアを生かした家づくりのプロです。最初の相談から設計・施工、アフターサービスまで、すべての窓口として一貫して携...

谷野行範プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

古民家専門店-古民家専用耐震診断・改修の一貫対応

会社名 : 有限会社 谷野設計
住所 : 香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL : 0879-43-6807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0879-43-6807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷野行範(たにのゆきのり)

有限会社 谷野設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

信頼出来る設計士

普通の住宅メーカーや、工務店でなく、知識とデザイン力のあ...

T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古民家の耐震診断

 古民家の耐震診断 年末に実施しました古民家の耐震診断の様子をお話しします。先ず、古民家とは50年以上...

[ 古民家再生 ]

古民家の建替えを勧められる理由-古い木造に詳しい専門家に相談を。

こんにちは、谷野設計 谷野です。先日、高松市のサンメッセでナイスタウン出版社のイエプロ主催のイベント「...

[ 古民家再生 ]

耐震リフォームの間違い

 住宅のリフォーム 古い住宅では、建てる工法によりリフォーム(改修工事)の方法が変わります。コンクリー...

[ 住宅のリフォーム ]

木材の適材適所

こんにちは谷野です。今回は、住宅建築に使う木材についてお話ししたいと思います。建築に使う木材は、何種...

[ 古民家再生 ]

木材を通しての住宅耐用年数は?

 柱の乾燥方法で、強度と耐用年数が変わる こんにちは、谷野設計 谷野です。今回は、木材の乾燥方法を...

[ 古民家再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ