コラム

 公開日: 2015-10-30  最終更新日: 2015-11-03

地震に強い家

耐震診断


こんにちは、谷野設計 谷野です。
今回は最近行なった木造住宅の「耐震診断」について気付いた事を書いてみたいと思います。

昭和53年に建築された 、木造軸組工法の瓦葺き2階建ての住宅です。
一部、増築し、6年程前に若夫婦のご結婚を機に内外装をリフォームした建物です。

耐震診断では、基礎の状況や床下や小屋裏に入り、構造用金物や耐震に必要な
壁の構造(筋違い、火打梁、金物、床の仕様など)を確認して行きます。

合わせて、建物の経年劣化の状況も確認して、国土交通省認定の計算ソフトに
入力します。

計算結果は、阪神大震災以後の耐震基準と比較して
上部構造評点として、示されますが、各階のX方向、Y方向の各評点の最小数値で
示されます。

0.7ポイント以下は、倒壊する危険性が大きい。
1.0〜0.7ポイントは倒壊する危険性がある。
1.5〜1.0ポイントは一応倒壊しない。
1.5ポイント以上は 倒壊しない。

上記の数値で、診断した建物の結果が表されます。

耐震診断、耐震補強工事共に、県や市の補助金制度がありますので
補助金制度を利用して行うと、負担も少なくなります。

補助金は、耐震診断の場合、診断費用の90%、上限9万円です。
補助金を使う場合は、手続きの手順が定められてますので、
事前に診断担当者と相談して進める事が必要です。

また、木造の在来工法以外の「伝統構法」と呼ばれる建物は
特別な診断方法となりますので、専門家に相談する必要があります。

「耐震補強工事」のポイントについては、次回に書いてみます。

この記事を書いたプロ

有限会社 谷野設計 [ホームページ]

一級建築士 谷野行範

香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL:0879-43-6807

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷野行範 たにのゆきのり

設計から施工、アフターまで“工事も頼める設計屋さん”(1/3)

 地元密着型の建築家、有限会社谷野設計の代表・谷野行範さん。ホテルの設計や公共建設も多く手掛ける谷野さんは、豊富な経験で培ったアイデアを生かした家づくりのプロです。最初の相談から設計・施工、アフターサービスまで、すべての窓口として一貫して携...

谷野行範プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

古民家専門店-古民家専用耐震診断・改修の一貫対応

会社名 : 有限会社 谷野設計
住所 : 香川県さぬき市大川町富田西2911-1 [地図]
TEL : 0879-43-6807

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0879-43-6807

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷野行範(たにのゆきのり)

有限会社 谷野設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

本当に縛りのない自由設計が出来たことに感謝!

マイホームを考えているとき、夫の職場の先輩が家を建て、と...

K・I
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古民家の耐震診断

 古民家の耐震診断 年末に実施しました古民家の耐震診断の様子をお話しします。先ず、古民家とは50年以上...

[ 古民家再生 ]

古民家の建替えを勧められる理由-古い木造に詳しい専門家に相談を。

こんにちは、谷野設計 谷野です。先日、高松市のサンメッセでナイスタウン出版社のイエプロ主催のイベント「...

[ 古民家再生 ]

耐震リフォームの間違い

 住宅のリフォーム 古い住宅では、建てる工法によりリフォーム(改修工事)の方法が変わります。コンクリー...

[ 住宅のリフォーム ]

木材の適材適所

こんにちは谷野です。今回は、住宅建築に使う木材についてお話ししたいと思います。建築に使う木材は、何種...

[ 古民家再生 ]

木材を通しての住宅耐用年数は?

 柱の乾燥方法で、強度と耐用年数が変わる こんにちは、谷野設計 谷野です。今回は、木材の乾燥方法を...

[ 古民家再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ