>   >   >   >   >  研修・講座一覧

研修・講座一覧

タイムマネジメント研修

《タイムマネジメント基本研修》
『働き方改革』を本気で推進することをお考えなら、まず最初にタイムマネジメント研修の実施をお勧めいたします。
なぜなら、時間の使い方をマスターせずして、真の働き方改革は実現しないからです。
単に時間を削減するだけなら簡単ですが、売上や利益が下がってしまっては意味がありません。
そうならないためには、成果を最大化するための優先順位のつけ方を知る必要があります。

このタイムマネジメント基本研修では、優先順位をつける方法やスケジュール通りに仕事を進めるコツを体系的に学べるプログラムを用意しています。

[プログラム概要]
1)時代の潮流から見たタイムマネジメントの重要性とは?
2)タイムマネジメントの本質とは?
3)タイムマネジメント3ステップ①大切にすべきものを明確にする【ワーク】
4)タイムマネジメント3ステップ②優先順位をつける【ワーク】
5)タイムマネジメント3ステップ③スケジュールに落とし込む【ワーク】
6)真の意味の働き方改革・ワークライフバランスを実現するために【実践宣言】


研修時間:2〜6時間
参考価格:3万円/時間〜(テキスト代込み、20名まで)
※詳しい情報をいただければ、個別にお見積りいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。


《管理職向けタイムマネジメント研修》
・基本研修の内容+コミュニケーションスキル(コーチング)

管理職として、部下育成は重要な仕事です。
時間管理の基本的内容と合わせて、部下の成長を促すコミュニケーションスキルとして「コーチング」を、また指示出しの際に押さえておきたいポイントをわかりやすく解説します。

研修時間:3〜6時間


《若手向けタイムマネジメント研修》
・基本研修の内容+「報告・連絡・相談」の基礎

若手として最も時間のロスに繋がるのが「手戻り(やり直し)」です。
そのロスを最小限にとどめるためにも、時間管理の基本的内容と合わせて「報告・連絡・相談」のポイントをしっかり学ぶことが求められます。

研修時間:3〜6時間


《医療機関向けタイムマネジメント研修》
・基本研修の内容+ストレスマネジメント

時間管理の基本的内容と合わせて、ストレスフルな医療現場の最前線で役立てていただける心理学に基づくストレスマネジメントをご紹介します。

研修時間:3〜6時間


〈研修費用について〉
原則、3万円/時間(テキスト代込み、20名まで)で行なっております。
ご要望に合わせてプログラムを変更した場合、または人数が多くなった場合は割増料金をいただくことがございます。
交通費・宿泊費などは、実費相当額をご負担いただけますようお願いいたします。
詳しい研修費用のお見積りは無料でいたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


〈研修実施までの流れ〉
①現状と課題のヒアリング:受講者、年齢層、職種などの情報も伺います
②プログラムご提案:課題に合わせたプログラムと最適な時間をご提案します
③研修日程の調整:研修の開催日時を調整します
④研修当日
⑤フォローアップ:専用の行動実践シートにて継続的な学びをサポートします

この記事のURL

タイムマネジメント・コーチング

誰にも知られず、誰にも邪魔されず、徹底的にタイムマネジメントのノウハウを実践したいなら、タイムマネジメント・コーチングがお勧めです。
マンツーマンで、時間管理の基本である優先順位をつける方法やスケジューリングのコツを詳しく解説しながら、スケジュールを立て実践していきます。
また、コーチングならではの特徴として、継続的に受講していただくため、効率的な振り返りができます。
しっかりと振り返ることによって、次への課題とその解決策を明確にし、精度を高めていくことができます。
ビジネスの成功の循環「PDCAサイクル」を回しながら、理想のワークライフバランスを実現するためには最適なプログラムです。

コーチング受講期間の目安:3ヶ月〜6ヶ月
費用:2万円/時間〜(参考:月1回1時間×3ヶ月コース=総額6万円)
※Skypeまたは電話にてコーチングセッションを行いますので、全国どこからでも受講いただけます

【タイムマネジメント・コーチングの流れ】
①初回オリエンテーション:時間の使い方について現状と目標を伺います
②2回目〜継続セッション:セッション日までの振り返りと、ワークライフバランスを考慮したスケジューリングを一緒に行います
※理想のワークライフバランス実現を目指して受講いただきますので、話すテーマは時間の使い方に限らず、メンタルヘルスや対人関係など解決したいことをテーマにセッションを行っていただいて結構です。

進め方や費用についてはお気軽にお問い合わせください。
下記お問い合わせフォームからのご相談は無料です。

お問い合わせはこちら

この記事のURL

働き方改革推進のための『業務改善ファシリテーション』

働き方改革の推進や真のワークライフバランス実現をするためには、3つの要素が満たされる必要があります。

①制度が整っていること、②個々人が理想の働き方を考えること、③①及び②が全員に共有されることです。

働き方改革やワークライフバランスは、組織側だけの努力でも、働き手だけの努力でも理想の状態は実現しません。
両者の相乗効果によって実現するものです。

その両者の「のりしろ」となるものが『業務改善』です。
業務改善を通じて、両者の思いをカタチにしていき、より効率的でより働きやすい環境を創り出し、働き方改革やワークライフバランスの実現を推進してきます。


【必要となる期間】1年〜3年
【毎月の会議】2〜4時間/回
 ・会議は全員の意見が反映できるようワークショップ形式をとります
 ・原則、山本はファシリテーターに徹し、意見は組織内のメンバーで出し合っていただきます
 ・1回目は改善点の洗い出しを行い、2回目以降に改善策考案と前回の振り返りを行います
【参考価格】5万円/時間〜(会議参加者20人まで)
 ※詳しい料金は、個別にお伝えします。お気軽にお問い合わせください。
 ※交通費・宿泊費などに関しては、実費相当額をご負担いただきます。

この記事のURL

無料メールマガジン

《無料メールマガジン「ポテンシャルビジョン通信」のご紹介》
・WLBコラムの更新情報
・最新のセミナー開催情報 など
最新情報をお届けしています。

ご登録はこちらから↓
【無料メールマガジン】ポテンシャルビジョン通信ご登録フォーム

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
研修・講座一覧

《タイムマネジメント基本研修》『働き方改革』を本気で推進することをお考えなら、まず最初にタイムマネジメント研修の実施をお勧めいたします。なぜなら、時間の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
ワークライフバランスを実現するタイムマネジメントのプロ 山本武史さん

WLB(ワークライフバランス)時間管理術で生き方を変える(1/3)

 現在、プロ講師、PTA会長、NPO支部代表という三足のわらじを履き、4人の子供を育てる父でもある山本武史さん。忙しい日々の中で、仕事はもちろん地域の活動や子供達との時間も大切にしていると言います。どうやってスケジュール管理をしているのか、...

山本武史プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

仕事と人生を充実させる「タイムマネジメント」に特化

屋号 : ポテンシャルビジョン
住所 : 香川県高松市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

山本武史(やまもとたけし)

ポテンシャルビジョン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

タイムマネジメントセミナー

〈Q1:今日は何を学びましたか?一番印象に残った話はなんで...

Tさん
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【WLBコラム】なぜ、今、タイムマネジメントなのか?
イメージ

WLBコラムをご覧いただき誠にありがとうございます。(WLB=Work Life Balance の略)ここでは、ワーク...

[ ワークライフバランス ]

【WLBコラム】崩れない『スケジューリングのコツ』10連発!「vol7:コミュニケーション能力」

こんにちは。WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。タイムマネジメントのプロ、山本武史です。...

[ 時間管理術 ]

【WLBコラム】崩れない『スケジューリングのコツ』10連発!「vol6:毎日1%を大切に!」

こんにちは。WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。タイムマネジメントのプロ、山本武史です。...

[ 時間管理術 ]

【WLBコラム】崩れない『スケジューリングのコツ』10連発!「vol5:想定外を考えろ!」

こんにちは。WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。タイムマネジメントのプロ、山本武史です。...

[ 時間管理術 ]

【WLBコラム】崩れない『スケジューリングのコツ』10連発!「vol.4:下ごしらえはまとめて」

こんにちは。WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。タイムマネジメントのプロ、山本武史です。...

[ 時間管理術 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ