人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-05-08  最終更新日: 2015-05-11

コミュニケーションは医療スキル

患者から重要な情報を聞き出す力

医師や看護師は、患者に応じて適切な処置をするために、患者さんからより多くの症状を伝えてもらう必要があります。少ない情報では、判断材料が少なく、実際に診断したものと実は違う結果であったということは少なくありません。状態が良くならず、もう一度患者さんが来診されたとき「あのときは言わなかったけれど、実は…」ということもあります。しかし、それは患者さんだけの責任でしょうか…。

そういった場面で「どうして言わなかったんですか?」と患者さんを問いただす医師や看護師であってはいけません。それは、患者さんが言わなかっただけではなく、医師や看護師が言わせる状況を作らなかったことにも、原因があるではないでしょうか。
患者さんは自分の体に異常を感じ、不安を抱えて病院にいらっしゃいます。
健康状態が良好ではないということは、冷静な状態でいることの方が難しいといえるでしょう。だからこそ医療現場で働く人は、その不安も考慮し、患者さんを安心させながら、より多くの情報を患者さんから伺い、病状に及んだ要因や、発症の時期、痛みの度合いや詳しい症状を、引き出すことが必要とされているのです。

赤ちゃんの診察

患者に伝える力

コミュニケーションスキルの中でも一番難しいとされるのが「伝える力」ではないでしょうか。
同じことを伝えるにも、相手が違えば伝え方は変わってきます。80代の患者さんと、20代の患者さんに、同じスピードで話しても伝わり方は同じでしょうか…?相手の年齢や、心と体の状態によって、変わりますね。このように、話すスピードだけでなく、会話のテクニックでも伝え方は変わります。

「伝える力」を磨くには、どんな患者さんにも対応できる「伝え方」が出来るようになることが大切です。そのために、一番必要とされることは、相手の立場になって想像を働かせ、心を配る(配慮する)ということです。
自分がしゃべるのだから、自分のペースで、自分が言いたいようにしゃべればいい…という、一方的な会話であってはいけません。「伝え方」で大切なことは、相手の心のストライクゾーンに、ぴったり届く言葉を今の場面では、何なのか?を考え、相手に配慮した会話であることです。

では、患者さんに配慮した会話とは、どのような会話なのでしょうか?
クッション言葉を、普段使っている会話文の前に付け加えることで、患者さんに与える印象はずいぶん変わります。

「定期的に診察に来てもらうことになります。いいですね。」といういい方と、
「ご足労をお願いすることになりますが、定期的に診察に来て頂くことになります。よろしいでしょうか?」と言ういい方。

皆さんならどちらの方が、患者として受け止めやすい、そしてこちらの意向も告げやすいいい方、伝え方でしょうか?

医師・看護師の指示に従ってもらうためには

正しく薬を服用してもらう為、自ら治療に専念してもらう為…、
医師や看護師は、何をするべきでしょうか?
指示・指導に従わそうとするのではなく、その先にどんな未来があるのか、今の病状がどう改善され、健康な体をとりもどせるのか?
それらを指し示すことこそが、患者さんの気持ちが重たくならず、積極的に治すことに専念できるよう促すためのポイントだと思います。

専門的な知識を持たない患者さんが医師や看護師の指し示す方向に、心のベクトルを向けられるようにする為には、
「指す」だけでなく「支える」ことも必要ではないでしょうか。
支えて導く⇒「支導」
医療現場では、指導だけでなく「支導」していくことを、お勧めします。

※「支導」は、私が医療コミュニケーション力において解り易く説明する為に、考えた『造語』です。
  近年、新入社員研修や接遇研修によく使用されることで目にする機会も多くなった「人材」⇒「人財」も造語です。

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
告知動画 PV

ビジネスマナー講師 谷澤優花の研修の様子や、 MOVE ONを導入した企業での活用の様子がプロモーションビデオで、ご覧頂けます。ビジネスマナー講師 谷澤 優...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

医療接遇研修

笑顔での応対や明るい声色、お辞儀の仕方、どれも誰でもでき...

R.H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
分かりましたか?は、相手に失礼な言葉。 正しい丁寧な表現とは…
イメージ

 「分かりましたか?」は、上から目線で相手に失礼な言葉 4年前。携帯電話の調子が悪く、携帯電話会社のショッ...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

九州大学 チーム医療加速プログラム 第7回 講習会での講演のご案内
イメージ

 『第7回 臨地実習指導者講習会のご案内』 この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開...

[ 診療放射線技師・臨床検査技師のマナー ]

臨床老年看護3・4月号に掲載されました
イメージ

 臨床 老年看護3・4月号に掲載されました この度、日総研出版より 会員制 隔月月刊誌『臨床 老年看護 3...

[ 医療・介護の現場ですぐに実践できること ]

新入社員・新人・若手社員に「仕事の仕方」を教える為には
イメージ

 最近の管理職の悩みに沿った、新人教育とは 企業研修の為に打ち合わせすると、管理職の方々から新人教育や若...

[ 新入社員研修・新人研修・若手の人材育成 ]

医療現場 忙しい中・込み合っている時の患者対応の心得とは
イメージ

医療講演・研修を実施し、最後にご質問をうかがうと、必ず出でくる質問内容があります。それが、「医療接遇の大...

[ 医療・介護の現場ですぐに実践できること ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ