人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-05-25 

保護者とのコミュニケーション改善[教師・講師として何を意識するか]

相手を理解するから、相手から理解される

教師・講師は、生徒の良いことも悪いことも保護者に伝えなければなりません。とくに、悪いことならそれ以上悪化しないためにも、迅速に保護者に伝える必要があります。しかし、実際には保護者の反応も様々ですから、言いづらい・伝えにくいというのが現実でしょう。

生徒のことで、保護者にわかってほしいことがあるときは、まずは保護者に生徒のこと(最近の家庭での様子や言動、気になることや、気が付いたこと)を聞いてみることが大切です。
教師や講師は、生徒の私生活を知りません。塾であれば、いつも決まった時間帯に教室で顔を合わせるだけなのです。家庭の事情も生徒の生活スタイル、普段の家での様子や、本来の性格も知らないのです。
子供というのは繊細ですから、家庭での出来事や悩みといったことが、成績や学習態度に反映されることが大いにあります。ですから、生徒のことで保護者に理解してほしいことがあるときは、こちらから先に言いたいことだけを伝えるのではなく、まずは保護者に生徒の近況について話をしてもらうのが一番です。

話しをする上で大切なこと、それは相手のことをしっかり理解してから、自分の伝えたい話をすること。そうすることで、きっと相手にも理解してもらえますよ。

伝えたいことは3割、7割は共感

人が、相手から受け取る情報量というのは、限られています。
ですから、一度に伝える情報量が多くなってしまうと、伝えられた方は負担が大きくなり、理解しづらくなります。
自分の伝えたいことを正しく伝え、かつ相手を不快な思いにさせない会話というのは、伝えたいこと3割・共感7割というバランスが好ましいと言えるでしょう。
共感するには、相手の話を「聴く」必要があります。そう「傾聴」という言葉があるように、相手に気持ちを傾けて「心から聴く」のです。

話をしている保護者の会話から、生徒の良い所や頑張りといった点が自分の知っている一面と合致した時は、しっかりとあいづちをうち共感することで、伝えたいことを伝わりやすくするための環境(雰囲気)が整います。
共感は、両者の間に信頼関係と安心感を生みます。言い易い環境・受け入れられやすい雰囲気作りがあってはじめて、あなたが伝えたいことも相手に伝わりやすくなると言えるでしょう。


ママできたよ 英語



保護者は敵ではなく、最大の味方である

保護者と教育者というのは、どうしても対立した位置にいるというイメージが出来てしまい…とても残念なことです。メディアの影響も大きくあるでしょうが、少子高齢化もその原因の1つかもしれません。
しかし、教育者である教師・塾講師が一番心に留めておかなくてはならないことは、保護者は決して敵ではないということです。お互い、生徒の健全な成長を心より願っているという根本的な目標は同じであるはずです。ただ、どうしても見る視点や立場が違ってしまうと、意見や言い分も食い違ってしまうのは当然といえば当然です。
しかし、目標は同じなのです。生徒の成長という目標に向かって「力」を注いでいるのですから、保護者と教師という、生徒に不可欠な2つの「力」がタッグを組めばもっと素晴らしい支援や指導ができると思いませんか?

生徒に「がんばれ!がんばれ!」と応援するだけでは、何も始まりません。それどころか、プレッシャーに感じる生徒もいることでしょう。先ほども述べたように、生徒を取り巻く周囲の人間の信頼関係が、成長期には大きな影響を及ぼします。保護者や教師から温かく見守られ、支えてもらいながら両者の愛情を感じた生徒は、学習面だけでなく心身にも良い影響を与えます。

保護者は敵ではなく、最大の味方だと思って教師や講師が接すれば、きっと保護者の態度や接し方も変わってくるはずですよ。

◆ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案 
問題点や改善点、実際のクレーム案件など企業ごとに内容を把握した上で、研修の内容を組み立てます。
現場ですぐに実践できるビジネスマナー・接遇を分かりやすく伝えています。
ビジネスマナー講師 谷澤優花 <ご相談はこちらから>

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ
職場でのマナー研修で向上

平成28年9月に、国の全省庁での入札資格となる「全省庁統一資格」の審査が完了し、一般競争(指名競争)入札に参加できる資格を取得いたしました。昨年は、防衛省...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

職場体験事前学習 マナー講座

谷澤先生の声は、大きく聞き取りやすいので、私たちには言わ...

M.K
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
動画による『人財』育成 MOVE ON 導入について
イメージ

 動画による人材育成 MOVE ON の導入メリット ビジネスマナー研修・接遇研修・接客応対研修といった、社内研...

[ 研修後のフォローアップと学びの継続 ]

全省庁統一資格 取得のお知らせ
イメージ

 全省庁統一資格 取得のお知らせ 平成28年9月に、国の全省庁での入札資格となる「全省庁統一資格」の審査...

[ 官公庁での職場内研修 ]

つい出てしまう「若者言葉」、失礼のない言い方にするには
イメージ

 つい出てしまう若者言葉 忘年会シーズンに入りましたね。お酒を飲む機会も増え、職場での付き合い、企画や...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

新入・若手研修会

新入・若手研修の様子が、NHKのニュースで放送されました。http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033722341.h...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

ターミナルケアでの利用者様、ご家族様への心配りとは
イメージ

高齢化社会となり、高齢者の方々に対してのサービス「介護サービス」も、年々充実してまいりました。ですが、その...

[ 介護現場で必要な接遇とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ