人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-04-15  最終更新日: 2015-09-18

自尊感情を高めて、自ら行動をおこすことで、接遇が身につく

自分のことを大切に思い好きだと思う感情が自尊心

自尊心とは、自分のことを大切に思い、自分を好きだと思う感情です。この自尊心を持つということは、実は良好な人間関係を成立していくためには重要なことなのです。私は、接遇研修を通して様々な年代の方々に指導するにあたり、この『自尊心』こそが、人としての基本(心の土台)と位置付け、その心を育むように努めています。なぜなら、接遇は相手のことをいかに自分のことのように思い、大切に接することができるかという気配り・心配りのスキルだからです。

特に最近若い人に多く見受けられる傾向として、自尊心の低下と自己肯定感の低さを感じます。自分のことを大切に出来ない人、自己肯定感の低い人は、他人に優しく接するということがとても難しいので「接遇」という研修に対して拒否反応が見受けられます。小さい頃は、誰もが自分中心で物事を考えられ、大切にされていると感じながら成長し、自分のことも好きだったはずです。ですが、いつの頃からでしょうか…。自分を他人と比べ、自分はこれでいいのか?と自問自答し、様々な困難や壁にぶつかるうちに、自分を大切にする気持ちが薄れてきてしまっています。誰もが様々な体験や経験の中で、傷つきながらも成長していくのですが、そこで自分という唯一無二の存在を否定してはいけません。今改めて、この自尊感情の大切さが見直されてきています。

笑顔の生徒たち

社会的自尊心と基本的自尊心

人が仕事をする意味も、自尊心と大きく結びついていると言えるでしょう。自尊心の低い人は、お金の為、自分の生活の為、仕事は義務だからする…といった意識を持つ方が多いのが現状です。しかし、自尊心の高い人は、仕事に生きがい・やりがいを見出し、自分だけでなく自分をとりまく周囲の方への幸せや願いをくみ取ろうとします。それは、自分が笑顔になるという行動に移すことで相手も笑顔になり、人の笑顔を見ることが出来た・喜ばせることが出来たという実感から、自分の心も満たされるということを知っているからです。

自尊心には2つの種類があることをご存知でしょうか?1つは、社会的自尊心。もう1つが、基本的自尊心です。
社会的自尊心とは他人と自分を比べることで、自信が増したり、自信が減ったりすることです。基本的自尊心とは、他人と自分を比べることなく、自分を愛する気持ちのことです。この2つの自尊心のうち、自分の努力次第で強くしていけるのが社会的自尊心なのです。この社会的自尊心は、努力をして結果を出せば出すほど磨かれていきます。
一般的に企業で求められる自尊心は、社会的自尊心です。「どこにも負けない良いものを提供したい!」という社員一人一人の気持ちが会社を大きくし、結果的に売上を伸ばします。このように仕事への意識と自尊心を高めることは、社員一人の心の持ち方だけでなく、企業の業績にも反映されるのです。人の心の土台である自尊心を大切にする接遇(コミュニケーションスキル)は、これからの時代にとても重要であると考えます。

謙虚な気持ちを忘れずに「健全な自尊心(プライド)」を磨く

ここまで、自尊心を高めてほしいと述べましたが、1つ間違えてはいけないことがあります。それは、「不健全な自尊心(プライド)」を高めてはいけないということです。
結果を出して自尊心が高まっていくと、自然と他人から尊敬されたり信頼されたり、褒められることが増えていきます。その時に、自分を省みて「おごった気持ち」になるのか「謙虚な気持ち」になるのかでは、今後の人生や人との接し方が違ってくると言えます。
おごった心で育ってしまった自尊心は、不健全なプライドとなって、自分の成長を妨げ、人間関係を悪化させる可能性があります。
本当に磨いて欲しいのは、「健全な自尊心(プライド)」です。努力をして結果を出し、他人から褒められ尊敬されるようになっても、謙虚な気持ちを忘れないことが大切です。謙虚な気持ちとは、自分が間違った時に素直に謝れること、わからないことを素直に聞けること、そして、どんな相手でも敬う気持ちを持って接することが出来ること・・・。
健全な自尊心を持つことで、人との正しい接し方「接遇」を身に付けることが出来るのです。

➤マナーの基本を抑えるための必要最低限の研修内容とは?

◆ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案 
問題点や改善点、実際のクレーム案件など企業ごとに内容を把握した上で、研修の内容を組み立てます。
現場ですぐに実践できるビジネスマナー・接遇を分かりやすく伝えています。
ビジネスマナー講師 谷澤優花 

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
告知動画 PV

ビジネスマナー講師 谷澤優花の研修の様子や、 MOVE ONを導入した企業での活用の様子がプロモーションビデオで、ご覧頂けます。ビジネスマナー講師 谷澤 優...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

職場体験事前学習 マナー講座

本日は、お忙しい中、私たちの為に来てくださりありがとうご...

Y.S
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
九州大学 チーム医療加速プログラム 第9回 講習会での講演のご案内
イメージ

この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開催された文部科学大学改革推進事業採択の課題...

[ 診療放射線技師・臨床検査技師のマナー ]

分かりましたか?は、相手に失礼な言葉。 正しい丁寧な表現とは…
イメージ

 「分かりましたか?」は、上から目線で相手に失礼な言葉 4年前。携帯電話の調子が悪く、携帯電話会社のショッ...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

九州大学 チーム医療加速プログラム 第7回 講習会での講演のご案内
イメージ

 『第7回 臨地実習指導者講習会のご案内』 この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開...

[ 診療放射線技師・臨床検査技師のマナー ]

臨床老年看護3・4月号に掲載されました
イメージ

 臨床 老年看護3・4月号に掲載されました この度、日総研出版より 会員制 隔月月刊誌『臨床 老年看護 3...

[ 医療・介護の現場ですぐに実践できること ]

新入社員・新人・若手社員に「仕事の仕方」を教える為には
イメージ

 最近の管理職の悩みに沿った、新人教育とは 企業研修の為に打ち合わせすると、管理職の方々から新人教育や若...

[ 新入社員研修・新人研修・若手の人材育成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ