人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-08-31  最終更新日: 2015-09-07

施主・近隣住民から、建設現場は常に見られているという、意識を持つ大切さ

現場のマナーは施主のマナー

例えば予定通りの着工をしているか、時間は守っているか、タバコや電話のマナーは徹底されているか、近隣住民の方からは、現場の一挙手一投足を見られていると思っていいでしょう。


設計図を開く男性作業員


近隣の方からの現場の評判が悪くなって結果的に困るのは、現場工事を依頼された施主の方々といえます。
現場の人間は工事の期間が終わればそこから離れることはできますが、施主の方々は、現場の残していった悪評とともに、そこに住み続けなければならないのです。
ですから、現場でのマナーを徹底することは、ご依頼頂いた施主の方々の未来を建物だけでなくより良い人間関係に結びつけるのであるということを、心にとめて作業をすることが必要です。

施主への配慮

施主の方は工事中たくさんのことに気を使っています。ご近所に対してもそうですが、工事現場での作業に従事する人にも、大変気を遣う施主さんもいらっしゃいます。お昼の時間にはコーヒーやお菓子などの差し入れをしたほうがいいのか…、明日の差し入れはどうすれば…、と気配りなさる方もいらっしゃることでしょう。
いい家を建てて欲しい…暑い中、自分達の建物の為にご苦労頂いている…。
という、気持ちの表れでもあります。

施主の方にしてみると、工事開始から完成するまでの間、今まで考えの及ばなかったところにまで気を遣うことも多く、金融機関でのやり取りや多くの書類といった大事な用件を抱え、ストレスを感じる方もいらっしゃいます。
このように、現場にとって有難い「差し入れ」も、工事現場が施主の方の自宅から遠い場合や、お仕事をなさっている方にとっては、決まった時間に差し入れをすることが、毎日となるとだんだんストレスになることもあるでしょう。
ですから工事従事者は、もし差し入れなどをいただいたときには「どうぞ、お気遣いは不要ですので。お気持ちだけで、十分です」ということを、「ありがとうございます」のお礼とともに伝えることが、相手のお気持ちを事前に察して出来る、工事関係者側からの配慮といえます。

施主へのマナー

まず、基本的な認識として、工事中の建物の権利は施主にあっても、工事現場内で施主が安全を守るヘルメットや靴を履くことなく自由に立ち入ることはできません。それは規則というよりは、施主と業者間とのルールのようなものだと思います。

ですが、施主の方々が現場に足を運んで、工事の進捗具合や現場の様子を見に来ることは多々あります。施主の方からしてみると、自分がなにもできなくても、気になるものですよね。事前に電話をして行くこともあれば、遠くから見るだけだと決めて、ふらっと立ち寄ることもあるでしょう。工事関係者の予期せぬ時にも、施主そして近隣の方々は現場の働きを見ているのです。
そのように立ち寄った現場での作業員同士の会話から、施主の方が耳を疑うような言葉遣いをしていたり、不快な行動をしていたら(工事で出た産廃屑と一緒に片づけるから…と、コーヒーの缶やパンの袋などといったごみなどもすべて建物内に転がっていたら…)施主のみなさんは、どう思うでしょうか?
いくら床材を貼る前であっても、残念な気持ちで一杯でしょう。
そして、建てられた全ての箇所が本当に大丈夫なのだろうか…?といった、信頼関係にまで及びます。

施主の方がたまたま見に来た時に、そして近隣住民の方々といった、いつ誰に見られても大丈夫な行動と態度でしょうか?言葉遣いでしょうか?身なりでしょうか?
建設現場はいつ誰に見られているかわかりません。完成し建物をお引渡しした時に、施主の方より心から「ありがとう」と言われる為にも…。
そしてその土地で建築物が完成したというハード面だけではなく、これからその建築物に人が行き来することで、ソフト面でも素晴らしい拠点となるためにも、現場の工事従事者のマナーが問われているのです。

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
告知動画 PV

ビジネスマナー講師 谷澤優花の研修の様子や、 MOVE ONを導入した企業での活用の様子がプロモーションビデオで、ご覧頂けます。ビジネスマナー講師 谷澤 優...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「お客様対応」に対する意識が変わりました!

受講前は、「接遇マナー」ということで、堅苦しい雰囲気を勝...

A・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
分かりましたか?は、相手に失礼な言葉。 正しい丁寧な表現とは…
イメージ

 「分かりましたか?」は、上から目線で相手に失礼な言葉 4年前。携帯電話の調子が悪く、携帯電話会社のショッ...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

九州大学 チーム医療加速プログラム 第7回 講習会での講演のご案内
イメージ

 『第7回 臨地実習指導者講習会のご案内』 この度、本年1月に九州大学 大学院医学研究院 保健学部にて開...

[ 診療放射線技師・臨床検査技師のマナー ]

臨床老年看護3・4月号に掲載されました
イメージ

 臨床 老年看護3・4月号に掲載されました この度、日総研出版より 会員制 隔月月刊誌『臨床 老年看護 3...

[ 医療・介護の現場ですぐに実践できること ]

新入社員・新人・若手社員に「仕事の仕方」を教える為には
イメージ

 最近の管理職の悩みに沿った、新人教育とは 企業研修の為に打ち合わせすると、管理職の方々から新人教育や若...

[ 新入社員研修・新人研修・若手の人材育成 ]

医療現場 忙しい中・込み合っている時の患者対応の心得とは
イメージ

医療講演・研修を実施し、最後にご質問をうかがうと、必ず出でくる質問内容があります。それが、「医療接遇の大...

[ 医療・介護の現場ですぐに実践できること ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ