人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-04-28  最終更新日: 2015-09-18

患者に好感を与える、感じの良い挨拶、聴く姿勢

挨拶ひとつで病院が変わる

「礼儀」を表すには、たくさんの方法があります。その中でも、「挨拶」は一番初めに相手に伝えるべき礼儀です。このことをおろそかにしては、後からどんなに正しく丁寧な礼儀を行っても、初めの印象をくつがえすことは、なかなか難しいといえます。
それほどまでに、挨拶ひとつが全てを決めるといっても過言ではないのです。

これは病院に限らず、一般企業にとっても、同じことが言えます。実は人が相手の印象を決定づける要因は、職種に関係なく、行動パターンがあるからです。

「メラビアンの法則」を、ご存知でしょうか?アメリカのUCLA大学の心理学者アルバート・メラビアンが実験結果から出した法則です。みなさんは、なんとなくフィーリングといった言葉で、初めて会った人との印象を漠然と感じていたと思いますが、見た目が55%、話し方が38%、話の内容が7%といった割合で、目から入る情報と、耳から入る情報で相手のことを知ろうとすることが分かっています。もちろん話しの内容が一番重要ではありますが、第一印象において見た目の大切さはとても大きいといえるでしょう。「この店員さんとは、フィーリングが合う。」「感じの良い店員さん。」と思う理由は、無意識のうちにこの二つの感覚から入る情報で、相手を判断していたのです。このことから、相手に好印象を与えたいなら、視覚と聴覚にうったえる礼儀やマナーを身に付けておくことが必須です。

第一印象で視覚と聴覚両方の要因をそなえた礼儀こそ、「挨拶」といえるでしょう。挨拶は、表情や態度に姿勢・おじぎといったボディーランゲージで目に映り、はっきりと聞きとりやすい声や明るいトーン、出迎えの気持ちがこもったお声かけにより、相手の耳と心に届くからです。
このようなことから『病院の印象』は、最初に患者さんを出迎えた一人の挨拶の良し悪しによって、評価が決まるともいえるのです。
➤患者が好む病院の「第一印象」のポイントとは…
笑顔の看護師たち
患者さんは不安を抱えて病院にきます。その不安を少しでも軽減させることができるような「安心感のある対応」は、「礼儀」をふまえた「挨拶」にあるといえるでしょう。「たかが挨拶。されど挨拶。」なぜ、幼いころから現在に至っても「挨拶は大切だ!」と、教わってきたのか…。ご理解いただけたと思います。

患者さんを心配し、耳と心を傾けて「聴く姿勢」

患者さんは自分だけで解決できないと判断し、「助けてほしい」「不安」だと思って病院を訪れます。ですから医療従事者は、病状やけがの状況、時期や思い当たる理由といったことを患者さんから引き出す、「きき方」が求められます。
「しっかりと話しを、ききましょう。」と小さい頃から「きく」ことの大切さを教わってきたと思いますが、みなさんは「きき方」に3つの種類があることをご存知でしょうか?

1つは「聞く」、2つ目は「聴く」、3つ目は「訊く」です。この3つの「きく」の意味をご説明しましょう。

まず皆様がよく使う「聞く」の意味は、無意識に入ってくる音を受け入れるということです(受動)。これに対し2つ目の「聴く」は漢字のつくりを見ても分かるように、自ら耳を傾け心から聴きとろうとする場合に使います(能動)。「傾聴」という言葉を、お聞きになったこともあると思います。不安を抱いた患者さんとの対応には、この「傾聴」=「話しをしている相手の方に、耳と体を傾けて、心から聴こうとする姿勢」が大切なのです。

3つ目の「訊く」は、漢字に「耳」という「旁=つくり」がありません。「口で言う」「言=こんべん」です。これは、足りない情報をたずねるという意味で使われます。つまり、相手とのコミュニケーションの上で、聞こえてきた話しの内容を、心から注意深く聴いてみたけれど、それでも理解が及ばない場合は、自分の口でたずねることが、大切であるということです。
このように「相手の話をしっかりと、きく。」という真意の中には、この3つの「きく」を使い分けることが重要であるといえるでしょう。

皆様のきき方は、いかがでしょうか?
「私の病状をしっかりと、聴いてくれている」と感じた患者さんは、医療従事者に信頼を寄せます。そして、応対の仕方から「この病院に来て、良かった。」と、安心します。相手に耳と体を傾けて聴く姿勢こそが、病院内で不安な患者さんの心を、少しでも和らげることが出来るのです。日々の業務の中で、この3つの「きく」を使い分けるよう、意識してみてはいかがでしょうか?

➤信頼される医療従事者になるための心構えとマナーの重要性
➤患者に信頼される「言葉づかい、敬語」
➤接遇の基本 第一印象の重要性と改善を学べるマナー研修

◆ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案 
問題点や改善点、実際のクレーム案件など企業ごとに内容を把握した上で、研修の内容を組み立てます。
現場ですぐに実践できるビジネスマナー・接遇を分かりやすく伝えています。
ビジネスマナー講師 谷澤優花

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
新着ニュース
サービス接遇検定試験合格

サービス接遇検定試験 全員合格 !!サービス接遇検定試験導入校の 専門学校 香川理容・美容アカデミーの1年生、7名全員がサービス接遇検定試験に、見事合格しま...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

医療接遇研修

笑顔での応対や明るい声色、お辞儀の仕方、どれも誰でもでき...

R.H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新入・若手研修会

新入・若手研修の様子が、NHKのニュースで放送されました。http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033722341.h...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

ターミナルケアでの利用者様、ご家族様への心配りとは
イメージ

高齢化社会となり、高齢者の方々に対してのサービス「介護サービス」も、年々充実してまいりました。ですが、その...

[ 介護現場で必要な接遇とは ]

職場内での感動共有で、接遇意識の向上
イメージ

 職場内で情報を共有することの大切さ クレームがあると、職場内で同じことが再発しないように、事案を検証し...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

現場監督者がこころがける、工事従事者全員に浸透させるマナーとは
イメージ

 あいさつは、コミュニケーションの基本 これはどこの企業でもいわれることかもしれませんが、特に工事従事者...

[ 建築業(工事現場)に従事する方全般のマナーアップ講座 ]

予備校や学習塾の講師・家庭教師の電話のマナー
イメージ

 電話で使う常套句(じょうとうく)、基本的なマナーを練習 私の家にも子どもがいるので、様々な学習教材の購入...

[ 教師・塾講師のためのコミュニケーションマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ