人を敬う心“接遇”を伝えるビジネスマナーのプロ

コラム

 公開日: 2015-04-30  最終更新日: 2015-09-18

患者の心理を踏まえた、丁寧で温かみのある応対とは

患者の立場になって考え、行動に移す

医療機関にはさまざまな理由で患者さんが訪れます。さまざまな理由ということは、一人一人、理由が違い、気持ちも違うということです。つまり、同じ対応をするだけでは、患者さんにとっては最良のケアとは、ならないのです。
痛みがある患者さんと、痛みがない患者さんにかける言葉が、同じということは、それは気配り・心配りが行き届いていないのと同じではないでしょうか?

医療従事者が行うべき最良のケアとは、自分が患者の立場になった時を想像することや、今まで自分自身がけがや病気になった時の経験から、患者さんが何を求めているのかを、考えて行動することと言えます。これは「カウンセリング」の際の大切なポイントと合致しています。医師や看護師として、常にオーバースタンドの立場で相手を操作しようとするのではなく、気持ちに寄り添おうとするアンダースタンドの立場で、患者さんを理解し支援するアプローチが大切といえます。



相手の感情に寄り添い同じ目線に立つことで、支援の選択肢が出来る

接遇マナーの本や研修などで教えられることは、ほんの一部です。
本や研修などで教えられた範囲のマナーは、人を選ばず対応できる必要最低限のマナーであることをまず前提としましょう。
一般的に皆さんが人との接し方についてその方法を考える際、「接遇=ビジネスでのコミュニケーションスキル」という大きな括りで捉えがちですが、その表現する方法には、5つの分類があることをご存知でしょうか?

1つは、「モラル」…人として、道義的・倫理的な観点から行動すべきこと。
2つ目は、「マナー」…相手を不快にさせない為の、必要最低限の振る舞い。
3つ目は、「サービス」…相手の為に気を配って行い、満足を提供すること。
4つ目は、「ホスピタリティ」…相手の気持ちに寄り添い、今、自分が出来ることは何かを考え、その人 の個性や感性で行動に移すこと。見返りを求めてするのではなく、行う者の「心」が一番現れる接し方。
5つ目は、「おもてなし」…相手に手厚く接することで、心遣いを表すこと。また、その行為に裏表がない(相手がその場にいなくても、気遣いを形に表わす)態度や行動のこと。
このように、5つに分類することができます。

医療接遇の点からいうなら、どんなに患者さんが多くて、多忙を極めていても患者さんお一人お一人を、人として尊重し大切に接することが、医療従事者としての「モラル」といえるでしょう。また、身だしなみに気をつけて、不快な思いをさせない意識や患者さんへの配慮は、マナーと言えます。3つめのサービスは、患者さんの意向に沿って、予約診療を行うことで、お待たせせずに診察出来る状況を作り、患者さんの負担を減らすことなどが挙げられます。
4つめのホスピタリティこそが、医療従事者に求められることだと言えます。目の前の患者さんの事を考え、気持ちに寄り添い、自分なりの言葉や支援で患者さんに満足してもらうこと。あなたらしい「お声かけ」が、求められているのです。
では医療現場におけるおもてなしとは、どのようなことでしょう。
相手がその場にいなくても、病院としての心配りが感じられるような出迎えの準備こそが、医療におけるおもてなしではないでしょうか?患者さんが心地いいと思える空間作りや、癒し効果のある緑や花などを院内に配置することで、一見直接患者さんに関わることではないようですが、来院した方を大切に思う気持ちを表した、何よりの方法であるといえるでしょう。

➤患者に信頼される「言葉づかい、敬語」
➤患者に好感を与える、感じの良い挨拶、聴く姿勢

このように、人との接し方がいくつにも分けられるように、医療従事者が患者さんに接する際も、今行っていることは、どの程度の接し方なのか意識してみることも大切です。意識することで、患者さんが十人いれば、そこには十通りの応対があることに気が付くはずです。
不安や痛みをかかえた患者さんの気持ちに寄り添い、同じ目線で物事が考えられる医療従事者は、ホスピタリティ精神に溢れ、心のこもったお声かけや、今行うべき支援は何か、最善の選択肢が出来るといっていいでしょう。患者さんへの対応は、一つとして同じことは無いということです。

誰かの真似や義務ではなく、自分なりの思いやりの心を表した「ホスピタリティ」
今日から、実践してみてはいかがでしょうか。

➤医療接遇の基本が学べる研修

◆ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案 
問題点や改善点、実際のクレーム案件など企業ごとに内容を把握した上で、研修の内容を組み立てます。
現場ですぐに実践できるビジネスマナー・接遇を分かりやすく伝えています。
ビジネスマナー講師 谷澤優花

この記事を書いたプロ

谷澤優花 [ホームページ]

マナー講師 谷澤優花

香川県坂出市 ※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
新着ニュース
サービス接遇検定試験合格

サービス接遇検定試験 全員合格 !!サービス接遇検定試験導入校の 専門学校 香川理容・美容アカデミーの1年生、7名全員がサービス接遇検定試験に、見事合格しま...

研修・講座内容一覧
ベッドで問診する看護師

命を扱う現場では、一般企業の接遇以上のもの(丁寧さだけではない親近感、患者さんの生活や処方に関して指導する立場、悩みや不安といった様々な相談を受ける立場)が求...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷澤優花 たにざわゆうか

企業ごとのオリジナル授業で、実用的なマナーを習得(1/3)

 言葉一つひとつに想いをのせ、聴く人の心に響く優しい語り口調が印象的な谷澤優花さん。四国を中心に「ビジネスマナー・接遇」を通して、円滑なコミュニケーションの方法を提案しています。企業や官公庁、病院関係、協同組合、中学・高校、専門学校など顧客...

谷澤優花プロに相談してみよう!

テレビせとうち マイベストプロ

ビジネスマナー・接遇を通し円滑なコミュニケーション方法を提案

会社名 : 谷澤優花
住所 : 香川県坂出市 [地図]
※ご来訪いただく場合は別途詳細住所をご案内します。

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

谷澤優花(たにざわゆうか)

谷澤優花

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「お客様対応」に対する意識が変わりました!

受講前は、「接遇マナー」ということで、堅苦しい雰囲気を勝...

A・S
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新入・若手研修会

新入・若手研修の様子が、NHKのニュースで放送されました。http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033722341.h...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

ターミナルケアでの利用者様、ご家族様への心配りとは
イメージ

高齢化社会となり、高齢者の方々に対してのサービス「介護サービス」も、年々充実してまいりました。ですが、その...

[ 介護現場で必要な接遇とは ]

職場内での感動共有で、接遇意識の向上
イメージ

 職場内で情報を共有することの大切さ クレームがあると、職場内で同じことが再発しないように、事案を検証し...

[ 好印象の為に、今すぐできる職場でのマナー ]

現場監督者がこころがける、工事従事者全員に浸透させるマナーとは
イメージ

 あいさつは、コミュニケーションの基本 これはどこの企業でもいわれることかもしれませんが、特に工事従事者...

[ 建築業(工事現場)に従事する方全般のマナーアップ講座 ]

予備校や学習塾の講師・家庭教師の電話のマナー
イメージ

 電話で使う常套句(じょうとうく)、基本的なマナーを練習 私の家にも子どもがいるので、様々な学習教材の購入...

[ 教師・塾講師のためのコミュニケーションマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ